マー姉ちゃん第142話のネタバレあらすじ!よそよそしい

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」24週目第142話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

マー姉ちゃんの第141話「結婚式」では、ヨウ子と正史の結婚式が執り行われるストーリーでした。

マー姉ちゃんの第142話「よそよそしい」では、結婚したヨウ子にどう接していいかわからなくなり、よそよそしくなるストーリーとなっています。

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年9月13日(木)放送
第24週

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第142話のネタバレあらすじ

ここからは、9月13日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第142話のあらすじをまとめたネタバレです。

ヨウ子の結婚式も無事終わり、参列していた一平たちは、福岡へ帰って行った。
一平たちを見送った後、三郷智正(山口崇)から手紙が届く。
三郷の手紙には、開拓仲間の急病のため駆けつけられなかったとお詫びの言葉が書かれており、スズランの押し花が同封されていた。
三郷が無事だったと知った道子は、下宿先に住む大宗均(渡辺篤史)へ報告に向かった。
下宿先につくと、部屋は散らかった状態で、道子が掃除してあげることに。
それから数日がたち、新婚旅行にでかけたヨウ子と正史が帰ってきた。
正史の妻となったヨウ子に対して、どう接していいかわからないマリ子たちは、よそよそしくしてしまう。
ある日の朝。
磯野マチ子(田中裕子)が1階に降りると玄関が空いており、泥棒だと騒ぎ始めた。
正史が泥棒の侵入経路を推理するとマチ子に聞き取り調査をしていたら、正史が朝新聞をとりに玄関を開けたことを知ったマチ子が問題は解決したといって、また眠りに入る。
こうして、お騒がせな正史が家族に加わり、磯野家の生活が始まったのだ。

 

ここまでが、9月13日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第142話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第143話のあらすじを知りたい方は、第143話『休載を申し出る』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第142話の予告感想

 

 

朝ドラ「マー姉ちゃん」第142話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第142話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第24週目第142話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。