マー姉ちゃん第131話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」22週目第131話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年8月31日(金)放送
第22週サブタイトル『』

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第131話のネタバレあらすじ

ここからは、8月31日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第131話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

 

 

ここまでが、8月31日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第131話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第132話のあらすじを知りたい方は、第132話『』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第131話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第131話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第131話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

 

もう中に入っています。朝から驚いています! まさか出演するとは思っていませんでしたが、知らなかったのでびっくりしました。

雰囲気はももクロのままでしたが、内容は宇宙天気のようなシリアスなものでした。プレゼンの仕方が自分の話の延長線上にあるような感じで、すごく気になりました。そして、もう一つのイベント、キーハンディング! 私は、「鍵を渡すのはまだ早いのでは?鍵を渡すのはまだ早いのではないかと思ったのですが、そういえば今年のクリスマスに二人が連絡を取り合ってからかなり時間が経っていることに気づきました。ちょっと野暮な質問ですが、お二人はもうコミュニケーションをとっているんですよね?まだ小学生のカップルではないですよね?と言われてしまいそうですが、そんなことはありません。

頼れるのは妹のモネちゃんだけです。いよいよみーちゃんが八つ当たりを始めますが、それは小学生の八つ当たりに近いものがあります。

みーちゃんがりょうちんを好きなのはわかりますが、りょうちんの気持ちを一番理解しているのは自分だと思っているようです。

遠くから見ていても、視聴者でも彼女の気持ちはわかりますし、2人だけで話すシーンもそんなに多くないので、情報量はあまり変わりませんよね?それに、彼女が率先して彼を解放していたわけではなく、彼が話しかけてくるのを待っていただけなんです。

それなのに、モモンに八つ当たりするのは、ちょっと見当違いだったのではないでしょうか?正直なところ、少し間違っていると思いました。

その点、すーちゃんはとても大人でした。

自分の本音を話してくれるのは百音だけだということを知っていて、それを知り尽くしているからこそ、冗談を言って笑い続けていた。

最初の頃は、ノーテンキな女の子だと思っていて、上京してもノリノリだと思っていたことを謝りました。お前はダメな奴だと思っていたことを謝ります。モモンが出かけた後、菅波先生がやってきた。

モモンが出て行った後、菅波先生が来ました。

二人を別れさせようとしたのか、それとも男を追いかけている妹を陥れようとしたのか…。これは本当に許せません。!!!! どうしたらいいのかわからないけど、私だけではないはず。久々に振り返らない日が来たなー。まあ、1週間か2週間ぶりかな?今日は出演者がかなり多く、盛りだくさんだったからだと思いますが、内容が詰まっている方が盛り上がりますよね?

と思っていたのですが、実際に見てみると、そのようなことはありませんでした。

私がここに来たのは、その理由を理解してもらうためだと思っています。

それでも無事に乗り切れた感があり、おじいちゃんはモネに感謝していた。

また、コウジはシンジにボートを動かすのを手伝ってほしいと言っていたが、シンジがいなくてもできたのではないかと、少し戸惑っていた。

台風が来ることはわかっていたので、真治がいなくてもみんなで計画を立ててやっていくことができたのかなと思った。

あっという間に初日が終わってしまいました。そして今回は、見送りもせずに一気に登米に戻ってきました。

実家ではもう少し話をしたかったのですが、社会人は忙しいのはわかります。

あっという間に過ぎたお正月休みだけでなく、気象予報士の試験もありました。

気象予報士試験では、気象予報士の資格を取得することができます。

最近では、朝ドラ「エール」で、音さんがすごい勢いで役に抜擢されるシーンがありましたが、それについても批判的な意見が多かったですね。

百音の奇跡は試験を受けた後に起こるのではないかと感じていましたが、おそらく合格しなかったのでしょうね。

もし彼女が合格していたら、「気象予報士の試験を甘く見すぎている」というクレームが来ていたかもしれません。

喘息のせいなのか、雰囲気のせいなのかはわかりませんが。

雰囲気的に喘息ではないかもしれないと気づいたのかどうかはわかりませんが、最後には死んだ姿を見せることになるのではないかと思っています。

でも、年寄りだからテーブルと椅子はいらないという理由でキャンセルするなら、ちゃんとキャンセル料を払っているんでしょうね?森林組合の人たちは困った顔をしていたので、キャンセル料はもらえなかったような気がするが、一方的にキャンセルするのなら、それなりのお金を払うべきだ。

モネは土産物港に着いた。

お土産を買おうと思って酒屋に行ったら、りょうちんにばったり会った。

りょーちんに会うためにお土産を買うんだなー。ということを言いたかったのだろうが、手に牡蠣を持っている以上、酒を全部持って帰るわけにはいかないだろう。父親の断酒とお土産を結びつけるのは、ちょっと強引だと思いますよ それにしても、涼ちんは大変だっただろう。

わざわざ酒屋に頭を下げて、水を詰めて渡してくれと頼んだのだから。

りょーちんのシーンは、なんとアバンで3分を超えてしまいました。私が見たのは

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第22週目第131話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。