マー姉ちゃん第138話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」23週目第138話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年9月8日(土)放送
第23週サブタイトル『』

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第138話のネタバレあらすじ

ここからは、9月8日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第138話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

 

ここまでが、9月8日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第138話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第139話のあらすじを知りたい方は、第139話『』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第138話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第138話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第138話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

今日はアバンなし!?今日も昨日同様、アバンなしで話が続きます。

今日のエピソードは昨日と同じですが、導入部がないと話がかなり重くなります。

今日のエピソードは昨日と同じです。

今日のエピソードも波乱が予想されましたが、最後はなんだかほのぼのとした感じになりました。

傷ついた経験今日は奈津の話から始まりました。

傷ついた経験のある人は、そんなに強いのでしょうか?いいえ、そんなことはありません。!!!! 傷ついてもいいことなんてないですよね?

傷ついた人が「強くなった」と言ってはいけない、傷ついてもいいことは何もない、という意見にはまったく同感です。

傷つきたくて傷ついているわけではないし、傷ついたことがないということは、運がいいということだと思います。

傷ついてそのまま倒れてしまう人がいるのも宇田川の特徴でしょうし、夏さんは宇田川さんのことが大好きなんだなと改めて感じたシーンでした。

盆船とは?盆船ってなんだろうと思って調べてみたら、鐘楼流しのようなものだったんですね。

地域によってやり方が違うのですが、宮城では盆船として行われていることを初めて知りました。

テレビで紹介される食べ物って、どうしてこんなに食べたくなるんでしょうね。個人的にはキンツバよりもカキを食べたいですね。

そんな家庭を夢見ていましたが、現実には朝は戦争!?捨て犬のコウジが外に出ると、ミツオとぶつかる。

捨て犬のような目をしていたが、その目を見てしまうと、拾うしかない。耕治もまた、とても面倒見のいい男だ。

でも、話し合いをしたはずなのに、チラッと見られただけなんですよねー。私の場合は、そのようなことはありませんでしたが、このようなことがあったのです。辞めた理由は、母が学校の先生をしていたことを初めて知ったからです。

二人の娘が辞めた理由を推測したところ、答えは「教育委員会とのバトルがあったから」でした 私は、「これはフラグではないか?私は、”これはフラグではないか?”と思いました。でも、彼女が祖母の介護に疲れていたのも、年齢的にも理解できる気がします。

体力の限界!?昔、「体力の限界だ」と言ったお相撲さんがいましたが、その言葉の意味がわかったのは、大人になってからでした。

教育委員会とのバトルの話は発展しないと思いますが、母親の過去の話はそのうち出てくるかもしれませんね…。仙台への帰り道、浩二が待っていた。

私は、その時のことをよく覚えていない。彼が同じように感じていたかどうかはわからない。これからは、三成をチェックしないといけませんね 週明けなので、いつもダイジェストですが、今回はずいぶん遡ったダイジェストでしたね。何もできなかった」→「頑張ります!」という流れにはちょっと感動しましたが、先週は猛勉強しているシーンがほとんどなかったので、必死さが伝わってきませんでした。

さすがにミカンを捕まえるシーンとかはありましたが。案の定、ミカンを捕まえたりするシーンがありましたが、案の定、菅波先生は運動音痴!?食べ物を投げるのがいいのかどうか、よくわかりません。

嘘をつくのがうまいかどうかはわかりません。

私は嘘をつくのがうまいかどうかはわかりませんが、嘘をつくのが下手ではないことは確かです。今日は石森章太郎さんの雨の絵の話がありましたが、それは展覧会から1年経ったということですか?そんなに経っていないような気がしますが、よく考えてみると気象予報士の試験は年に2回ありますよね?そう考えると、私は3回受験しているので、1年経ったことになりますよね?

合格! そしてついに合格しました! 合格か不合格かを見るのが怖くて菅波先生と一緒に見たのですが、本当は伝わった後にお互いに恥をかかせたかったんですよね~。段階も大事ですが、一気に進むこともありますよね。そこはまさにその通りだと思います! 二人の回数が減るのかと思いきや、東京の話が出ているので、東京で終わるということなのでしょうね。百音がいたところと翔陽がいたところでは、雨の量が全然違う。それは現実的ですか?それは現実的なのか?それともセットの水位を間違えたのでしょうか?場所によって天気が変わるようで、少し離れた場所でも本当に違うのかどうかがわかりません。

役に立つ話が多いのですが、どこまでがリアルなのか、ちょっとわかりませんね。木の下は危険!?リアルな話が多いのですが、どこまでがリアルなのかちょっとわかりません。さやかちゃんの危機管理能力がハンパない!(笑)。何もしないのがお姫様のイメージだとは思いますが、彼女の危機対応能力はとても高いです。

救急車を手配したり、学校や親御さんに連絡したり。

無事に救出した後は、「みんな無事だったんだね!」と喜んでくれることでしょう。バンケットFでは

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第23週目第138話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。