マー姉ちゃん第66話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」11週目第66話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年6月16日(土)放送
第11週サブタイトル『』

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第66話のネタバレあらすじ

ここからは、6月16日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第66話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

手術を受けたマチ子は、マリ子たちの暖かい看護で、まもなく回復する

磯野家には明るい話題がもう一つあった。

ヨウ子に初めての子どもができたのである。

「明日を思い患うことなかれー」という母・はる(藤田弓子)のことばが今日もマリ子の胸に明るく弾んで響いていた。

 

ここまでが、6月16日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第66話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第67話のあらすじを知りたい方は、第67話『』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第66話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第66話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第66話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

朝ドラ「お帰りなさいませモネ」は宇田川さんの振り返りから始まるのですが、私が一番気になっている宇田川さんについては触れていないようです。

私は、このことをよく理解していません。リオ五輪の時期かどうかはわかりませんが。私はそれを作るために何をすべきかわかりませんが、私はそれが素晴らしいものになると確信しています。

ゲリラ豪雨 ゲリラ豪雨で地下道が冠水し、1名が意識不明の重体となった。

そのため、モネは危険性を訴えるメッセージを伝えることになったのだが、それはあまりにも極端ではないだろうか。危険を知らせるのはいいことですが、西島さんをかばうまでになったのは、まだバイトなのかなと思いました。まだまだバイトなんだなと思いました。

バイトといっても仕事ですから、そういう姿勢はいいと思いますが、あまりにも極端で子供じみていました。

風フェチモモンガの本当の意味での初出勤日である。

まずは自己紹介から始まった。

内田さんは相変わらずオタクというか、風フェチというポジションにいる。

なぜ「フェチ」という言葉をつけるだけでエロくなるのかはわかりませんが、紙飛行機を大量に飛ばしっぱなしにして管理人に怒られたからでしょう。飛ばしてしまったものは、きちんと回収しないといけません。と言われてしまいましたが、それはそれでいいと思います。菅波先生とクレジットされていれば、きっと明日も会えるはず!?いや、ここで宣言します。

明日も菅波先生のクレジットが出れば、絶対に二人は会うし、桃音も絶対に驚きます。マリアンナは早口で物を言う。

いいことなのか悪いことなのかよくわからないが、マリアンナが言えることだ。

確かに、トラウマを抱えているモモンは、誰も傷つけたくないし、人を助けたいと思っているけど、結局は自分のためにやっているんだよね。でも、結局は自分のためなんですよね。

自分で言うのもなんですが、「人のために何かをするのは偽善だ」と言われるとつらいですね。

自分に酔っているわけではありませんが、人のために偽善的だと言われると難しいですね。

永浦姉妹に共通しているのは、考えすぎていること。

また、おじいちゃんの牡蠣を何とかしたいと思っているが、それが本当にやりたかったことなのかどうかはわからない。

自分なりに誰かの役に立ちたいと思っていたのかもしれない。

涼との将来も気になりますし、2人には幸せになってほしいですね。

関西弁東京の作品に関西弁のキャラクターが登場するのは珍しいですね。パラリンピックを目指すアスリートを演じたのですが、なんというか、自信過剰なんですよね。アスリートがあんなに大きな口を叩くのはいいと思うけど、お金がないから面倒を見てくれって言うのはちょっと偏見だけど、それが関西人なんだよね!」。今朝のドラマ「おかえりモネ」は、強烈なキャラクターに完全に乗っ取られてしまいましたが、浅岡の「お天気キャスターを辞める」宣言もかなりインパクトがありました。

4年後の東京に行くという設定なので、物語はかなり長引くと思いますが、浅岡がいつお天気キャスターを辞めるのかが気になるところです。

昨日、さやかとモネがチェーンソーで切っているとき、「このまま切り続けられるのかな」と心配になりました。と心配していましたが、切ってくれました。でも、昔はチェーンソーがなかったから、ノコギリで切っていたんでしょうね。

また、昨日の最後の儀式的なシーンでは、昔ながらの木の手入れの仕方を感じたので、いきなりチェーンソーで切られる瞬間を見て、現代の冷たさを感じました。撮影のために伐採されたわけですが、いったいいくら払ったのでしょうね。

ドラマの内容はともかく、本当にこの木を50年寝かせて、能舞台に使ってくれたら本当に素晴らしいと思いました。

樹齢300年のヒノキを伐採したのは良かったのですが、問題が1つありました。

伐採するのは貯蔵してからではないのか?と思ったが、そんな心配は無用だった。

問題は一瞬にして解決した。モネはハザードマップで被害のない場所を見つけ、祠に目をつけた。

祠が実際に現場で使われるのかどうか。

と思ってしまうほどだ。

周りからのプレッシャーも大きかったと思いますが、50年という長い年月を経て、即決した倉ちゃんもすごいですよね やっぱり…保管場所は解決して、あとはモネの問題が残っている。

私は、この問題を解決することができました。私は、この問題を解決することができると確信しています。

 

 

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第11週目第66話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。