マー姉ちゃん第63話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」11週目第63話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年6月13日(水)放送
第11週サブタイトル『』

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第63話のネタバレあらすじ

ここからは、6月13日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第63話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

そんなある日、マチ子の胸を大きな不安がよぎる。

「私に、マンガ家としての才能があるのかしら」
この重大問題が解決するまで、マチ子は「サザエさん」を休載する決心をするが、意外にも毎朝新聞は、すんなりとこれを承諾した。

アイデアを考えている時の、悩み苦しんでいるマチ子を見るにしのびなかった家族は、「よかった、よかった」と、大喜び。

ところが数か月後、玩具屋さんから「サザエさんカルタ」の注文が来る。

 

ここまでが、6月13日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第63話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第64話のあらすじを知りたい方は、第64話『』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第63話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第63話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第63話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

No Avant ここ数日、ほとんどAvantがない状態でスタートしています。

情報量が多いということでしょうか。基本的には、深刻な状況や重苦しい雰囲気の中ではアバントがないのが普通ですが、今日はまた災害の話なので、それがアバントがない理由なのかもしれません。

リードタイム久しぶりにリードタイムを見ました。

これは朝岡さんが登米に来たときに話していた言葉ですが、今回のポイントはこの時間を使ってどのようにコミュニケーションをとるかということでした。

確かに台風の日は、本当に雨が降るのではないかと感じることが多いですね。

朝出るときには、寝ている間に何事もなかったかのように通り過ぎてしまうほどの大雨が降ることもありますから、大雨で動けなくなると言われても、そう簡単には避難しようとは思わないものです。

特に私の住んでいる地域では、洪水の心配はほとんどないので、「本人が気をつけていれば大丈夫」と思って、家にいることが多いですね。

人によって危険の感じ方が違うので、ニュースをどう報道すべきかは本当に難しいと思います。

的確な意見ですね。マリアンナはとてもはっきりとものを言いました。

うまく言ったというか、マリアンナだからこそ言えたんだと思います。

確かに、トラウマを抱えているモモンは、誰も傷つけたくないし、人の役に立ちたいと思っているけど、結局は自分のためにやっているんじゃないの?でも、結局は自分のためなのではないか?

自分で言うのもなんですが、「人のために何かをするのは偽善だ」と言われるとつらいですね。

自分に酔っているわけではありませんが、人のために偽善的だと言われると難しいですね。

永浦姉妹に共通しているのは、考えすぎていること。

また、おじいさんの牡蠣を何とかしたいと思っているが、それが本当にやりたかったことなのかどうかはわからない。

自分なりに誰かの役に立ちたいと思っていたのかもしれない。

涼との将来も気になりますし、2人には幸せになってほしいですね。

関西弁東京の作品に関西弁のキャラクターが登場するのは珍しいですね。パラリンピックを目指すアスリートを演じたのですが、なんというか、自信過剰なんですよね。アスリートがあんなに大きな口を叩くのはいいと思いますが、「お金がないので面倒を見てください」と言うのはちょっと偏見ですが、さすが関西人!と思いました。今回の朝ドラ「おかえりモネ」は、強烈なキャラクターに完全に乗っ取られてしまいましたが、浅岡さんの「お天気キャスターを辞める」という発表もかなりインパクトがありましたよね。

物語は4年後の東京を舞台にしているので、長い物語になると思いますが、浅岡がいつお天気キャスターを辞めるのかが気になるところです。

松陽さんはステージに立って踊っていましたが、百音さんの反応を見ると、知らないようですね。

踊っているのを見たことがあったので、それが普通だと思っていたのですが、あの反応は普通だったのでしょうか?SNSを見ていると、私が思っていたような反応をしている人もいたので、モモンは天然なところがあるのかなと思いました。

でも、そのシーンはあっという間に終わってしまって、楽しめなかったんです。一昨日は金髪でしたが、昨日と今日は黒髪です。

一昨日は金髪でしたが、昨日と今日は黒髪で、後頭部だけ金髪になっていました。カツラなのかスプレーなのか気になっていましたが、放送後に判明しました! カツラなのかスプレーなのか気になっていましたが、放送後に判明しました! まさかこんなところから真相を知ることになるとは思わなかったが、死亡フラグだったのか!?トドメの能の後、舞台上で話をしていて、さやかが死んだ時のことを話していたんですよね。

まさか死亡フラグだったとは!?死亡フラグだとは思ったけど、ちょっと早すぎたかな。

もしかしたら、後半に彼女が死ぬシーンがあるかもしれませんが、まだその段階ではないような気がします。

このシーンは、とても寒いところで撮影されていると感じました。

能の後はまた宴会!?田舎ではそんなに宴会が好きなのでしょうか?そして、百音が調子に乗って、またワッハッハッハとやってしまったのですが、これが実に気持ちがいい。

実際にすごく気持ちいいんです。大きな声を出すことは、意外とストレス解消になります。

しかし、都会ではなかなかそうはいかない…。桃園は、生放送のキャスターになることを決意した。

ところで、もし彼女が断っていたら、誰が代役になっていたのだろう。放送作家としてのアルバイトができるかどうかはわからない。テレビ局は気象予報士と契約していたようですが、百聞さんがやらなかったら、内田さんか誰かがやっていたのかな。

と思っていたのですが、百聞は一見にしかず。

何をどうすればいいのかよくわからない。

私は、”あなたはここにいますよね?”というようなことを期待していました。”ああ、そうなんだ “と思っていたのですが、全然違っていてがっかりしました。

 

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第11週目第63話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。