マー姉ちゃん第146話のネタバレあらすじ!倒れる

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」25週目第146話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

マー姉ちゃんの第145話「道子との結婚」では、均が、道子との結婚を認めて欲しいと直訴するストーリーでした。

マー姉ちゃんの第146話「倒れる」では、マチ子が胃を痛めて倒れるストーリーとなっています。

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年9月18日(火)放送
第25週

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第146話のネタバレあらすじ

ここからは、9月18日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第146話のあらすじをまとめたネタバレです。

式も挙げずに、均の住むアパートに嫁に行った道子。
二人の生活を心配して、磯野マリ子(熊谷真実)が訪ねると道子が不在だった。
マリ子が持ってきた荷をほどていると、今度は、田河水泡(愛川欽也)夫妻がやってくる。
実は、何も持たずに嫁いだ道子が心配だろうと日用品を持ってきたのだ。
マリ子も同じことを考えており、同じバケツを持ってきた両者。
そんな笑い話をしていると、そこへ買い物に出かけていた道子が戻ってきた。
お茶の準備をマリ子と一緒にしていると、さらに細谷夫妻までやってくる。
狭いアパートの中に大人数が入り、一気ににぎやかになった。
マリ子は家に帰宅すると、そのことをはるたちに話をする。
すると、お琴が大変だと騒ぎだし、マチ子のもとへ向かうと胃を痛めて苦しんでいた。
すぐに医者に診てもらうが、もはや胃けいれんの段階ではないと言われたマリ子が、がんではないかと心配する。

 

ここまでが、9月18日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第146話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第147話のあらすじを知りたい方は、第147話『手術に反対』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第146話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第146話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第146話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

 

 

 

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第25週目第146話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。