マー姉ちゃん第148話のネタバレあらすじ!手術成功

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」25週目第148話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

マー姉ちゃんの第147話「手術に反対」では、はるがヨウ子の手術に反対するストーリーでした。

マー姉ちゃんの第148話「手術成功」では、マチ子の手術が無事成功するストーリーとなっています。

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年9月20日(木)放送
第25週

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第148話のネタバレあらすじ

ここからは、9月20日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第148話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

手術室へ運ばれていく磯野マチ子(田中裕子)
ついにマチ子の手術が始まり、マリ子たちは、不安な面持ちで待っていた。
一方、磯野家にはマチ子の手術のことが心配で、ウラマド姉妹や花岡ウメ(淡島千景)がかけつけていた。
田畑千代(二木てるみ)が手術に2時間ほどかかるというと、ウメが手術の成功を祈り、風呂で水ごりを始めた。
朝男がすぐに気づき止めようとするが、聞き入れずにずっと祈り続けた。
手術室の前で待っているマリ子たち。
すると、赤いランプが消え、執刀医が手術室からでてきた。
執刀医は、予定より随分早く終わり、手術は無事成功したことを告げる。
それを知ったマリ子たちは大喜び。
手術室から出てきたマチ子は、そのまま病室へ移された。
それからすぐに磯野家にも手術が成功した一報が届けられる。
手術が終わり、麻酔からなかなか覚めないマチ子の様子を見に、女医の荘司が病室にやって来る。
明るくハツラツとしているが大胆な発言に圧倒されるマリ子たち。
それから数日後、、塚田(日下武史)が見舞いにやってきた。
元気そうなマチ子を見てホッとすると、サザエさんの復帰を願っていると言って帰っていった。
手術を受けたマチ子は、マリ子たちの暖かい看護で、まもなく回復した。

 

 

ここまでが、9月20日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第148話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第149話のあらすじを知りたい方は、第149話『ある決断』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第148話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第148話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第148話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

 

 

 

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第25週目第148話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。