マー姉ちゃん第72話のネタバレあらすじ!連載を辞める

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」12週目第72話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

マー姉ちゃんの第71話「最終話」では、10年続いた「のらくろ」最終話が載った少年倶楽部をマチ子が細谷から受け取るストーリーでした。

マー姉ちゃんの第72話「連載を辞める」では、マチ子が、軍の言いなりになる前に、少女倶楽部の連載を辞めると言いだすストーリーとなっています。

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年6月23日(土)放送
第12週

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第72話のネタバレあらすじ

ここからは、6月23日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第72話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

磯野マリ子(熊谷真実)は、出征した新八郎に送るための写真を撮ってほしいと三郷に頼む。
三郷智正(山口崇)は、快くそれを引き受けた。
一方、磯野マチ子(田中裕子)は、田河邸を訪ねていた。
マチ子は田河に、「少女倶楽部」の連載を辞めようと思っていることを告白する。
陽談社をはじめ、各雑誌社にただ楽しいだけの漫画ではいけないと軍からお達しが届いていて、いつか軍の言いなりになる時が来る前に辞めようと考えていたのだ。
それから数日後、細谷がマチ子への仕事を持って磯野家にやってきた。
細谷は、お姉さんのすねかじりではいけないと、別の仕事をもってきてくれたのだ。
そして、1941年12月。
真珠湾攻撃を皮切りに、日本はついにアメリカ、イギリスと戦争を始めることとなる。
ラジオでは、戦争に勝利したかのようなニュースが続き、タマは大喜びするが、マリ子は出征した人たちのことが心配になり泣き出してしまった。

 

ここまでが、6月23日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第72話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第73話のあらすじを知りたい方は、第73話『面会』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第72話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第72話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第72話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

 

 

 

 

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第12週目第72話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。