マー姉ちゃん第61話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」11週目第61話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年6月11日(月)放送
第11週サブタイトル『』

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第61話のネタバレあらすじ

ここからは、6月11日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第61話のあらすじをまとめたネタバレです。

手みやげをもって現われたヨウ子の見合いの相手・島村正史(左・湯沢紀保)。
昭和二十七年秋、ヨウ子は見合いの相手である、新聞記者島村正史(湯沢紀保)と交際を始める。

周囲から似合いのカップルとはやされた二人は、型二十八年の五月、晴れて結婚にゴールイン。

やがて二人は幸せな結婚をする。

 

ここまでが、6月11日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第61話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第62話のあらすじを知りたい方は、第62話『』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第61話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第61話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第61話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

 

LINEの朝ドラではあまり見かけない携帯電話ですよね!?しかも、スマートフォンに「LINE」が入っているのは、朝ドラでは初めてではないでしょうか?LINEの便利さがよくわかるシーンでした。

三成乱百根の家に来た三成は、和尚が断ったことを不満に思っていた!!!!私は井の中の蛙だったのではないか?

外の世界があまりにもまぶしくて、三成はようやく世間を知ったのです。

千年の歴史は確かに重いが、人の運命はその家に生まれてくることだ。

わかりますか?わかりましたよ。わかるけど、金髪とピアスはやりすぎだよねー。大学デビューしたい気持ちはわかるけど、音楽の道に進むなど、世の中の厳しさを大人になってから教えてあげたい。Fコードで挫折しているようでは、ダメなんですよね~。あと、朝ドラ「スカーレット」で西川さんが「自由とは不自由なものだ!」と言っていたのを思い出しました。朝ドラ「スカーレット」で西川さんが「自由とは不自由なものだ!」と言っていたのを思い出しました。若い人たちが話しているのを盗み聞きしている父・浩二。

きっと好きになってくれると思います。!!!!何をどうすればいいのかわからない。

何をどうしたらいいのかよくわからない。

おかえりモネ」のような朝ドラは珍しいですよね。

それがいいことなのかどうかはわかりませんが、いいことだと思います」。

野坂さんが「誰が提案したんですか」と聞くと、神野さんは「浅岡さんですね」と言った。いや、彼の直感ということではなく、あの言い方は確信を持って話していたのだと思いますよ。と思っていたら、同じ経験をした高村さんが一言。

かっこよすぎる!」と。そこまで言ったからには、今後、高村さんの過去の詳しい話が出てくると思いますが、ちょうど浅岡が入ってきたときのことだと言っていたので、過去のシーンが少し若返って見せてくれるのかどうか、楽しみです。

ついにキャスターデビューを果たしたマネージャーと内田さん。

それをテレビ越しにチェックする明日香さん。

この子育てに何の意味があるのか?最初は恋愛感情があるのかと思っていたが、育てたいと思っているのか!?最初は恋愛感情を持っているのかと思いきや、”育てたい!”と言っていました。親の目線で彼を見ているんだなと感じました。

将来的には経営者になるとは思えないし、育てる側になるのかもしれませんね。今日の朝ドラ「お帰りなさいませモネ」は手紙から始まりましたが、家族に手紙を書いたことがない方がほとんどだと思いますが、良い知らせではないかもしれないとドキドキしています 今の時代、両親に手紙を書くことはとても古風なことですが、「この島を出たい」から「この島に残りたい」という気持ちに変わっていくのがわかりました。

仙台放送のメインキャスターとして採用された毬谷莉子さん。

仙台放送のメインキャスターとして採用されることになりましたが、再び登場する可能性も大いにあります。

モモンが気仙沼に戻ることを決めてから、舞台は仙台に移る。

仙台放送は2人を再会させるためのものだと思いますが、どんな展開になるのか楽しみですね。<div class=”yokoku”>持久戦では、モネが行進を見つけて喫茶店に入りました。

どうやってつながるのか、楽しみですね。眠ってしまった途端、「寝ないでください。

“これは何かのフラグでしょうか?それよりも喫茶店の営業が気になります。

寝てはいけない喫茶店の名前も気になりますが、10時までには間に合うとのことなので、そんなに遅い時間帯ではないですよね。

というか、この2日間の時間軸はどうなっているんだ?午前中だと思っていたけど、10時前ということは、菅波先生はあまり早く来ないのか!?本当は1分1秒単位で説明してもらいたいんですけどね。

これでは何もわからないですね。

彼女は精神力が弱いようなので、ちょっとショックを受けているのかな。お姉さんに言われた意味深なことを、彼女はそんなに気にしていないと思うんです。姉が言った意味のあることは、そんなに気にしていないと思います。

私はこれをどうするかよくわからないが、私はそれが良いアイデアだと思う。

直球勝負!?マリアンナは、物事をストレートに言います。

そう言ってくれるのが嬉しいというか、マリアンナさんだからこそですよね。

確かに、トラウマを抱えた百音は誰も傷つけたくないし、人を助けたいと思っているけど、結局は自分のためじゃないの?でも、結局は自分のためなんじゃないか?

自分で言うのもなんですが、「人のために何かをするのは偽善だ」と言われるとつらいですね。

自分に酔っているわけではありませんが、人のために偽善的だと言われると難しいですね。

永浦姉妹に共通しているのは、考えすぎていること。

また、おじいさんの牡蠣を何とかしたいと思っているが、それが本当にやりたかったことなのかどうかはわからない。

自分なりに誰かの役に立ちたいと思っていたのかもしれない。

 

 

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第11週目第61話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。