マー姉ちゃん第6話のネタバレあらすじ!のらくろの絵

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」1週目第6話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

マー姉ちゃんの第5話「東京行きの理由」では、はるが子供たち三姉妹に、東京行きを決断した理由を話すストーリーでした。

マー姉ちゃんの第6話「のらくろの絵」では、マリ子が父に買ってもらった万年筆を探していると、マチ子の机からのらくろの絵を見つけるストーリーとなっています。

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年4月7日(土)放送
第1週サブタイトル

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第6話のネタバレあらすじ

ここからは、4月7日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第6話のあらすじをまとめたネタバレです。

父の追悼式が終わった際に、突然東京行きを宣言した磯野はる(藤田弓子)
皆を驚かせたが、子供たちは東京へいくのを楽しみにしていた。
そんなある日、磯野マリ子(熊谷真実)が父に買ってもらった万年筆を思い出し、探しはじめる。
なかなか見つからずに、マチ子の机をあさっていると、のらくろの絵が入っているのを見つけた。
ちょうどその時、会社の村田(園田裕久)が帳簿を持ってやってきた。
はるとマリ子に会社の帳簿をみせ確認してもらうが、二人ともまったく経理のことはわからなかった。
磯野家では、父が遺した会社を整理するために村田にお願いする。
これで、会社の整理が終われば、マリ子が女学校を卒業したら、一家をあげて東京へ行く段取りがつく。
そのことで、話をしているとはるが、お手伝いの田畑千代(二木てるみ)は東京へは連れて行かないと口にする。
13歳から8年間、大事な娘さんを預り、このまま東京までは連れて行けないと言うが、その理由だ。
千代は泣いて抗議するが、はるはお見合いをさせるつもりだったのだ。
一緒に東京へ行けるものだと思っていた千代は泣きながら表へ走り出してしまった。
不憫に思った牛尾軍平(三国一朗)が千代を置いていくならこちらで引き取りたいと言いだすのだったが、千代が見合い相手の写真を見て、自分好みの男とわかり、見合いを承諾する。

 

ここまでが、4月7日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第6話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第7話のあらすじを知りたい方は、第7話『お見合い』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第6話の予告感想

のらくろの絵を発見!

ついにでてくるのかのらくろ話!
マチ子もモデルといえば、誰もが知っているサザエさんの漫画家・長谷川町子さん。
長谷川町子さんの実話では、のらくろの漫画家・田河水泡さんの弟子になるのは有名な話しです。
そのキーポイントとなるのらくろの絵を発見したということは、ここで姉・マリ子が気づくシーンということですよね。
これも実話ですが、長谷川町子さんがアメ玉を口にしながら、田河水泡さんの弟子になりたいと言い出して、母・長谷川サタさんが田河水泡さんの家までいって直談判したそうです。
それは、東京へいってからの話なので、まだ先ですが、朝ドラ「マー姉ちゃん」のヒロインは磯野マリ子なので、マリ子が連れていくかもしれませんね。
ただ、マチ子が漫画家になる最初のキーポイントですので、見逃せません!!!

ひどくない!?

そして、今回もう一つの事件といえば「お手伝いさんお見合いさせられるってさ」事件!
お手伝いの千代さんは、一緒に東京へいけるものだと思っていました。
お手伝いさんを東京まで連れていくほど、裕福だったのかは分かりませんが、連れて行かない選択をすること自体は理解できます。
ただ、その後がいけませんなーはるさん。
東京へは連れて行かずに、お見合いさせるってどういうこと!?
いや、もしかしたら色々世話になったから、お見合い相手探してやろうという気持ちがあってのことかもしれません。
ただ、印象としては、連れていけうるさいから結婚を口実に福岡に残っていろと読み解けてしまうんですよねw
さてさて、どうなるやら、、、

朝ドラ「マー姉ちゃん」第6感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第6話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

肖像画

お父さんの肖像画に話しかけるマリ子。
これって遺影なのかな?
お父さんの遺影はマリ子が描いたやつみたいですね。
肖像画に相談するって不思議な光景なんだけど、なんだか自然に見れて意外。
でも髪をイジイジしながら話しかけるってなんだかかわいいですよね。

会社譲渡

今日判明したことが一つ。
亡くなったお父さん、会社経営していたのね。
お金の事は全く分からないお母様、、、いい人そうだけど本当に大丈夫かな?
マリ子も同席していたけど、マリ子が家長という立場なのかもしれませんね。
あと、お金というものは使ったら無くなりますってこれ完全にフラグですよね?
どこでどうなるかは分かりませんが、とりあえずかなり心配なフラグが立ちましたw

千代東京へ!?

やさぐれ千代さんがどうやら東京へいく決意をした感じですが、予告では結婚させられることになってましたよw
話しは変わりますが、お千代ねえやんって呼び方がなんだか親しみがあっていいですよね。

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第1週目第6話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。