マー姉ちゃん第137話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」23週目第137話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年9月7日(金)放送
第23週サブタイトル『』

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第137話のネタバレあらすじ

ここからは、9月7日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第137話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

 

 

ここまでが、9月7日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第137話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第138話のあらすじを知りたい方は、第138話『』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第137話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第137話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第137話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

不穏な電話 夜中に電話がかかってくるのは決して良いことではありません。

夜中に電話がかかってきたら、きっと誰か死んでしまったのではないかと思ってしまうだろう。

涼ちんがいなくなったという電話だったが、モネはちゃんとみーちゃんに伝えていて、さすがお姉ちゃんだなと思った。

りょうちんがいなくなったのは、おばあちゃんが長浦家に来たときのことも理由になっていました。

おばあちゃんが渡した封筒の中から死亡診断書がチラッと見えたのです。

それだけで、すべてを悟ってしまったんですね。

行方不明者の死亡届を出して、供養までしてあげようと思ったのだろう。

これは、震災後からずっと続いていることですよね。

今でも行方不明の人がいるのに、死の報告をして区切りをつけている人がいるのかと思うと、痛々しい光景でした。

しかし、私はどうしてもシンジには少し乱暴な言い方をしてしまいます。

最愛の妻を失った気持ちは理解できるが、息子の涼ちんが一生懸命働いているのに、息子のためにも立ち直りたいとは思わないのだろうか。それで涼ちんが自殺してしまったら、後悔しか残らないじゃないですか。真治の気持ちは分からないでもないけど、親の役目は子供のために生きることだよ。

涼ちんのことが心配で電話をすると、回線が切断されていた。

百音が電話をかけると、彼は電話に出ます。

彼女の気持ちを考えると、どうしても気の毒になってしまう。

そして、スピーカーフォンでモネしか話せないと聞くと、「なんでお姉ちゃんなんだよ!」と思わずにはいられません。なぜ妹なんだ!と思わずにはいられません。

でも、最後に服を投げつけたところは、ちょっと許せない。人の気持ちはコントロールできるものではありません。

りょうちんがモネのことを好きだとしても、モネがコントロールできるものではありません。

サメコーナーついにお披露目された寒波先生の部屋。

大方の予想通り、サメだらけの部屋だった。どうしてそんなにサメが好きなんだろう?なぜそんなにサメが好きなんだろう?その理由は後で出てくるのでしょうか?また、モネの緊張した様子から、初めて部屋に入ったように見えましたよね。

ということは、今までコインランドリーで話していたということ?ってことは、!!!!、まだ二人は親密になっていないってことか!?感覚的には、菅波先生は “みせますか?”と言っていました。しかし、モネは相変わらず恋人同士になる前と同じ顔をしている。

マモちゃん!?すうちゃんとマモちゃんが仲良くなったようですね。以前はモデルをしていたそうですが、洋服のセンスはあまりないようで・・・。あれはベッカム?そして最後のシーン、あれは間違いなくマダムが観客に向けて作っている顔だ!」。 それでもめげずに、百音は今日も売り込みの日を迎えた。

気象予報を水産業に利用したいという彼は、確信を持ってあることを言った。「私は、悪いことばかりを予測する人が好きではありません。

アプローチが逆なんだよ。

基本的に人はポジティブな提案でないと受け入れてくれないので、避けるだけでなく魚が釣れるような天気予報でないとポジティブな提案はしにくい。

以前、会社のリスクマネジメントの講座に行ったことがありますが、海外ではテロも含めて企業が対策を考えていて、それにはかなりのお金がかかります。

予算を抑えるのは簡単ではありませんが、百音という一人の人間がそれを乗り越えるにはどうすればいいのでしょうか。

DJ Mitsuo:今日は久しぶりにDJ Mitsuoさんに来ていただきました。久しぶりにラジオに登場したDJ Mitsuoさん!

モネが提案したカレアラシツアーは、市役所に却下されてしまい、なかなかうまくいきません。

その理由をDJ Mitsuoさんが納得のいくように説明してくれたのですが、その通りでした。

地元の人たちの信頼を得るのは、そう簡単ではない。

みーちゃんやりょうちんのことがあったので、最後にかんば先生からの電話を断るところまで、ももんは沈んでしまいます。

明日もまた暗い雰囲気で始まるのかと思うと、少し憂鬱になります…。生きていたのか!?先週は、菅波先生の「患者の命を奪った」という昔話で終わりました。

今日はその続きですが、患者さんは死ななかったのでは!?あの流れからすると、完全に患者を死なせるパターンですよね?

もし患者さんが亡くなっていたら、「こんなトラウマがあったんだね!」と共感できたかもしれません。もし患者さんが亡くなっていたら、私も共感できたかもしれませんが、本人が元気に暮らしているようなので、まあいいかと。そんなに落ち込みますか?

中村登場 久しぶりに中村先生登場! 浅岡さんはさすがに仕事ができる人ですね~。医者が必要なことを事前に知っていて、実際に来てから詳細を聞いて、あの状況では断らなかっただろうという感じがします。

それに加えて、中村先生のクレジットの時点ですでにパターンがわかっていたので

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第23週目第137話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。