カーネーション第82話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「カーネーション」14週目第82話のあらすじのネタバレや、カーネーションと原作の比較、感想をまとめています。

カーネーションの第81話「」では、ストーリーでした。

カーネーションの第82話「」では、ストーリーとなっています。

朝ドラ『カーネーション』
2021年7月28日(水)放送
第14週サブタイトル『明るい未来』

カーネーションの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「カーネーション」を見逃した方は、「カーネーション(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『カーネーション』第82話のネタバレあらすじ

ここからは、7月28日に放送された朝ドラ「カーネーション」第82話のあらすじをまとめたネタバレです。

カーネーション82話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

1946年7月。

ハルの死後すぐに、清子の結婚話がまとまった。

水玉模様のドレスを着た清子は、善作、ハル、カツの遺影に手を合わせ、千代と一緒に出かける。

水玉模様のドレスはよく売れ、糸子は夏の間、朝から晩までこのドレスだけを縫っていた。

そんなある日、松田恵と名乗る丸い眼鏡をかけた男がやってくる。

糸子は彼を見て女性だと思い、驚く。

妹たちが結婚するとお針子が足りなくなるので、簿記の専門家を雇うことにしたのだ。

出征前に心斎橋の浪速洋服店で経理や社長秘書をしていた松田は、人脈を持っているという。

糸子から「いい人を紹介してほしい」と頼まれた千代は、結婚話と勘違いして話を始める。

松田は、泉州織物商業組合を知っているかと尋ね、一度訪ねてみてはどうかと提案する。

そう言われた糸子は、事務所に連絡して行ってみる。

事務所の人に聞くと、近くのレストランで月例会をやっているという。

泉州織物商業組合の名前を聞いて、糸子は想像した。

ここまでが、7月28日に放送された朝ドラ「カーネーション」第82話のあらすじのネタバレです。

カーネーション第83話のあらすじを知りたい方は、第83話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「カーネーション」第82話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「カーネーション」第82話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

カーネーション82話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「カーネーション」第14週目第82話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。