カーネーション第137話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「カーネーション」23週目第137話のあらすじのネタバレや、カーネーションと原作の比較、感想をまとめています。

カーネーションの第136話「」では、ストーリーでした。

カーネーションの第137話「」では、ストーリーとなっています。

朝ドラ『カーネーション』
2021年9月30日(木)放送
第23週サブタイトル『宣言』

カーネーションの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「カーネーション」を見逃した方は、「カーネーション(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『カーネーション』第137話のネタバレあらすじ

ここからは、9月30日に放送された朝ドラ「カーネーション」第137話のあらすじをまとめたネタバレです。

カーネーション137話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

糸子は高江と水野に、これからは彼女たちの手伝いは一切しなくていいが、新ブランドの立ち上げを一からやり直さなければならないと言う。

慣れないことだし、立ち上げるのは大変だけど、なんとかついてきてほしい」と頼まれ、高江は「彼女がそう決めたのなら、できる限りのことをします」と答える。

糸子は、雅子と松田のことを思い出し、2人は最近のこののんびりした店しか知らないが、昔は声を荒げて文句を言っていたことを思い出すという。

糸子のことを心から尊敬しているという高江は、黙ってついていくと言うが…。

糸子が譲たちとデザインについて話していると、守が高江に「オーダーメイドと違って、プレタポルテは儲かるまでに時間がかかる」とイライラしながら説明しているのが聞こえてくる。

月末に支払うのではなく、銀行からの融資が必要なこと、借金をしなくても10日以降の翌月末に生地屋さんに支払ってもらえばいいことを守が説明しても、高江は要領を得ない。

守がため息をついて舌打ちをすると、高江はそれを見逃さずにつかみかかる。

衛がため息をついて舌打ちをすると、高江はそれを見逃さずに掴みます。

高江は糸子に、新しいことを言われてもついていけないと泣きつきます。

糸子は、守にまた厳しいことを言ったのかと問いかけ、暴言を吐くなとたしなめる。

高江はそんな守を睨みながら、「前のままの方が良かった」「こんなに嫌な思いをしたことはない」「前のような平和な店に戻りたい」と言う。

水野は我慢強い人で、頼りになることがわかった。

まだ守と話していた高江は、書類を投げつけて泣き出してしまった。

糸子は、仕事なんだから歯を食いしばれと叱った。

買い物から帰ってきた理香。

正志が自転車で後ろから乗ってきて、梨花の服装を見て驚く。

正志は買い物袋を自転車のカゴに入れて歩き出す。

糸子は直子に電話をかけ、ベッドが邪魔なので返してほしいと言う。

里香は夕食の準備をしている。

守は高江に、販売網の構築や優良な縫製工場の確保には、社会的信用が最も重要であり、信用を得るためには、まず資産と優れた組織が必要だと説く。

デザインを絞り込んでいた糸子は、栄之助に意見を求めるが、栄之助は「バカじゃないの」と一刀両断する。

夕食は、梨花が作ったカレーライスを3人が美味しそうに食べているのを見て、梨花が嬉しそうにしています。

3人が美味しそうに食べているのを見て、梨花は嬉しそうにする。

糸子は、ただのカレーだからそんなに失敗はしないだろうと言うが、高江はそれでもその腕前を褒める。

糸子は、汗をかきながら食べ終わった水野のために、おかわりを持ってくるように梨花に言う。

梨花の姿を見て、糸子は笑顔になる。

食後、梨花は食器を洗う。

衛は高江に、企画を立てるためにはあらゆる情報が必要であり、さらに人脈も必要だと言う。

衛は「誰も企画を担当しろとは言っていない」と言い、高江は「自分には人脈がない」と答える。

“誰もあなたに企画や仕入れを担当してほしいとは思っていない “という守の言葉に、「えっ!?高江は声を荒げる。

糸子は隣のテーブルの状況を気にしながら、譲たちとの打ち合わせを続ける。

その日の夜。

糸子は栄之助が持ってきた柄物の生地をドレスに使うことにする。

水野は「前回とは違う柄だから簡単には合わせられない」、譲は「計算が複雑になる」と言うが、糸子は「この柄は面白い」と言う。

でも、糸子は「このパターンは面白い、すごくいい」と言う。

でも、糸子は「このパターンは面白い。

若い人たちが無理だと思っていることができないと、年を取った意味がないじゃないか」と。

糸子は、水野と一緒に徹夜で生地を体に当てたり、柄を合わせたりしている。

机の上では理香が居眠りをしている。

糸子は柄を合わせてほっとしたのも束の間、めまいを起こしてつまずいてしまう。

何かの音で目を覚ました梨花が糸子に近づく。

梨花は何かの音で目を覚まし、糸子に近づく。

糸子は「めまいがするだけ」と言うが、その場で倒れてしまい、水野が2階に運ぶ。

水野は彼女を2階に運ぶ。

“君は調子に乗って無理をしている。

家族に何度叱られたか分からない。

糸子は自分の布団に寝かされ、枕頭の梨花に優子たちには言わないように言った。

周りは隠せても、体は隠せなかった。

翌朝、体の痛みで目を覚ました糸子は、仏壇を開ける。

翌朝、痛みで目が覚めた糸子は仏壇を開く。

その通りだ」と言って、仏壇に手を合わせる。

衛は、そろそろ宣伝の準備をしようと提案する。

衛は、そのために

ここまでが、9月30日に放送された朝ドラ「カーネーション」第137話のあらすじのネタバレです。

カーネーション第138話のあらすじを知りたい方は、第138話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「カーネーション」第137話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「カーネーション」第137話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

カーネーション137話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「カーネーション」第23週目第137話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。