マー姉ちゃん第27話のネタバレあらすじ!別れ話

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」5週目第27話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

マー姉ちゃんの第26話「アトリエ」では、大造がマリ子のためにアトリエを作ってくれると言い出すストーリーでした。

マー姉ちゃんの第27話「別れ話」では、喫茶店でマリ子が帰った後に、信彦と茜が別れ話を始めるストーリーとなっています。

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年5月2日(水)放送
第5週

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第27話のネタバレあらすじ

ここからは、5月2日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第27話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

一方、マリ子はもう喫茶店には立ち寄らないと決めていたが、信彦(森田順平)に誘われて行ってしまう。

そこへ茜(島本須美)がやってきて3人でお茶をする。

すると、またしてもマリ子がやってしまう。

マリ子が立ち上がった拍子に、ソーダ水を信彦の白い服にかけてしまったのだ。

マリ子はすぐに服を拭き信彦に謝罪した。

マリ子が帰った後、残った信彦と茜(島本須美)は、別れ話を始める。

実は、二人は恋人同士だったのだ。

茜は、信彦にはマリ子のような誠実で素朴な女性がお似合いだと言う。

一方、マリ子が帰宅すると、三郷(山口隆)がミシンと蓄音機を届けに来ていた。

一刻も早く美術学校のアトリエに行きたいマリ子は、早速ブルースを縫い始める。

マチ子(田中裕子)も、密かに三五に頼んでいたものを手に入れた…。

 

ここまでが、5月2日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第27話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第28話のあらすじを知りたい方は、第28話『裸婦像』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第27話の予告感想

まさかの展開!

画塾に通い始めたマリ子。
そこで好意をいだいたのが信彦でしたが、まさか信彦が茜と付き合っていたとは!!!
しかも、別れ話って急な展開にドキドキw
マリ子のような素直で素朴な女性がお似合いだといっちゃうところから、結構強気な女性だと想像ができますが、茜の本心はいかに!ってとこですね。
もしかしたら、あえて別れさせないように強気な発言をしているのかもしれませんね。

ミシンと蓄音機!?

そして、そんなことが展開されているとはまったく知らないマリ子さん。
家にかえるとミシンと蓄音機が届いていましたが、なぜにミシンと蓄音機!?
画塾のアトリエに行きたいからブルーズを縫い始める意図もよく分からないんですけど、、、
そして、そこに新たな人物が登場!
そう我らがマチ子ちゃんですw
マチ子も三郷に密かにお願いしていたものがあるといってたけど、お金どうしてるんでしょうか?
東京来てから散財していなければいいけど、、、

朝ドラ「マー姉ちゃん」第27話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第27話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

コウジがトメにフルートを取りに来たとき、何気なくこのフルートを作ってモモネにプレゼントしたんです。

それがまさかここで活躍するとは!?落ち込んだ時や決心した時に、山頂から笛を吹くシーンがあると思っていたのですが、まさかここで笛が回収されるとは?いやいや、きっとそんなシーンがあるのではないでしょうか?コード・ブルー。ようやく助かった人たち。

きっとそんなシーンがあると思います。

圭介が助かって本当に良かった!」と。おかえりモネ」の前に放送されていた朝ドラ「あぐり」では、ヒロインの夫の名前が「エイスケ」で、彼は自由人なので、エイスケと圭介が似ているんですよね~。と一人で突っ込んでいました。

すると、なんということでしょう。なんと、SNSで同じコメントをしている人がいたのです 同じことを考えている人がいるんだと、ちょっと嬉しくなりました。クレーマーネタかと思いきや、逆になってしまった。

それをどう受け止めればいいのか、よくわかりません。

菅波さんの言葉はキツイですねー。でも、彼の言ったことはごく普通のことです。

プロならきちんと仕事をするべきだというのはわかりますし、「仕事をしているときに見つけたいものがある!」というのが失礼なのもわかります。また、「仕事中に探し物をしたい!」というのが失礼なことだということも理解しています。

しかし、それを面と向かって言うというのは、かなり議論の余地があるのではないでしょうか。そこまでしなくてもと思う人もいれば、親心だと思う人もいる。

どちらの言い分も理解できますが、彼が本当に落ち込んでいないか心配です。今週は何があったのかわかりませんが、総集編が多く、そのほとんどが先日の発言をまとめたようなものでした。

私がこの番組のファンではないからかもしれませんが。朝ドラ「おかえりモネ」第10週、”天気予報は誰のもの?” ハイライトウィークとしましょう 総集編で改めて思ったのは、仙台の天気を地元のテレビ局に知らせないのか?と思ったものです。

でも、そこには気象予報士の方もいらっしゃると思うので、余計なお世話かもしれませんが、全国区のニュースであれば、視聴者の数を考えると黄砂のことを伝えた方が有益だと思います。人形劇の講師が山田はるかさんだと聞いて調べてみたら、Eテレの子供向け番組で活躍している人形劇作家だそうです。

もし、山上さんが人形劇の講師だったら、世間は大騒ぎになっていたでしょうね。テレビを批判すれば、上司に笑顔で挨拶できる。

完全に隠蔽モードに入っているマリアンナさんはすごいですねー。そういう人を八方美人と言うのでしょうが、私はそんなに悪い気はしません。

根っからのいい人だと感じるからだと思いますが、今週は本当にマリアンナの週ですし、浅岡は使命感が強いですからね。

こだわりを持ちたい!」と思っています。正直、視聴者目線ではそこまで考えていないと思っていましたが、どんな世界でも裏で頑張っている人がいるということを忘れてはいけないなと思ったエピソードでした。

お盆とは?お盆ってなんだろうと思っていたら、鐘楼祭のようなものだったんですね。

地域によってやり方が違うのですが、宮城では盆踊りとしてやっていることを初めて知りました。

テレビで紹介される食べ物って、どうしてあんなに食べたくなるんでしょうね。個人的にはキンツバよりもカキを食べたいですね。

そんな家族を夢見ていたが、現実は朝が戦争!?捨て犬のコウジが外に出ると、ミツオとぶつかる。

捨て犬のような目をしていたが、その目を見てしまうと、拾うしかない。耕治もまた、とても面倒見のいい男だ。

でも、話し合いをしたはずなのに、チラッと見られただけなんですよねー。私の場合は、そのようなことはありませんでしたが、このようなことがあったのです。辞めた理由は、母が学校の先生をしていたことを初めて知ったからです。

二人の娘が辞めた理由を推測したところ、答えは「教育委員会とのバトルがあったから」でした 私は、「これはフラグではないか?私は、”これはフラグではないか?”と思いました。でも、彼女が祖母の介護に疲れていたのも、年齢的にも理解できる気がします。

体力の限界!?昔、「体力の限界だ」と言ったお相撲さんがいましたが、その言葉の意味がわかったのは、大人になってからでした。

教育委員会とのバトルの話は発展しないと思いますが、母親の過去の話はそのうち出てくるかもしれませんね…。仙台への帰り道、浩二が待っていた。

私は、その時のことをよく覚えていない。彼が同じように感じていたかどうかは分からない。これからも彼に注目していきたいですね 酎ハイ ああ、シンジ君はよく飲んだみたいだね。

500mlのストロングタイプの酎ハイを何本飲んだのでしょうか?

それもそのはずです。

 

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第5週目第27話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。