マー姉ちゃん第47話のネタバレあらすじ!茜との再会

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」8週目第47話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

マー姉ちゃんの第46話「スパイ容疑」では、オネスト神父がスパイ容疑で警察に連行されるストーリーでした。

マー姉ちゃんの第47話「茜との再会」では、マリ子が4年ぶりに茜と再会するストーリーとなっています。

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年5月25日(金)放送
第8週

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第47話のネタバレあらすじ

ここからは、5月25日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第47話のあらすじをまとめたネタバレです。

磯野マリ子(熊谷真実)は茜と4年ぶりの再会を果たす。
甘味処に入ると、喜多川茜(島本須美)が昔この店に信彦と来たことを思い出す。
茜は駆け落ちした後、二人は目黒の奥のほうでひっそりと暮らしていたという。
しかし、金もつきかけ、信彦の隠れがじみたところが苦痛になったと話す。
そして、実父が別れる条件に信彦のパリ行きの費用を立て替え、自身は精神科の病院へ入院させられた告白した。
そんな過去から立ち直ったという茜は、マリ子の前に素敵な男性が現れると言って去っていった。
マリ子が帰宅すると、大宗均(渡辺篤史)が神父の事件の件で、見舞いに来ていた。
均はさりげなく、マリ子に行為を寄せている人がいないか詮索するが、マリ子から当分結婚するつもりはないと言われガッカリする。
均を見送ると、ちょうど配達員から手紙を受け取る。
それは、トミ子からの手紙で結婚式に出席してほしいと書かれていた。
マリ子は、感激して絶対に行きたいといい、磯野はる(藤田弓子)もそれを承諾した。

 

ここまでが、5月25日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第47話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第48話のあらすじを知りたい方は、第48話『結婚報告』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第47話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第47話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第47話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第8週目第47話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。