マー姉ちゃん第5話のネタバレあらすじ!東京行きの理由

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」1週目第5話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

マー姉ちゃんの第4話「大五郎の勘違い」では、酔っぱらった大五郎が磯野家におしかけて、自分の娘の裸婦像を描いたと激怒するストーリーでした。

マー姉ちゃんの第5話「東京行きの理由」では、はるが子供たち三姉妹に、東京行きを決断した理由を話すストーリーとなっています。

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年4月6日(金)放送
第1週

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第5話のネタバレあらすじ

ここからは、4月6日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第5話のあらすじをまとめたネタバレです。

追悼式が無事終わると、磯野はる(藤田弓子)が突然東京行きを宣言すると、途中参加した朝男が、磯野家三姉妹に東京の魅力を語りはじめた。
磯野マリ子(熊谷真実)は、本格的に絵の勉強ができると大喜びするが、お手伝いの千代(二木てるみ)は、相談なしに東京行きが決まったことに不満を漏らし、ついつい朝男に当たってしまう。
はるの兄・岩村透一郎(小泉博)たちが帰った翌日。
はるは子供たち三姉妹を集めて、なぜ東京行きを決断したのか理由を語り始める。
父親をなくして絵を通わせている磯野家では、よそ様から贅沢だと陰口をたたかれているが、東京へいけば、才能のある人が才能を伸ばすことに誰も遠慮はいらないという。
そして、どれほど夫を愛していたかを子供たちに話を聞かせた。

 

ここまでが、4月6日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第5話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第6話のあらすじを知りたい方は、第6話『のらくろの絵』へ読み進めてください。

朝ドラ「マー姉ちゃん」第5話の予告感想

朝男何者!?

父親の一周忌ということで法事をしていた磯野家のところに、突然やってきた男・朝男(前田吟)。
雑誌のキャスト紹介によると、朝男さんの本名は、天海朝男で、何代もつづく東京の魚屋の息子と紹介されていました。
朝ドラ「マー姉ちゃん」5話の予告では、「鯨捕り」となっていましたが、鯨を自分で取りに行って、お店で販売しているオールラウンダーなのでしょうか?w
魚屋と言えば、魚を仕入れてお店で売りさばくイメージですが、「魚屋の息子」とあるので、父親が魚屋を切り盛りして、息子はクジラをとったり漁ににでているというのが自然な解釈かなと思っています。
さて、この予測あたるのか!?
というより、そういった細かい話しはなく、スルーされる確率のほうが断然高いんですが、、、

不貞腐れ千代

法事の席で突然はるが東京行きを宣言!!!
肝っ玉母ちゃんというのは噂に聞いていましたが、まさか法事の場で、上京宣言するとは、突然すぎるでしょw
マリ子は大喜びですが、あまりよく思っていないのがお手伝いの千代さん。
不貞腐れて、朝男にあたるっておこちゃまですか!
というより、朝男とは初対面じゃないの?
そんな初対面の人にあたるってどういう教育を受けているのでしょうw
そもそも、雇われの身でしょ?
たしかに相談されたらうれしいかもしれないですが、身をわきまえることも大切だと思います。
まぁ、これまで朝ドラではいろいろなお手伝いさんがいたので、どういった関係かは分かりませんが、朝ドラ「澪つくし」のハマぐらいの女中だったら、ありえない話ではないw

朝ドラ「マー姉ちゃん」第5話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第5話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

朝男の胡散臭さ

相変わらず胡散臭い男・朝男
この感覚どこかで感じたことあるなぁと思ったら、前作の再放送「あぐり」に登場する森潤でしたw
森本レオさん演じる森潤は、望月家3代にわたってタカったどうしようもない男です。
言う言葉は適当で、のらりくらりと何してるのか最後までわからない男でした。
そんな同じ匂いがする朝男。
東京に魚屋があるということなので、磯野家が上京した時にはちょくちょく出てきそうな気がしますねw 

拗ねてる千代

自分だけ東京にいけないと感じた千代ちゃん。
最初は厳しいお手伝いさんかと思いましたが、拗ねるなんて可愛いところがありますねw
まぁ、事実上のリストラですから尚の事。
千代といえば、朝ドラ「澪つくし」で坂東千代役を演じた岩本多代さんも今回の朝ドラ「マー姉ちゃん」にでていますが、品があって本当に美しい!

相成ります!

ナレーションの口調が本当に昭和な感じ。
「右へならえということに相成ります」って、久しぶりに相成りますって聞きました~
というより、絶滅した言葉だと思っていたぐらいw

収入は?

ひとつ気になるのは、磯野家の収入源。
東京へいくということは、それなりにお金が必要ですよね。
もしかして、あぐりみたいに、金には不自由しない家の出なのか、亡き夫がそれなりの財産を残しているのか、どうなんだろう?
一応、東京の美術学校に行かせてやりたいということもああるので、それなりにお金を持ってると思いますが、その収入源は何なのかが気になるところです!

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第1週目第5話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。