カーネーション第134話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「カーネーション」23週目第134話のあらすじのネタバレや、カーネーションと原作の比較、感想をまとめています。

カーネーションの第133話「」では、ストーリーでした。

カーネーションの第134話「」では、ストーリーとなっています。

朝ドラ『カーネーション』
2021年9月27日(月)放送
第23週サブタイトル『宣言』

カーネーションの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「カーネーション」を見逃した方は、「カーネーション(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『カーネーション』第134話のネタバレあらすじ

ここからは、9月27日に放送された朝ドラ「カーネーション」第134話のあらすじをまとめたネタバレです。

カーネーション134話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

1986年1月。

譲と栄之助は、春光商事からアパレル担当の高山守という人を連れてきた。

アパレル担当の栄之助が言うには、このスーツは素晴らしく、サンプルを持って取引先を回ると、1週間で半分くらい売れてしまったという。

デザイン性が高く、スマートでスタイリッシュ、しかも着心地がいい。

シルバーマーケット向けの商品開発を任されていた守がサンプルを借りて営業回りをしたところ、残りの半分もすぐに売れてしまい、生地を輸入して増産することになった。

糸子はそんな3人を見て笑いながら、譲と栄之助に「糸子の作るような服をお客さんがすごく欲しがっているから、自分のブランドを立ち上げてみたら」と言う。

昨年、母を亡くした譲は、ようやく本気で頑張らなければならないと思うようになったという。

糸子の話を聞いて、生地屋さんも勉強して新しいビジネスを見つけようと言う。

糸子は、結弦が言った「攻撃は最大の防御」という言葉が好きだ。

前向きに考えようと言われた糸子は、梨花にうなぎの特大サイズを4つ注文するように言う。

糸子は、それはいい考えだ、とても理にかなっている、自分たちが思っていたほどバカではないと理解した、と言う。

糸子が初めて店を開いてから50年が経っていたが、そのうちの10年は戦争のために自由に服を作ることができず、ようやく戦争が終わると既製服が出回るようになり、オーダーメイドは時代遅れの産業になっていた。

いつ仕事を辞めて既製服に切り替えるのかと聞かれるたびに考えていたが、ある日、一生オーダーメイドだけをやっていこうと決めた。

譲がその理由を尋ねると、糸子は「決心したからでしょう」と答える。

最後の1人になっても、オーダーメイド職人としての決意を示し続けると言う糸子に、3人は「決意を示す必要はない」「誰も見ていない」「捨てて新しいブランドを立ち上げればいい」と言うのだった。

糸子は怒って、梨花にうなぎをキャンセルするように言う。

糸子は、話をするな、早く食べて帰れと言う。

食べ終わった後、彼女は彼らにハンドボールを投げつけて怖がらせ、彼らを帰してしまう。

栄之助が戻ってきて「万が一、気が変わったら…」と言うが、糸子は「絶対に気が変わらない」と言ってお玉を投げつける。

糸子が「最近の若い男はぬるぬるしていて留め具ができない」と愚痴っていると、高江が店に戻ってきて、譲たちから受け取ったという封筒を渡す。

中には、ハート型の紙に「でも、信じてくれる? が書かれていた。

糸子はその紙を丸めてゴミ箱に捨てながら、声を張り上げる。

ミシンを踏んだ糸子は、自分のデザインが外で好評だったこと、若い人たちが熱心に誘ってくれたことを実感し、気持ちが高揚した。

奈緒子は、電話で「スーツが95着、18万円分売れた」と聞いて驚いた。

18万のスーツが95着売れたと電話で聞いて、直子は驚く。

直子は、自分の店で高齢者向けの何かをやろうと思っていると言うが、糸子は急にやってもダメだと言い、自分は高齢者向けの服の着せ方、見せ方、売り方を知っていると言う。

“Itoko “は、お年寄りのための服の着せ方、見せ方、売り方を知っていると言います。

直子は、オハリトコでシルバーのブランドを立ち上げるのは、自分たちはいいことだと言うが、糸子にはやめておけと言う。

直子は、プレタポルテは本当に大変な仕事で、糸子の年齢では無理だと言う。

夕食の後、糸子は梨花に後片付けを頼む。

里香は、「今日は糸子の夜だから」と言うが、糸子は「いつもより疲れているのがわからない」「若いんだから、たまには「代わってあげる」くらい言ってもいいんじゃないの」と言う。

糸子は2階に上がって風呂に入る。

年寄りはつらいよ。

本当はご機嫌でいたいのに、体が許してくれないのだ。

膝は痛いし、腰は痛いし、手すりを頼りに階段を登ると体が重くなる。

糸子は階段を登ったが、手すりを外して階段から落ちてしまった。

しかし、彼女は手すりを外して階段から落ちてしまう。

驚いた梨花は現場に駆けつけ、救急車を呼ぶ。

ここまでが、9月27日に放送された朝ドラ「カーネーション」第134話のあらすじのネタバレです。

カーネーション第135話のあらすじを知りたい方は、第135話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「カーネーション」第134話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「カーネーション」第134話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

カーネーション134話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「カーネーション」第23週目第134話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。