マー姉ちゃん第25話のネタバレあらすじ!画塾

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」5週目第25話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

マー姉ちゃんの第24話「勘違い」では、誘拐犯と間違えてヨウ子と一緒に現れた三郷に大造がとびかかるストーリーでした。

マー姉ちゃんの第25話「画塾」では、マリ子が画塾の登校初日を迎えるストーリーとなっています。

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年4月30日(月)放送
第5週

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第25話のネタバレあらすじ

ここからは、4月30日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第25話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

油絵を志すマリ子(熊谷真実)は、画塾の登校初日を迎えた。

画塾につき、校内を案内されたマリ子。

緊張していたのか、校内に置いてあったイーゼルを倒して倒れてしまう。

さらに、ルパシカを着た青年・結城信彦(森田順平)と出合い頭にぶつかり、思わず見とれてしまったマリ子。

マリ子は、その時、心ひかれるものを感じていた。

教室に戻ると、倒したイーゼルの持ち主である喜多川茜(島本須美)から喫茶店に誘われる。

喜多川茜(島本須美)が画塾のたった一人の女性の先輩だった。

茜は、大人の振る舞いをした女性で、彼女が話す内容に魅了されるマリ子は、ここでも失敗してしまう。

家に帰るとマリ子は、茜から聞いた話を、マチ子(田中裕子)に興奮気味に聞かせる。

 

 

ここまでが、4月30日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第25話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第26話のあらすじを知りたい方は、第26話『アトリエ』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第25話の予告感想

マリ子も始動!

朝ドラ「マー姉ちゃん」23・24話では、ヨウ子とマチ子の学校生活がスタートしましたが、25話では、マリ子もまた画塾へ登校スタートしました。
画塾探しは特に予告ではなかったので、もしかしたらすでに福岡にいたころから決まっていたのかもしれませんね。
マリ子も夢に向かって第一歩を進むので、さっそくやらかしまくっていましたねw
まずは校内でイーゼルを倒してしまったこと。
イーゼルってあの画板を置くイーゼルですよね?
美術学校がどうなっているのか分かりませんが、壁にかけてあったのか、それとも画版とともに立ててあったのを誤って倒してしまったのかですが、でっかい失敗とするならば、後者のほうでしょうねw

恋の始まり!

そんなマリ子さんですが、コテコテの恋愛話スタート!?
校舎を案内されていると出合い頭に男との子とぶつかるって少女漫画あるあるじゃないですかw
しかも、思わず見惚れてしまうってこれ恋に発展する確定じゃないですか?
ただ、見惚れているのが青年・信彦なのかというところが、ポイントです。
実は予告では「青年・信彦」だけでなく、「ルパシカを着た青年・信彦」となっています。
ルパシカって何?って調べたらロシアの民族衣装のことでした。
なぜにロシアの民族衣装を着る?
美術大学はそりゃ変わり者も多いので、別におかしくないといえばそうなんですが、もしかしたらそのルパシカに見惚れたということじゃないかと。
そんな可能性を残しながら当日の放送を楽しみにしているw

 

朝ドラ「マー姉ちゃん」第25話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第25話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

情報量が多いということでしょうか。基本的には、深刻な状況や重苦しい雰囲気の中ではアバントがないのが普通ですが、今日はまた災害の話なので、それがアバントがない理由なのかもしれません。

リードタイム久しぶりにリードタイムを見ました。

これは朝岡さんが登米に来たときに話していた言葉ですが、今回のポイントはこの時間を使ってどのようにコミュニケーションをとるかということでした。

確かに台風の日は、本当に雨が降るのではないかと感じることが多いですね。

朝出るときには、寝ている間に何事もなかったかのように通り過ぎてしまうほどの大雨が降ることもありますから、大雨で動けなくなると言われても、そう簡単には避難しようとは思わないものです。

