マー姉ちゃん第147話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」25週目第147話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年9月19日(水)放送
第25週サブタイトル『』

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第147話のネタバレあらすじ

ここからは、9月19日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第147話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

 

 

ここまでが、9月19日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第147話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第148話のあらすじを知りたい方は、第148話『』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第147話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第147話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第147話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

振り返らない一日 久しぶりに振り返らない日ができました! まあ、1週間か2週間ぶりかな?今日は出演者がかなり多く、盛りだくさんだったからだと思いますが、内容が詰まっている方が盛り上がりますよね?

と思っていたのですが、実際に見てみると、そのようなことはありませんでした。

私がここに来たのは、その理由を理解してもらうためだと思っています。

それでも無事に乗り切れた感があり、おじいちゃんはモネに感謝していた。

また、コウジはシンジにボートを動かすのを手伝ってほしいと言っていたが、シンジがいなくてもできたのではないかと、少し戸惑っていた。

台風が来ることはわかっていたので、真司がいなくてもみんなで計画を立てて実行することは可能だったのかなと思いました。

昨日の放送では、小学生の子供2人が相合傘で家に帰るところで終わっていましたが、さすがに振り返る朝ドラは「おかえりモネ」ですね。今回は、「二人が相合い傘をしている時から帰宅するまでの15分間を全部使ってもいいんじゃないか!」と思いました。と思っていたのですが、「相合い傘から帰宅までの15分を全部入れればいいんじゃないの?と思っていたのですが、すーちゃんにはちゃんとその話が伝わっていたようで…。しかし、大方の予想通り、そのまま帰宅してしまいました。

個人的には、てっきり「ちょっと濡れちゃったから、どこかで休もうか?みたいなことを期待していたのですが、菅波先生の性格からして、それはないだろうと思っていたら、案の定ありませんでした。それだけを感じました。

この感覚は何だろう?と思っていたら、『ふたりエッチ』を思い出して、なんだかモヤモヤした気持ちになりました。

そこまで大人の階段を上らなくてもいいので、もう少し発展させて欲しかったです。

最初は冗談かと思っていましたが、真面目な言葉であることがわかりました。

私もアイスクリームを食べると頭が痛くなりますが、キーンのせいだと思っています。

だから、今日は暑いから、かき氷を食べようと思っています 内田さんがモデルだったという話は、モネさんの誕生日会で明かされました。

それを察知したのは、我らがスーちゃん!?これが私のモテ期の始まりなのでしょうか!?これはきっと、スーちゃんがアタックして、内田さんが折れて付き合ってくれるのではないかと。

これは面白い展開になりそうな予感がします。死亡フラグではないですよね?龍樹はさやかと電話で牡蠣を注文している。

今回は出番のなかった祖父を紹介するシーンだと思いたいですね。朝ドラ最終回「おかえりモネ」まで、祖父にはずっと元気でいてほしいですね。

ある意味、若者が苦しんでいて何もしてあげられないというところまで話が流れて、最後にさやかが自分の役割を伝えるところで終わっているので、これで終わりかなという感じです。

代の若者と50代の若者が一緒になって前に進んでいるので、今度はちゃんと死を報告して前に進むのではないでしょうか。

皆さんから見れば、50代といってもまだ若者です。

いつまでもヤングパーソンと呼ばれたい……20代のヤングパーソン、そしてその下の世代のヤングパーソン!」。パーティーが終わって、みんなが帰っていく。

どうせ見送るなら、外で見送ればいいのに。と思っていたのですが、なぜ外で見送らないのでしょうか?そこの境界線がなぜ内と外なのかも謎だし、とりあえず外に出て見送るのが普通だと思っていた。

八本足の涼ちんが頼りにしているのは、妹のモネだけ。

ついにみーちゃんが八つ当たりを始めましたが、ちょっと小学生に八つ当たりしているような感じでしたね。

みーちゃんがりょうちんを好きなのはわかるのですが、りょうちんの気持ちを一番理解しているのは自分だと思っているようなのです。

遠くから見ていても、視聴者でも彼女の気持ちはわかりますし、2人だけで話すシーンもそんなに多くないので、情報量はあまり変わりませんよね?それに、彼女が率先して彼を解放していたわけではなく、彼が話しかけてくるのを待っていただけなんです。

それなのに、モモンに八つ当たりするのは、ちょっと見当違いだったのではないでしょうか?正直なところ、少し間違っていると思いました。

その点、すーちゃんはとても大人でした。

自分の本音を話してくれるのは百音だけだということを知っていて、それを知り尽くしているからこそ、冗談を言って笑い続けていた。

最初の頃は、ノーテンキな女の子だと思っていて、上京してもノリノリだと思っていたことを謝りました。お前はダメな奴だと思っていたことを謝ります。モモンが出かけた後、菅波先生がやってきた。

モモンが出て行った後、菅波先生が来ました。

二人を別れさせようとしたのか、それとも男を追いかける妹を陥れようとしたのか…。これは本当にU

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第25週目第147話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。