マー姉ちゃん第62話のネタバレあらすじ!お歳暮

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」11週目第62話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

マー姉ちゃんの第61話「正月」では、マリ子たちのがんばりのおかげで、人並みの正月を迎えられるストーリーでした。

マー姉ちゃんの第62話「お歳暮」では、はるが菊池にお歳暮を贈ったと知り、マリ子が驚くストーリーとなっています。

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年6月12日(火)放送
第11週

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第62話のネタバレあらすじ

ここからは、6月12日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第62話のあらすじをまとめたネタバレです。

ある朝、家の前で掃き掃除をしていたウララは、学校にいくヨウ子と見送りに出たマリ子に気づき、話しかける。
ウララは、ヨウ子のセーラー服がお気に入りで、女学生だったときの話をし始めた。
そして、マリ子に、今度その当時の挿絵を描くときは、自分がモデルになるといい、むしろそれを熱望している様子だった。
それから、磯野マリ子(熊谷真実)は、完成した挿絵をもって菊池のもとへ訪れる。
菊池寛(フランキー堺)からこれまでの小説はどうだったかと聞かれ、マリ子は続きが楽しみだと答えた。
塚田(日下武史)からはほかにいいようがないのかといわれるが、マリ子は率直な感想を述べた。
そして、今回の挿絵も菊池から合格点をもらい、無事仕事を完了させた。
その帰り際、菊池からお歳暮をいただいて大変結構だったとお礼を言ってほしいと言われる。
実は、磯野はる(藤田弓子)がお歳暮として福岡からフグの干物を送っていたのだ。
マリ子は、母のそんな母性的な一面に驚く。
一方、磯野家では、新八郎の母から手紙が届いていた。
はるたちは話をしていると、噂をすればで、マリ子が新八郎を連れて帰ってきた。
たまたまマリ子が駅から歩いている途中で車に乗せたという。
そこで、マチ子の原稿を取りに来た細谷も加わり、新八郎の両親のことで盛り上がった。

 

ここまでが、6月12日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第62話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第63話のあらすじを知りたい方は、第63話『生きる姿勢』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第62話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第62話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第62話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第11週目第62話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。