マー姉ちゃん第135話のネタバレあらすじ!同窓会

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」23週目第135話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

マー姉ちゃんの第134話「3巻目」では、ウラマド姉妹の家を買うために、はるが、サザエさんの3巻目を出すよう命じるストーリーでした。

マー姉ちゃんの第135話「同窓会」では、久々に田河邸で同窓会が開かれるストーリーとなっています。

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年9月5日(水)放送
第23週

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第135話のネタバレあらすじ

ここからは、9月5日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第135話のあらすじをまとめたネタバレです。

マー姉ちゃん135話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

昭和25年。
ある日、大宗が磯野家にやってきた。
応対した道子が大宗を応接間に案内する。
買い取った前島家を応接間として利用しており、待っているとマリ子と磯野マチ子(田中裕子)がやってきた。
大宗は、下宿のおばさんから頼まれてマチ子のサインをもらいにきたことを話すと、いやがるマチ子に磯野マリ子(熊谷真実)はそのぐらい書いてあげなさいと口にした。
マチ子のサザエさんは、去年から毎朝新聞の夕刊に連載されたこともあり、日本全国で見られるようになった。
そのため、マチ子は有名人で、サインをもらいにくる人も少なくないのだ。
サインをもらうと、本日の大テーマといって、あることを伝えに来た。
それは、細谷君が東京にでてくることになり、それをいい機会だと田河水泡(愛川欽也)が、同窓会をしたいという話になっていることを話す。
それを聞いた、マリ子とマチ子はもちろん賛成。
こうして7年ぶりに懐かしい顔が揃い、田河邸で同窓会がとりおこなわれた。

 

ここまでが、9月5日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第135話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第136話のあらすじを知りたい方は、第136話『話に花が咲く』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第135話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第135話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第135話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第23週目第135話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。