マー姉ちゃん第147話のネタバレあらすじ!手術に反対

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」25週目第147話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

マー姉ちゃんの第146話「倒れる」では、マチ子が胃を痛めて倒れるストーリーでした。

マー姉ちゃんの第147話「手術に反対」では、はるがヨウ子の手術に反対するストーリーとなっています。

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年9月19日(水)放送
第25週

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第147話のネタバレあらすじ

ここからは、9月19日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第147話のあらすじをまとめたネタバレです。

マー姉ちゃん147話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

胃痛で倒れ、検査を嫌がる磯野マチ子(田中裕子)
磯野マリ子(熊谷真実)が、本当に死んだらどうすると心配し、ヨウ子も検査をして大したことがなかったらお祝いパーティーをすればいいとなだめる。
こうして、マリ子たちに説得されて渋々検査することになったマチ子だったが、検査の結果は逆になってしまい、即日入院することとなった。
検査の結果は、胃潰瘍。
一刻も早く手当てをしなければならない状態で即日入院となったのだ。
それから、付き添いのヨウ子が入院支度のため帰宅すると、信心深い磯野はる(藤田弓子)が手術をするのは反対だといいだす。
ヨウ子が、マチ子の胃には穴があきかかっていて、命に関わると訴えた。
はるは手術で人間の体を切り裂く行為が不自然だと主張するが、最後はマチ子のためと納得した。
そんな中、北海道から三郷智正(山口崇)がかけつける。
そして、病気に負けない信念を持つようにとマチ子を励ました。

 

 

ここまでが、9月19日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第147話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第148話のあらすじを知りたい方は、第148話『手術成功』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第147話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第147話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第147話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第25週目第147話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。