カーネーション第58話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「カーネーション」10週目第58話のあらすじのネタバレや、カーネーションと原作の比較、感想をまとめています。

カーネーションの第57話「」では、ストーリーでした。

カーネーションの第58話「」では、ストーリーとなっています。

朝ドラ『カーネーション』
2021年6月30日(水)放送
第10週サブタイトル『秘密』

カーネーションの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「カーネーション」を見逃した方は、「カーネーション(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『カーネーション』第58話のネタバレあらすじ

ここからは、6月30日に放送された朝ドラ「カーネーション」第58話のあらすじをまとめたネタバレです。

カーネーション58話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

ようやく届いた赤い紙に勝が署名・捺印する。

上から降りてきた春は、勝の様子を見て、うつむいてしまう。

千代は仕事を休んだ方がいいのではないかと心配するが、糸子はいつも通り店を開けてくれた方が気が楽だと答える。

戦後5日目、勝は今晩、実家に戻って親戚を訪ねる予定だった。

優子は勝がどこかに行くのかと聞くが、糸子は戦争に行くのだと言う。

糸子は、自分も戦争に行くのだと告げる。

千代は泣き出してしまうが、糸子は優子が見ていると言って安心させる。

勝は実家に行く。

見送る糸子は、何か買ってくるものはないかと尋ねるが、勝は休暇ではないと笑う。

明後日には戻ってくると約束して去っていく勝。

店内はいつものように混雑していたが、何も考えなくていいのが救いだった。

正一と勇が店にやってくる。

二人は糸子の結婚式以来、8年ぶりの再会だ。

勇は商社の駐在員としてセレベスに行っていたが、会社が倒産してしまい、父親の会社を手伝っていたのだ。

正一は自分が軍服屋になったことを自嘲している。

糸子は、勝の話を聞いて祖父の清三郎が糸子を心配していたと聞き、「大丈夫だと言ってくれ」と頼むのだった。

彼が出征する前の日。

糸子は勝にバリカンで髪を切ってあげる。

その夜、家族と店の子供たちのためにささやかなパーティーが開かれる。

優子は短くなった勝の頭に触れ、直子はそれを遠巻きに見ている。

世の中は食糧不足で大騒ぎだったが、お金と引き換えに食べ物を置いていってくれたお客さんのおかげで、不足することはなかったというわけだ。

出てきたカツに皆が歓声を上げる。

ここまでが、6月30日に放送された朝ドラ「カーネーション」第58話のあらすじのネタバレです。

カーネーション第59話のあらすじを知りたい方は、第59話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「カーネーション」第58話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「カーネーション」第58話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

カーネーション58話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「カーネーション」第10週目第58話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。