マー姉ちゃん第23話のネタバレあらすじ!行方不明

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」4週目第23話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

マー姉ちゃんの第22話「始業式」では、マチ子とヨウ子の学校の始業式の日に、マリ子が留守番をするストーリーでした。

マー姉ちゃんの第23話「行方不明」では、学校生活が始まったヨウ子だったが、ある日学校から帰ってこず、手分けして探すストーリーとなっています。

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年4月27日(金)放送
第4週

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第23話のネタバレあらすじ

ここからは、4月27日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第23話のあらすじをまとめたネタバレです。

ヨウ子たちが学校に通うようになってから数日が経った。
この日は、マチ子が学校に行きたがらなく、磯野マリ子(熊谷真実)はその理由を聞いた。
マチ子の話では、自分が「しぇ」という言葉をよく使うと指摘されたという。
同級生たちは東京の上流階級の華族の人ばかりで、磯野マチ子(田中裕子)は一人浮いてしまっていたんだ。
マリ子は、福岡は馬賊の本場だから華族くらいで驚くことはないと笑った。
マチ子を見送ると、磯野はる(藤田弓子)が今日は教会へ行ってくると言ってきた。
それからマリ子は買い物に出かけ、その帰りに上野の西郷さんの銅像を見て、マチ子たちに見せて元気づけようと思い立つ。
マリ子が帰宅すると、先に教会から帰ってきていたはるから、ヨウ子がまだ帰ってきていない言われる。
みんな急いでヨウ子を探すが見つからない。

 

ここまでが、4月27日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第23話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第24話のあらすじを知りたい方は、第24話『勘違い』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第23話の予告感想

学校生活スタート!

上京してから引っ越しも無事終わり、いよいよ本格的な東京生活のはじまりです!
その第一弾として、マチ子やヨウ子の学校生活がスタートしました!
しかし、その学校でヨウ子が東京の子供たちとなじめずにいるようですね。
しかも「東京のハイソな級友たち」ってお嬢様ってことかしら?
単なる話が合わないレベルなのか、それともいじめレベルなのかは分かりませんが、博多弁がまず通じるのかがちょっと心配ですよね。
もしかしたら、東京の級友たちのほうが、何しゃべっているか分からないと困惑している可能性もあるので、どっちとも可能性はあります。

西郷さんで元気づく!?

マリ子が買い物に出かけた帰りに、上野の西郷さんの像を発見!
その像を見て、マチ子たちにも見せてやろうと思い立ちますが、西郷さんの像をみて元気になります?w
西郷さんんといえば鹿児島県でしょ?
福岡にまつわる像ならなくはないかなって感じですが、なぜに西郷さんの像をみたら元気になる原理がよく分からないw
像ならなんでもよさそうだし、というか、珍しいもの見せたら喜ぶということなのかな?

朝ドラ「マー姉ちゃん」第23話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第23話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第4週目第23話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。