マー姉ちゃん第2話のネタバレあらすじ!金賞

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」1週目第2話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

マー姉ちゃんの第1話「絵に一筆」では、展覧会場に提出した絵にマリ子が一筆を入れたいと訴えるストーリーでした。

マー姉ちゃんの第2話「金賞」では、マリ子が描いた「裸婦」が金賞を受賞するストーリーとなっています。

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年4月3日(火)放送
第1週

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第2話のネタバレあらすじ

ここからは、4月3日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第2話のあらすじをまとめたネタバレです。

絵にほくろを一筆して満足の磯野マリ子(熊谷真実)
翌日の夕食は、ごちそうでマリ子と磯野マチ子(田中裕子)が何のお祝いかと聞く。
すると、母・磯野はる(藤田弓子)は、マリ子の絵のお祝いだといい、入選の知らせが来たのかと思いきやそうではない様子。
はるがごちそうを用意したのは、思ったとおりに最終まで描けたということが大事だということへのお祝いだったのだ。
皆で、ごちそうを食べていると、隣に住む老人・牛尾一平(益田喜頓)や、軍平夫婦までやってきて、今展覧会場は大変な騒ぎになっていることを知る。
なんでも、軍平の話では、マリ子の作品をめぐって、「風俗びん乱だ!」「いや芸術だ」と、市の有識者が召集をかけられたというのだ。
一方その頃、展覧会場では、マリ子の学校の校長先生(高松英郎)が呼び出されており、マリ子の絵のことで罵声を浴びせられるが、絵はあくまで絵であって、本人の人格とは関係ないと一蹴した。
そしてもめにもめた末、マリ子の作品が金賞と決まった。
はるはそれを新聞配達員から受け取った新聞で知る。
するとはるは、これで私の決心も決まったといい、何から大決心をするのであった。

 

ここまでが、4月3日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第2話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第3話のあらすじを知りたい方は、第3話『呼び出し』へ読み進めてください。

朝ドラ「マー姉ちゃん」第2話の予告感想

展覧会で大騒ぎ!?

無事、ホクロもかけて満足のマリ子さん。

そんなマリ子のために、はると千代が豪勢な料理を準備してくれているみたいですね。

そんなところにやってきたお隣の一平さんたち。

今展覧会場は大変な騒ぎになっていると知らせに来ましたが、わざわざ磯野家に来たということは、マリ子が描いた絵についてですよね。

しかも、マリ子の学校の校長までもが呼び出されるとは!!!

まさに、「姉さん事件です!」状態w

朝ドラ「マー姉ちゃん」第2話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第2話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

字幕をください!

今日も始まりました朝ドラ「マー姉ちゃん」第2話。
そうだそうだ、字幕設定しなければ!!!!
これって私だけじゃないですよね。
SNS上でも皆さん、字幕ONって何人も言ってましたw
相変わらずセリフのテンポが早いので、字幕やっぱり正解ですね!

喧嘩勃発

喧嘩していかしていないような磯野姉妹。
非常に滑らかな喧嘩で、伊藤マー姉ちゃんが謝るもやっぱり喧嘩になるw
しかし、そんな二人でも喧嘩を辞める時がある!!!
それがご飯休戦w
分かりやすいボケで、ほのぼのする姉妹喧嘩ですが、ごはんで休戦って平和ですよね~

マー容疑者

どうもとんでもない絵が出展されたと大騒ぎ。
こりゃ当然あの絵ですよね。
このままマー容疑者となって逮捕されるのかw
まぁ、そんなことにはならないと思うけど、ずいぶんこの絵ひっぱりますね~
それよりも絵の前でタバコすっちゃう時代だというのがすごい!!
絶対今では考えられませんよね。
昔は、電車でもタバコ普通に吸ってましたけど、今では禁煙当たりまえ。
窮屈になったという人もいるけど、皆さんが意識高い系になったというよりも情報の伝達の速さが原因のような気がします。

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第1週目第2話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。