マー姉ちゃん第43話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」8週目第43話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年5月21日(月)放送
第8週サブタイトル『』

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第43話のネタバレあらすじ

ここからは、5月21日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第43話のあらすじをまとめたネタバレです。

彼女に会うなり、かきたいものをかいた方がいい、とマリ子を激励する新八郎。

「そういうマリ子さんだからこそ、首ったけなんだ!」
突如として、新八郎の愛の告白。

マリ子は、ポカ~ン!
さし絵画家の道をあきらめかけたマリ子のもとへ、喜多川茜(島本須美)の美術展入選の知らせが来る。
茜と会ったマリ子は、その絵に勇気づけられる。

 

 

 

ここまでが、5月21日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第43話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第44話のあらすじを知りたい方は、第44話『』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第43話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第43話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第43話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

朝ドラ「お帰りなさいませモネ」は宇田川さんの振り返りから始まるのですが、私が一番気になっている宇田川さんについては触れていないようです。

私は、このことをよく理解していません。リオ五輪の時期かどうかはわかりませんが。私はそれを作るために何をすべきかわかりませんが、私はそれが素晴らしいものになると確信しています。

ゲリラ豪雨 ゲリラ豪雨で地下道が冠水し、1名が意識不明の重体となった。

そのため、モネは危険性を訴えるメッセージを伝えることになったのだが、それはあまりにも極端ではないだろうか。危険を知らせるのはいいことですが、西島さんをかばうまでになったのは、まだバイトなのかなと思いました。まだまだバイトなんだなと思いました。

バイトといっても仕事ですから、そういう態度をとるのはいいことですが、あまりにも極端で子供じみていました。

樹齢300年のヒノキを伐採する計画もあったが、1本の木を伐採するのに何人の人間が必要なのか。いや、300年はすごいけど、たかが1本の木でしょう?その木を能の舞台にするという計画ならば理解できますが、ただ木を切り倒すだけならば、ちょっと大げさだと思いました。話の中では、柱を返せるのは数十年後だと言ってモネにプレッシャーをかけていましたが、心は動いていませんでした。

誰もがモネに山の後継者として期待しているが、彼女はどうなるのだろうか…. そう言われると、東京に行きたいってことですよね?そういうことなんだよ。

誰が見てもそうなることはわかる。

でも、モネはその先にあるもの。

気象予報士を諦める!?いやいや、そんなことはどうでもいいんです。!!!!私は気象予報士をあきらめる!?なんて言ったらいいのかわからない。

どうして、どうしてそのような結論になったのか、本当に聞いてみたいのです。

どうやってその考えに至ったのか、彼に聞いてみたいと思います。きちんと訂正する菅波さんは、相変わらずの正論の持ち主ですが、今日の会話の流れは本当に悪いと思いました。そうなんですよねー。他に道はないんだから。

まっすぐな道だよねー。私の言っていることは、きっと理解してもらえると思いますよ。

私にはよくわかりません。というか、あの距離では聞こえないはずだし、菅波先生には私の姿がバッチリ見えているのだから! でも、彼女の声を聞いてしまったからには、彼女を送り出さなければならないと思っているのでしょうね~ それは、気象予報士の資格を取った後のモネの話でもあります。

今回は学校にも通っているので、次の試験に合格するまでの過程になるのでしょう。

その時にどうやって切り取るかが見ものですね。ご褒美です。今日は朝から西島秀俊さんと会ってきました。

これはまさしさんのご褒美!?西島秀俊さんをご褒美と言っているのは私です。

イケメンだから人気があるのはわかるけど、お天気キャスターってそんなに人気あるの?いや、ちょっと贔屓目に見ても、お天気キャスターで鳴かず飛ばずの人はあまり思い浮かばないので、人気の理由がよくわからなかったんですよね。テレビ東京では変なお天気キャスターを見たことがありますが、「きゃー」と言われるほどのお天気キャスターはいないのでしょうか?東京のテレビで変なお天気キャスターを見たことがありますが、「きゃー」と言われるようなお天気キャスターはいないのでしょうか。

夏木マリさんの声を聞くと、湯婆婆が頭から離れません。

歳のせいか、彼女の声には湯婆婆が多すぎるのだ。!!!! 私にはよくわかりません。浅岡の歓迎会があって、そこでさやかの結婚歴が気になりました。

川久保さんのフラグから、一度は結婚しているだろうと推測できましたが、今後お相手が登場するのかどうかも気になりました。

まさかとは思いますが、過去に百音のじさまと恋仲になっていたなんてことはないですよね?楽しい展開ですが、もしそうだとしたら、SNSではかなり荒れそうな予感がします。

笑うポイントがあるかどうかはわかりませんが、前の朝ドラ「お蝶庵」があまりにも強烈なので、どこかに笑いどころを探している自分がいます。

とか思ってしまいますよね。それに対して返事をするのが大変でした。りょーちんが私のものだと出ていれば、私は感激していたのですが、そうは出てきませんでした。

また、ここで気象関係の仕事を探していることを伝えると、すぐに「そんなものはない」と返ってきた。モモンはみーちゃんの許可を得ようとしていますが、みーちゃんは内心、りょうちんのことでモモンに連れ去られるのではないかと思っているのではないでしょうか。東京の次の日、モモンはもう東京に戻っていました。

気仙沼に来てから半日も経っていないような気がしますが、寒波先生はどれだけ待っていたのでしょうか。念のために言っておくと、今日は桃音の誕生日ですよね。

まさか、ホルンを吹いている最中にプロポーズされるなんてことはないでしょうけど。いや、300年はすごいけど、たかが1本の木だからね。

 

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第8週目第43話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。