マー姉ちゃん第134話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」23週目第134話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年9月4日(火)放送
第23週サブタイトル『』

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第134話のネタバレあらすじ

ここからは、9月4日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第134話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

 

ここまでが、9月4日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第134話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第135話のあらすじを知りたい方は、第135話『』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第134話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第134話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第134話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

プランB鮫島は、風が吹いたらプランBに切り替えました。

それからは、風に乗ってタイムがぐんぐん伸びていき、絶好調になりました その様子を見ていた内田は、「最後に必要なのは根性だ」と言っていた。そもそも人間力とは何かを調べてみると、「社会の中で生きていく力」「人間が持っている力」「総合的な力」とありました。

そこで、「人間力」を「根性」と解釈したのですが、これはいい意味での「根性」です。

その上で、自分はド根性だと思っていますw 信じていました!w そしてついに、鮫島さんは念願の強化選手に選ばれた。

本人は最初からプランBで行くつもりだったと言っていましたが、実際に桃音から感動を伝えられた時に喜んでいたのはどういうことでしょうか?結果が出れば嬉しいだけで、こじつけでも何でもいいと思っているんだろうけど、怒っていても全然嬉しそうじゃなかったよ。昨日から、「風が吹いている」という言葉を誰が書いたのかという噂がありました。今日、それがわかりました! みんなの予想通り、宇田川さんでした~!あの文字を見た瞬間、絶対に宇田川さんが書いたものだと思いました。宇田川さんが書いた手紙を見た瞬間、間違いなく宇田川さんが書いたものだと思いました。お医者さんは今でもステータスが高いと言われていますが、東京のお医者さんはもっとお金持ちだと思われているのでしょうか?あと、モネに彼氏がいると聞いたとき、どっちかわからない絶妙な表情をしていたのがとても印象に残っています。

それってやっぱりモネのことが好きってことなのかな?と思っていたのですが、実際にはそうではありませんでした。

よくわからないんだけど。お坊さんも来ていたということは、たぶん南さんの供養のつもりだったのでしょうが、最後に涼ちんが東京に来たということは、何もかもが嫌になったということなのでしょうね。

多分、シンジが死んだことを認めたくないというか、嫌な予感がしてきたんじゃないかと思っています。

本当はりょうちんが苦しむことが目的なんだから、りょうちんには幸せになってほしい、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、。モモンと先生が会うことになったことを知ったすーちゃん。

今回ばかりは、彼女の言い分に賛同します。!!!! 気持ちを伝えないというのはどういうこと?相手が告白してくるのを待つパターンなのか、それとも恋をする必要がないパターンなのか。

それとも、軽い気持ちで行ってしまい、結局、童貞を捨ててしまうのかな?と思っていたのですが、それは間違いでした。

何もしていないのに、「何かしなければ!」という気持ちに縛られすぎていると。彼女の感情や行動が少し独りよがりに見えてしまったのが残念だと思います。なぜ髪を切ったのか!?そして、もうひとつ。もうひとつ気になったのは、三成の断髪式です。

お寺を継ぐのはいいのですが、断髪式でのそれぞれの気持ちがよくわからず、ただの断髪式の話になってしまいました。

父親も感動的な話し方をしていないし、何をしようとしているのかよくわからなかった。

おじいちゃんとは?モネはやっと東京に着いた。

彼は宿を見つけずに森林組合を辞めてしまったようです。

しかも、仕事を見つけずに森林組合を辞めたようだ。

おじいちゃんの紹介で宿を見つけて、森林組合を辞める直前に東京に行くことを伝えたそうですね。彼は本当に何も考えずに無茶をしていたのでしょうか?シェアハウスと下宿は、銭湯とシェアハウスが半々でした。

会社だけでは話が膨らまないので、シェアハウスの住人と何かが起こるパターンでしょうか。まるで、ちゅらさんみたいですね(笑)。ちゅらさんは住人同士が結婚するなど、面白い展開が多かったのですが、今後はスピンオフの話も入れてくるのかなと楽しみにしています 信じられない展開!?会社の様子を見に行ったら、テレビ局に潜入していた。

ドラマや漫画ではよくあるパターンだが、現実にこんなことが可能なのだろうか。仮に4人体制の契約であっても、それは有資格者の頭数に過ぎない。

クライアントから見れば、大した戦力にはならないし、ましてやアルバイトではない。

気象予報士の仕事の内容をまだ知らないので何とも言えませんが、4人体制の必要性は今後明らかになってくるでしょう。

人数が増えれば、意見の対立もあるだろうし、これまでの温かみのある雰囲気とは変わってくるかもしれない。

持久戦では、モネ・ガリンチンを見つけて喫茶店に入った。

どんな会話をしていたかというと、それは、りょうちんの想像の中にあったのです 私が寝てしまうとすぐに「寝ないでください」と言われました。

“これは何かのフラグですか?それよりも、喫茶店の営業が気になります。

私がいない喫茶店の名前も気になります。

 

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第23週目第134話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。