マー姉ちゃん第48話のネタバレあらすじ!結婚報告

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」8週目第48話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

マー姉ちゃんの第47話「茜との再会」では、マリ子が4年ぶりに茜と再会するストーリーでした。

マー姉ちゃんの第48話「結婚報告」では、トミ子からの結婚報告の手紙がきて、マリ子がお祝いにトミ子の肖像画を送るストーリーとなっています。

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年5月26日(土)放送
第8週

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第48話のネタバレあらすじ

ここからは、5月26日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第48話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

トミ子からの結婚式の招待状を受け取った磯野マリ子(熊谷真実)は、お祝いにトミ子の肖像画を描き、マチ子はトミ子は漫画を描いた。
そこへ朝男がやってきて、トミ子の話をすると、縁談をぶち壊した船問屋の娘のことを思い出す。
その夜、マリ子ははるに呼び出される。
磯野はる(藤田弓子)が貯金がついに底をつきはじめたことを告白する。
マリ子がもう暮らせないのかと聞くと、それは心がけ次第だと答えるはる。
はるは、福岡にいくぐらいの金は残っているからそんなに深刻になることはないというが、マリ子は気が気ではなかった。
マチ子のお金はどうしたのかと聞くと、恵まれない子供たちのために使ったといい、後の祭りだったのだ。
マリ子の心配をよそに、必ず道は開けるといつもと変わらず前向きなはるだった。

 

ここまでが、5月26日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第48話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第49話のあらすじを知りたい方は、第49話『職探し』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第48話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第48話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第48話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第8週目第48話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。