マー姉ちゃん第141話のネタバレあらすじ!結婚式

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」24週目第141話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

マー姉ちゃんの第140話「承諾」では、ヨウ子から結婚の条件が、磯野家でともに暮らすことだと言われた正史が、あっさり承諾するストーリーでした。

マー姉ちゃんの第141話「結婚式」では、ヨウ子と正史の結婚式が執り行われるストーリーとなっています。

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年9月12日(水)放送
第24週

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第141話のネタバレあらすじ

ここからは、9月12日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第141話のあらすじをまとめたネタバレです。

正史が、お土産を持って磯野家にやって来た。
しかし、誰もいない様子。
実は、毎晩、遅小椋くま(若井みどり)で講義をしにくる正史に付き合いきれなくなったマリ子たちは、隠れていたのだ。
結局、正史は誰もいないと信じ込み、玄関先にお土産とメモを残して帰って行った。
悩んだマリ子たちは、一刻も早くヨウ子と結婚させようと、挙式の日取りを前倒しして5月に執り行われることとなった。
そして、迎えた結婚式の当日の5月11日。
マリ子と磯野マチ子(田中裕子)は純白のドレスを見て喜ぶヨウ子の姿に、思わず感極まってしまう。
教会で厳かに式には、ウメたちも参加して、二人を祝福した。

 

ここまでが、9月12日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第141話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第142話のあらすじを知りたい方は、第142話『よそよそしい』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第141話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第141話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第141話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第24週目第141話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。