マー姉ちゃん第28話のネタバレあらすじ!裸婦像

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」5週目第28話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

マー姉ちゃんの第27話「別れ話」では、喫茶店でマリ子が帰った後に、信彦と茜が別れ話を始めるストーリーでした。

マー姉ちゃんの第28話「裸婦像」では、マリ子が描いた裸婦像を見て茜が見直したストーリーとなっています。

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年5月3日(木)放送
第5週

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第28話のネタバレあらすじ

ここからは、5月3日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第28話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

朝、元気に家を飛び出すマチ子(田中裕子)とヨウ子(平塚正樹)。

二人はいつの間にか東京の生活に慣れ始めていた。

マリ子(熊谷真実)もブルースをリメイクして、憧れの油絵スタジオへ。

ヌードを描いていると、茜(島本須美)からマチ子の絵を見直したことを告げられる。

一方、マチ子は読み終えた漫画を密かに三吉(吉田茂樹)に渡してもらおうとするが、代わりにうめ(鈴木美津江)がお礼を言いに来て、それをはる(藤田弓子)に聞かれてしまう…。

 

ここまでが、5月3日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第28話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第29話のあらすじを知りたい方は、第29話『自分の夢』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第28話の予告感想

心配なかった!

今日もマチ子とヨウ子は、元気いっぱいに学校に向かいました!
笹に元気良く家を飛び出すってことは多分学校だよね?
ハイカラな生徒たちとなじめないとか言ってたけど、やっぱり慣れて気にするほどでもなかったようですね。
転校初日はやっぱり知らない人ばかりで不安になることも多いと思いますが、慣れてくると友達も出来て楽しくなったんでしょうね。
私も同じような経験があるのでその気持ちはよくわかります。

裸婦像!

やっぱりマリ子といえば裸婦像でしょ!
なんといっても金賞を取ったほどの腕前ですからね。
茜さんもマリ子の裸婦像みてさぞビビッたでしょ~w
一応立場は先輩なので、茜のほうが技術あるんでしょうが、賞取ったことあるのでしょうか?
芸術は私にはよく分かりませんが、これで食っていくには認められてナンボの世界だと思うので、何かしらの賞を取っていた方が上という評価ですよねきっと。
朝ドラ「マー姉ちゃん」は画家になることがメインストーリーではないので、そっちに走るような内容ではないと思いますけれども、二人のバチバチの関係というのもちょっと見てみたい気もしますw

ハルにばれる!

マチ子が昨日からこそこそと何かをやっているようでしたが、それがハルに見つかりました!
これは面白い展開になること間違いなしですw
今度はどんなとんでもないことを言い出すのかハラハラしますが、一悶着あることは間違いない!

朝ドラ「マー姉ちゃん」第28話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第28話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

今週はみーちゃんが主役!?そんなみーちゃんに憧れてか、百音も頑張ろうとしますが、みーちゃんはちょっとかっこよすぎます。同じく迷える子羊の三成は、みーちゃんに圧倒されます。

お父さんがスクーターで通り過ぎるときに隠れていましたが、お坊さんはこの時期とても忙しく、息子の心配をしている暇がないような気がします。

こういったものにはお金がかかるものだと思いますが、彼女の給料はいくらだったのでしょうか?と思っていたのですが、これは私だけではなかったようです。かっこいい言葉なんだけど、満男さんが言うと笑ってしまうのはご愛嬌。

それは、私がそうだったからです。

高校の学費は親が出してくれましたが、私は学校で遊んでばかりいました。

親には本当に申し訳ないことをしたと思っています。

人食い人種のコウジは、三成のためにバーベキューを企画した。

そして、おばあさんに忘れないようにと牡蠣を差し出したのですが、おばあさんは「それって共食いじゃない?おばあちゃんは牡蠣の生まれ変わりだから、その牡蠣を食べたらカニバリズムだと思うのは私だけでしょうか……」。こんなバカなことを考えていたら、SNSで同じことをつぶやいている人がいました。

お友達の夜中の不穏な電話は絶対によくない。

真夜中に電話がかかってきたら、きっと誰かが死んだんだと思ってしまう。

涼ちんがいなくなったという電話だったのですが、モネはちゃんとみーちゃんに伝えていて、さすがお姉さんだなと思いました。

涼ちんがいなくなった理由も、おばあちゃんが長浦家に来たときのことが原因でした。

おばあちゃんが渡した封筒の中から死亡診断書がチラッと見えたのです。

それだけで、すべてを悟ってしまったんですね。

行方不明者の死亡届を出して、供養までしてあげようと思ったのだろう。

これは、震災後からずっと続いていることですよね。

今でも行方不明の人がいるのに、死の報告をして区切りをつけている人がいるのかと思うと、痛々しい光景でした。

しかし、私はどうしてもシンジには少し乱暴な言い方をしてしまいます。

最愛の妻を失った気持ちはわかるが、息子の良純が頑張っているのに、良純のためにも立ち直りたいとは思わないのだろうか。それで涼ちんが自殺してしまったら、後悔しか残らないじゃないですか。真治の気持ちはわからないでもないけど、親の役割は子供のために生きること。

涼ちんのことが心配で電話をすると、回線が切断されていた。

百音が電話をかけると、彼は電話に出ます。

彼女の気持ちを考えると、どうしてもかわいそうになってしまう。

そして、スピーカーフォンでモネしか話せないと聞くと、「なんでお姉ちゃんなんだよ!」と思わずにはいられません。なぜ妹なんだ!と思わずにはいられません。

でも、最後に服を投げつけたところは、ちょっと許せない。人の気持ちはコントロールできるものではありません。

りょーちんがモネのことを好きでも、モネがコントロールできるものではありません。

第二の刺客長浦家から第二の刺客として送り込まれたみーちゃん。

縁日には来ないが、お母さんに頼まれれば行く。下宿にいるのなら、バスや駅で迎えに来てもらえばいいのに、時間を節約するために突然下宿にやってきた。

今週のタイトルは「百音と未知」ですから、間違いなくこの二人の話ですね みーちゃんが静岡に出張に来た理由は、モネを見るためだけではなく、静岡への寄り道だったことがわかりました。

養殖業の総合検討会に参加すると言っていましたが、入社したばかりの新入社員を一人で参加させることができるということは、かなり優秀なのではないかと思いました。目黒といえばサンマという発想は、普通の若者とは思考回路が違うことを垣間見せてくれますが、中目黒と目黒は違うということにしておきましょう。

今回は彼女の職場の話をしたいのだが、ひとつ疑問があった。

彼女はいつ仕事に行くのか?基本的には桃園とは真逆の生活をしているはずなのに、なぜかいつも下宿にいるんですよね。お父さんやおじいちゃんが来たときもそうだし、今回ミーちゃんが来たときもそうだし。

もしかしたら働いていないのでは…という仮説を立て始めています。コウジが作ったフルートのこの芽を植えたいんです。

旗なんですよね。きっとフラグなんだろうけど、気仙沼に帰ってこの笛を植えて、将来的にはこの芽が大きく成長した姿で「おかえりモネ」の最終回が見られるんじゃないかと思うと、フラグなんだよね。その時には、気仙沼に戻ってこの笛を植えて、「おかえりモネ」の最終回には、この芽が大きく育っている姿が映し出されることでしょう。菅波先生の立場が完全に逆転しましたね。

菅波先生の立場が完全に逆転してしまいましたが、今度は菅波先生が鯖を読み始めたということで、二人の

 

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第5週目第28話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。