ふたりっ子第47話のネタバレあらすじ!婚約を白紙

こちらでは、朝ドラ「ふたりっ子」8週目第47話のあらすじのネタバレや、ふたりっ子と原作の比較、感想をまとめています。

ふたりっ子の第46話「麗子をよろしく」では、光一が壮平に、麗子をよろしくお願いしますと頭を下げるストーリーでした。

ふたりっ子の第47話「婚約を白紙」では、壮平が麗子との婚約を白紙に戻してほしいといいだすストーリーとなっています。

朝ドラ『ふたりっ子』
1996年11月29日(金)放送

ふたりっ子の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「ふたりっ子」を見逃した方は、「ふたりっ子(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『ふたりっ子』第47話のネタバレあらすじ

ここからは、11月29日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第47話のあらすじをまとめたネタバレです。

芦屋

一か月ぶりに再会した麗子と壮平。
香子から電話があり、すでに壮平が実家にいったことを知る麗子。
麗子は壮平が何をしゃべるのか緊張しながら待っていると、ついに壮平が口を開く。
壮平は、家柄がどうのこうではなく、実家を嫌い嘘で固めた麗子に対して許せないという。
麗子は、もう一度チャンスをちょうだいと必死にすがるが、壮平は、一緒に生きていく決心がつかないといい去っていった。

自暴自棄

ショックで自暴自棄になった麗子は、マサを呼び出して一日中ひっぱり回した。

相変わらずマサには冷たい態度を取る麗子だったが、別かれる際に「今日はありがとう」と感謝の言葉を口にした。

マサと別れてから麗子は史郎を見つける。

そして、史郎に見つからないように後をつけた。

ここまでが、11月29日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第47話のあらすじのネタバレです。

ふたりっ子第48話のあらすじを知りたい方は、第48話『史郎を誘惑』へ読み進めてください。

朝ドラ「ふたりっ子」第47話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「ふたりっ子」第47話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

ふたりっ子47話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「ふたりっ子」第8週目第47話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。