マー姉ちゃん第135話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」23週目第135話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年9月5日(水)放送
第23週サブタイトル『』

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第135話のネタバレあらすじ

ここからは、9月5日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第135話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

 

 

ここまでが、9月5日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第135話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第136話のあらすじを知りたい方は、第136話『』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第135話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第135話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第135話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

不穏な電話 夜中に電話がかかってくるのは決して良いことではありません。

夜中に電話がかかってきたら、きっと誰か死んでしまったのではないかと思ってしまうだろう。

涼ちんがいなくなったという電話だったが、モネはちゃんとみーちゃんに伝えていて、さすがお姉ちゃんだなと思った。

りょうちんがいなくなったのは、おばあちゃんが長浦家に来たときのことも理由になっていました。

おばあちゃんが渡した封筒の中から死亡診断書がチラッと見えたのです。

それだけで、すべてを悟ってしまったんですね。

行方不明者の死亡届を出して、供養までしてあげようと思ったのだろう。

これは、震災後からずっと続いていることですよね。

今でも行方不明の人がいるのに、死の報告をして区切りをつけている人がいるのかと思うと、痛々しい光景でした。

しかし、私はどうしてもシンジには少し乱暴な言い方をしてしまいます。

最愛の妻を失った気持ちはわかるが、息子の良純が一生懸命働いているのに、良純のために立ち直りたいとは思わないのだろうか。それで涼ちんが自殺してしまったら、後悔しか残らないじゃないですか。真司の気持ちはわからないでもないけど、親の役割は子供のために生きること。

涼ちんのことが心配で電話をすると、回線が切断されていた。

百音が電話をすると、彼は電話に出ます。

彼女の気持ちを考えると、どうしても気の毒になってしまう。

そして、スピーカーフォンでモネしか話せないと聞くと、「なんでお姉ちゃんなんだよ!」と思わずにはいられません。なぜ妹なんだ!と思わずにはいられません。

でも、最後に服を投げつけたところは、ちょっと許せない。人の気持ちはコントロールできるものではありません。

りょーちんがモネのことを好きでも、モネがコントロールできるものではありません。

アバンチュールがないここ数日、ほとんどアバンチュールがない状態でスタートしています。

それは情報量が多いということでしょうか?基本的にアバンなしは、深刻な状況や重苦しい雰囲気の時によく見られる光景ですが、今日はまた災害の話なので、そのせいでアバンなしになっているのかもしれません。

リードタイム久しぶりにリードタイムを見ました。

これは朝岡さんが登米に来たときに話していた言葉ですが、今回のポイントはこの時間を使ってどうコミュニケーションをとるかということでした。

確かに台風の日は、本当に雨が降るのではないかと感じることが多いですね。

朝出るときには、寝ている間に何事もなかったかのように通り過ぎてしまうほどの大雨が降ることもありますから、大雨で動けなくなると言われても、そう簡単には避難しようとは思わないものです。

特に私の住んでいる地域では、洪水の心配はほとんどないので、「本人が気をつけていれば大丈夫」と思って、家にいることが多いですね。

人によって危険の感じ方が違うので、ニュースをどう報道すべきかは本当に難しいと思います。

今日の放送では、いつものように振り返りのシーンから始まりましたが、振り返りばかりでSNSが荒れているようですね。

で、どのくらい前のことを振り返るんですか?昨日ならまだしも、週の初め?先週?振り返ることが多いですねー。奈津はちょっと押しが強いかなと思っていたのですが、予想通りの展開になりましたね。

やっぱり奈津さんの「間」は、事後報告のサインだったんですね。もう回想シーンはいらないから、早く他の住人のことを教えてくれよ!」と。

宇田川さんといえば、朝ドラ「花子とアン」の宇田川光代先生でしょう!?確かに、今はドラマが再放送されているので、リアルタイムで起こっているように見えますが、もし彼女が文章を書いたりしていたら、まさに宇田川さんそのものです。そして、もし彼女が迷惑なライターだったら、光代さんにそっくりだ! そもそも、隠す必要があったのかな?というか、最初は住民を探していたのでは?一人くらいいてもおかしくないですよね。

しかし、見知らぬ二人の娘の面倒を見ているのに、口外しないのはどうかと思いますが…。今日のプレゼント、フラグコレクションがありますね まず、夏がこっそり描いていた絵。

その話をしていいのかどうかはわかりませんが、「これはいいんじゃない?なんて思っていました。でも、入居日にあのサイズの絵を渡されても、どうしようもなくて…。結局、宇田川さんのお顔を拝見することはできませんでしたが、今後もきっと出てこないでしょうね。

おかえりなさいモネ!そしてもう一つ、タイトルの回収です。見事に、橋を渡って気仙沼に戻ってきました まさに「おかえりモネ」w 2019年11月に気仙沼に戻ってきたモネだが、これから数ヶ月間はコロナの災害が現実にやってくるだろう。

2年後には結果を出さなければならないので、彼女はイ

 

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第23週目第135話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。