特に私の住んでいる地域では、洪水の心配はほとんどないので、「本人が気をつけていれば大丈夫」と思って、家にいることが多いですね。

人によって危険の感じ方が違うので、ニュースをどのように報道すべきか、本当に難しいと思います。

私は休みの日に登米に来ましたが、娘は休みの日に仕事をしていました。ブラック企業かと思ったら、林間学校でした。

林間学校は土日に行われるのですか?本物の学校かどうかはわかりませんが、本物のようですね。本物の小学校なのかなと。

学校が使われなくなったときに、あんなに走り回って大丈夫なのかなと思いました。スタッフは「楽しんでください」と言っていたのでしょうが、見ている方は大変でしたよ。ちょっと学級崩壊気味だったけど、悪い子はあんまりいなかったみたいだし。

ただ、啓介という子は役名がついているので、今後のキーパーソンになるのでしょうね。私は「組手什」という言葉を見て、「組手汁」と呼んでいました。

じる」という表現が卑猥だと思っているのは私だけでしょうか!?意識しすぎだと言われそうですが、”汁 “って卑猥ですよね(笑)。正しくは「くでじゅう」なので、本来は間違えないんですけどね。感動しました。

私はあなたが自分に合ったものを見つけることができると確信しています。大学受験の失敗と、今日新たに発覚した百音の闇。

大学受験に失敗したようですね~ はっきりとしたことはわかりませんが、家を出たいという悩みは、受験に失敗したことで落ち込んでいるにしては、浅はかすぎます。

思春期の女の子には受験失敗の方が似合うので、大学受験失敗に一票を投じたいと思いますw 浅岡の年齢 昨日、内田刑事のおかげで、浅岡の過去がわかりました。

昨日、内田刑事のおかげで、浅岡の過去を知ることができました。大学時代のマラソン大会で、熱中症で倒れたそうです。

大学4年生の時だったと思いますが、それが23年前ですから、逆算すると今の浅岡さんの年齢は45歳くらいでしょうか?西島秀俊さんの現在の年齢は50歳なので、役柄よりも少し若いですね。

西島秀俊さんの年齢は50歳なので、役柄より少し若いですね。光と闇に分けるとしたら、光は鮫島・神野ペア、闇は桃音・未知子ペアだ。

何かで争えばダブルスコアで負けてしまいますが、2人の光に導かれて成長していこうとしていたのではないでしょうか?自分のために100%頑張る鮫島さんや、常にチャンスをうかがっている神野さんを見ていると、「これでいいんだ」と思えてきます。

鮫島さん、神野さん、ありがとうございました。

皆さんもお気づきだと思いますが、内田は自分の意見をはっきり言う人です。

私はこれをどうしたらいいのかわかりません。今週は彼の拒否で終わってしまいましたが、専属医という触れ込みでしたので、来週は何らかの形で参加するのではないでしょうか。

視聴者としては、登場回数が増えるのは良いことなので歓迎ですが、もう中の人ですからね~。朝からぶっ飛んでいます! まさか出演するとは思っていませんでしたが、出演してくれて、知らなかっただけに驚きました。

雰囲気はももクロのままでしたが、内容は宇宙天気のような真面目なものでした。プレゼンの仕方が自分の話の延長線上にあるような感じで、すごく気になりました。そして、もう一つのイベント、キーハンディング! 私は、「鍵を渡すのはまだ早いのでは?鍵を渡すのはまだ早いのではないかと思ったのですが、そういえば今年のクリスマスに二人が連絡を取り合ってからかなり時間が経っていることに気づきました。ちょっと野暮な質問ですが、お二人はもうコミュニケーションをとっているんですよね?まだ小学生のカップルではないですよね?鍵をもらうのは恋人同士の普通のやりとりですが、この二人の場合、どこまで進んでどこまで進んでいないのかがわからないので、とてもドキドキします。次はみんなを招待して、DJモネになるんだ。次はみんなを呼んでサックスの生演奏をお願いします!」。次はみんなを招待して、サックスの生演奏をお願いします まだまだ修行中とはいえ、ミツオさんはお坊さんになったんですね。

 

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第5週目第25話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。