マー姉ちゃん第146話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」25週目第146話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年9月18日(火)放送
第25週サブタイトル『』

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第146話のネタバレあらすじ

ここからは、9月18日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第146話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

 

ここまでが、9月18日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第146話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第147話のあらすじを知りたい方は、第147話『』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第146話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第146話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第146話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

生きていたのか!?先週は、菅波先生が患者さんの命を奪ったという昔話で終わりました。

今日はその続きですが、患者は死ななかったのでは!?あの流れからすると、完全に患者を死なせるパターンですよね?

もし患者さんが亡くなっていたら、「こんなトラウマがあったんだね!」と共感できたかもしれません。もし患者さんが亡くなっていたら、私も共感できたかもしれませんが、本人が元気に暮らしているようなので、まあいいかと。そんなに落ち込みますか?

中村登場 久しぶりに中村先生登場! 浅岡さんはさすがに仕事ができる人ですね~。医者が必要なことを事前に知っていて、実際に来てから詳細を聞いて、あの状況では断らなかっただろうという感じがします。

それに加えて、中村先生のクレジットが表示された時点で、最後には菅波先生を推すことになるだろうというパターンもすでにわかっていた。百聞は一見にしかず、浅岡もそうなると思っていたのかもしれない。そのため、朝岡は、「このままではいけない」と思ったのだろう。何をどうすればいいのかわからないですよね。

あの後、家に帰ったのか、それともどこかで休憩したのか、すごく気になりますね 朝ドラ「おかえりモネ」では、振り返ることばかりなので、明日の帰り道に何があったのか、しっかりと描写してください。8年前の浅岡さん8年前に被災地に行った浅岡さん。

浅岡さんの行動は8年前と同じで、根っからの気象バカなんでしょうね。

もちろん、人の役に立ちたい、被害を少なくしたいと思ってやっているのでしょうが、それはとても尊い行為だと思います。

最近、土砂災害がリアルタイムで起こっているので、身近な問題だと思い、ドラマを見ているうちに、気がつけば気象に興味を持つようになっていました。

私たち2人は、よく隣のコインランドリーで会います。

というか、待ち合わせの時間を知っていて、お互いに待っているのです そして、いきなり「そばを食べよう!」と。菅波先生らしい発言ですね。

何をどうしたらいいのかわからない。

何をどうしたらいいのかわからない。

I’m not sure to do what to make this, but I’m sure to be a good idea. リオ五輪の時期かどうかはわかりませんが。私はそれを作るために何をすべきかわかりませんが、私はそれが素晴らしいものになると確信しています。

ゲリラ豪雨 ゲリラ豪雨で地下道が冠水し、1名が意識不明の重体となった。

そのため、モネは危険性を訴えるメッセージを伝えることになったのだが、それはあまりにも極端ではないだろうか。危険を知らせるのはいいことですが、西島さんをかばうまでになったのは、まだバイトなのかなと思いました。まだまだバイトなんだなと思いました。

バイトといっても仕事だから、そういう態度をとるのはいいことだが、あまりにも極端で子供じみていた。

昨日に切り替わって、ちょうど地震が起きたとき、今日はもうあの夜から始まっていました。

まだトラウマになっている人もいるので、そのようなシーンはカットせざるを得ませんでした。

実際にはもっと混乱していたのかもしれませんが、あの日、買い物帰りにテレビをつけて驚いたことを本当によく覚えています。

もうひとつ、あのシーンで驚いたのは、ガソリンスタンドで人力でガソリンを入れていたときのことです。それを見て驚きました。

何かあったときにそういうふうにするのかなと思って、思わず声に出して「わー」と言ってしまいました。私は、この映画を見て、「ああ、この人はこういうことをするんだな」と思いました。

過去には、時間軸について疑問に思うところもあった。過去に時間軸について疑問に思った点がありました。

未知のものだからこそ、混乱したのです 流れからすると、おばあさんは亡くなっているように思えました。

でも、まだ生きていることがわかって、初盆のはずなのに混乱してしまった。

でも何となく、誰かが死んだような気がしていたのですが、目が覚めたら終わっていました。

あとでわかるのかなと思いました。それとも、特に何もなく、あのまま終わってしまうのでしょうか?コウジが音楽をやってくれと頼むシーン。

音楽なんて役に立たないと言っていましたが、そんなに落ち込むことでもないのかなと。

朝ドラ「エール」のように、戦時中は書き続け、戦後は悩んでいたというのであれば、彼女の気持ちもわかるのですが、彼女はプロを目指していたわけではなく、浩司に頼まれて受験しただけなので、そこまで音楽に執着していたようには感じません。

地震でショックを受けるのはわかりますが、それを音楽に結びつけるのは理解できません…。そのあたりのことは、あとでわかると思うので楽しみにしています 主人公 今週は、みーちゃんが完全に主役です! 今週はみーちゃんが主役!?

お父さんがスクーターで通り過ぎる時に隠れていましたが、今回はお坊さんが大忙しのような気がします。

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第25週目第146話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。