マー姉ちゃん第140話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」24週目第140話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年9月11日(火)放送
第24週サブタイトル『』

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第140話のネタバレあらすじ

ここからは、9月11日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第140話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

 

ここまでが、9月11日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第140話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第141話のあらすじを知りたい方は、第141話『』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第140話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第140話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第140話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

先週のおさらい今日から始まった朝ドラ「おかえりモネ」は、先週のおさらいをしましたが、おさらいの内容は先週と同じくらい細かいものでした。まあ、菅波先生の慌てふためく姿がまた見られたので、それはそれで満足のいく見どころだったんですけどねー。菅波先生の立場が完全に逆転しています。

菅波先生の立場が完全に逆転して、今度は菅波先生が鯖を読むようになって、この二人は完全に一致しているのではないでしょうか。

そして、外野は相変わらず盗み見をしています。

松陽さんは盗撮までしていますが、これは犯罪ですよね?録音はまずいですよね。

一線を越えている!?クリスマスなのに、やることないの?

真面目にやってるんだろうけど、プレゼントのセンスが絶望的すぎて萎えるわー。しかも、1日3分という課題付きで! さすがに頭のネジが1本緩んでいるモネも驚くだろうと思っていましたが、やっぱり似た者同士なんですね。

成人式の翌日は試験の日なので、モネは参加しません。

コウジが着て欲しいと言っていたような気がしたが、あまり興味のない人にはそういうものなのだろう。

特別な日だからといって、結婚式のように高額すぎる!?自分の振袖を買おうとすると、高くて手が出ないんですよ ミチは顕微鏡が欲しいと言っていたので、それをプレゼントしたいと思っていました。

モネは時計から帰ってきて勉強に励んでいる。

その隣では幼なじみがゲームをしている。

これって無理じゃないですか?私がちゃんと勉強しているかどうか、見張りに来ているのなら、静かにしてください そう言っているのだ。

しかも、三成は金髪で卒業しているのに、誰もそのことに触れていない。青海が東京に行ったり、綾子が不倫したりする話をするシーンなのはわかりますが、合格させるのであれば、本気度を見せるべきだったのではないでしょうか。本気であることを示してほしかったですね。

おじいちゃんとは?モネがついに東京にやってきた。

泊まるところがないまま、森林組合をやめてしまったようです。

そして、仕事も見つけられないまま森林組合を辞めてしまったようだ。

おじいちゃんの紹介で宿を見つけて、森林組合を辞める直前に東京に行くことを伝えたそうですね。彼は本当に何も考えずに無茶をしていたのでしょうか?シェアハウスと下宿は、銭湯とシェアハウスが半々でした。

会社だけでは話が膨らまないので、シェアハウスの住人と何かが起こるパターンでしょうか。まるで、ちゅらさんみたいですね(笑)。ちゅらさんは住人同士が結婚するなど、面白い展開が多かったのですが、今後はスピンオフの話も入れてくるのかなと楽しみにしています 信じられない展開!?会社の様子を見に行ったら、テレビ局に潜入してしまった。

ドラマや漫画ではよくあるパターンだが、現実にこんなことが可能なのだろうか。仮に4人体制の契約であっても、それは有資格者の頭数に過ぎない。

クライアントから見れば、大した戦力にはならないし、ましてやアルバイトではない。

気象予報士の仕事の内容をまだ知らないので何とも言えませんが、4人体制の必要性は今後明らかになってくるでしょう。

人数が増えれば、意見の対立も増えて、これまでのほのぼのとした雰囲気から一変するかもしれませんね。

中村先生:昨日に引き続き、中村先生の登場です。面白そうだなと思っていたのですが、中村さんのキャラクターについては全く触れられていませんでした。彼は菅波とは正反対の日焼けをしているようで、面白い展開を期待していたのですが、逆に菅波が家庭訪問を断ったことで、彼の空気の読めなさに説得力が出てきました。

治療をして癒されたいと言っていましたが、過去に何かあったような気がします。

誰かを亡くしたとか、過去にそういうことがあったのかな。

中村先生のキャラクターは嫌いではないので、どんどん登場させてほしいですね さやかが牡蠣の値段を聞いたとき、3年前のものだと言っていたので、震災後に作られたものだと思います。

“さやか “が牡蠣の値段を聞いたとき、「3年前のもの」と言っていた。

また、川久保さんは牡蠣の値段に怒っていた。

1本1,300円って安すぎませんか?だったら直接買いますよ!」と。製材しなければならないから高いのだろうが、文句ばかり言っているお年寄りにはあまり良い印象を受けなかった。

先日、朝ドラ「おかえりなさい、モネ」のいくつかのエピソードの感想を書きましたが、何かをしようとすると必ず抵抗があるのは世の常です。

店員の一人が「新しいことを考えるのが苦手なんです」と言っていたが、個人的にはそれで終わらせてしまった森林組合の責任だと思っている

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第24週目第140話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。