マー姉ちゃん第149話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」25週目第149話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年9月21日(金)放送
第25週サブタイトル『』

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第149話のネタバレあらすじ

ここからは、9月21日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第149話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

 

 

 

 

ここまでが、9月21日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第149話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第150話のあらすじを知りたい方は、第150話『』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第149話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第149話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第149話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

きれいな言葉!?朝ドラ「おかえりモネ」で頻繁に出てくる言葉が「Pretty!」。今日も言われてしまいました。

出会ったばかりの中学生が可愛い言葉を言われたら、どんな心境になるのだろう。確かに「誰かの役に立ちたい」というのは抽象的すぎるというか、具体的に何をしたいのかが見えてこないですね。

何をしたいのかはまだ見えていないと思いますが、気象予報士が1人いたとしても、すぐに情報を発信することはできますが、具体的に何が起こると予想されていて、その情報から何を得られるのかというビジョンがなければ、人は耳を傾けてくれません。

ケハラツアー」を提案されましたが、誰かを助けるというよりは、天気予報をいかにビジネスに結びつけるかという内容で、それが本当にモネのやりたいことなのか疑問に思いました。

結局、具体的なものは何もなかったので、中学生でも「きれいなアイデア」と言ってくれたのでしょう。

脈なし!?みーちゃんは、いよいよダメになってしまったんですね。

そりゃあ、ずっと好きだったのに、同じタイミングで帰されるなんて……。というか、彼女は抱かれたかったんですよね。彼女と一晩二人で過ごしたいのに、いつも帰されてしまう…。何をしているんでしょうね。

みーちゃん、彼女が東京に行ってしまうような気がしてならないんです。

東京に行って、自分のやりたいことをやって、いい男を見つけて、結婚するのが一番いいと思いますよ。サメコーナーついにお披露目された冠葉先生の部屋。

大方の予想通り、部屋にはサメがいっぱい…。さすが寒波先生、期待を裏切りません。どうしてそんなにサメが好きなんだろう?なぜ彼はそんなにもサメが好きなのだろうか?その理由は後で出てくるのでしょうか?また、モネの緊張した様子から、初めて部屋に入ったように見えましたが?

ということは、今までコインランドリーで話していたということ?と、いうことは !!!! まだ二人は親密になっていないということですよね!?感覚的には、菅波先生は “みせますか?”と言っていました。しかし、モネは相変わらず恋人同士になる前と同じ顔をしている。

マモちゃん!?すうちゃんとマモちゃんが仲良くなったようですね。以前はモデルをしていたそうですが、洋服のセンスはあまりないようで・・・。あれはベッカム?そして最後のシーン、あれは間違いなくマダムが視聴者に向けて作っている顔だ! 視聴率が高ければ、マリアンナの行き場がなくなるのに・・・。8年前の浅岡さん8年前、浅岡さんは被災地に行きました。

8年前と同じように行動している浅岡さんは、根っからの気象バカなのだろう。

もちろん、人の役に立ちたい、被害を少なくしたいと思ってやっているのでしょうから、とても立派な行為だと思います。

最近、土砂災害がリアルタイムで起こっているので、身近な問題だと思い、ドラマを見ているうちに、気がつけば気象に興味を持つようになっていました。

私たち2人は、よく隣のコインランドリーで会います。

というか、待ち合わせの時間を知っていて、お互いに待っているのです そして、いきなり「そばを食べよう!」と。菅波先生らしい発言ですね。

それがどうしたというか。

昨日の大縄跳びの続きから始まった朝ドラ「おかえりモネ」では、ミッチーから「涼ちんのお父さんがいなくなって、海に落ちたんじゃないか」という情報が入ってきたのですが、この時、「浅野忠信って、こんなに簡単に死んじゃう玉なの?なぜ父親の失踪と海に落ちることを結びつけるのかわからないが、それは彼が海の男だからではないか?まあ、死ぬはずがないと思っていたら、すぐに見つかってしまったのです。あれだけ早く見つかっていれば、あんなに騒がれることもなかったでしょう。しかし、また酒を飲むようになっていたので、倒れている可能性もあった。

これまでの治療がすべてパーになってしまうようなパターンでした。w アルコール依存症は簡単には治らないと言われますが、根本的な原因はアルコール依存症というよりも、過去を乗り越えられないことにあると思います。

もう一人の債務者であるシンジも、一時は乗り込もうとしていたことが判明した。

しかし、彼には別の借金があったため、融資の審査が通らなかった。

彼はそれを孝治に八つ当たりしたのだが、それは正しいことではない。

銀行が融資を認めないのは当然の行為であり、それがなければ、絶対に通ると思っていた浩二は、どんなに頑張っても無理だと瞬時に判断していただろう。

それを隠していなければ、彼女もそれを考慮して、頑張って通ったかもしれない。ちょっと同情心がなくなった瞬間でした。

そこが違うんですよねー。そして、そんな真剣勝負の中で、一人だけ状況を読めていない男がいた。

菅波先生、縄跳びにこだわりすぎじゃないですか?非常に場違いな電話をかけて、すぐにどうでもいい情報を伝えなければならないという気迫で電話をかけてくる!?気にならないスグ

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第25週目第149話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。