マー姉ちゃん第138話のネタバレあらすじ!見合い

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」23週目第138話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

マー姉ちゃんの第137話「七回忌」では、隆太郎から新八郎の七回忌の知らせが届くストーリーでした。

マー姉ちゃんの第138話「見合い」では、正史の失敗談に興味を持ったヨウ子が見合いをするストーリーとなっています。

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年9月8日(土)放送
第23週

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第138話のネタバレあらすじ

ここからは、9月8日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第138話のあらすじをまとめたネタバレです。

マー姉ちゃん138話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

鹿児島から戻ってきたマリ子に、岩村がヨウ子の見合い話を持ってきたと話す磯野はる(藤田弓子)
ただ、ヨウ子はあまり乗り気ではなく、磯野マリ子(熊谷真実)が見合いを断わる理由を聞く。
すると、ヨウ子はお嫁に行く順番として、姉の方が先だと答えた。
それから数日後、岩村透一郎(小泉博)夫妻が磯野家にやって来る。
お見合い相手の写真を広げると、マリ子が二枚目すぎるから駄目だと言いだした。
しかも、ヨウ子はハンサムな顔よりも面白い顔の方が好みだと言いだす始末。
すると、岩村が宴会に行って芸者の足だけ見てきた男だと笑い話をすると、それに興味をヨウ子が、見合いをすると言いだした。
こうしてお見合いすることになっり、お見合い当日を迎える。
道子と植辰(江戸屋猫八)が玄関先で掃除をしていると、そこへ一人の男が話しかけてきた。
今日は大切な日だからと道子が話をしていると、そこへヨウ子がやってくる。
そこで、その男がお見合い相手の新聞記者の島村正史だと知ると、マリ子も出てきた。
実は、お見合いは3時のはずだったのだが、正史が今日だったのか心配して確認にきたのだ。
まだヨウ子の支度も出来ていないうちに、思いがけない出会い方をした二人は、見合いを機に交際が始まった。

 

ここまでが、9月8日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第138話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第139話のあらすじを知りたい方は、第139話『迷惑電話のクレーム』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第138話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第138話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第138話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

 

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第23週目第138話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。