マー姉ちゃん第29話のネタバレあらすじ!自分の夢

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」5週目第29話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

マー姉ちゃんの第28話「裸婦像」では、マリ子が描いた裸婦像を見て茜が見直したストーリーでした。

マー姉ちゃんの第29話「自分の夢」では、マチ子が自分の夢を口にするストーリーとなっています。

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年5月4日(金)放送
第5週

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第29話のネタバレあらすじ

ここからは、5月4日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第29話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

ある日、麻布に住む伯母(岩本多代)が、マリ子に赤いハイヒールを買ってきてくれた。

麻布の伯父からのプレゼントだという。

母・はる(藤田弓子)は、画学生にハイヒールは不要というが、はじめてのハイヒールに、マリ子もマチ子も、大はしゃぎ。

マリ子は、そのハイヒールをはじめてはいて、茜のアパートを訪ねる。

画築のたった一人の女性の先輩・喜多川茜(島本須美)は、何かとマリ子の世話をしてくれる。

何事にも強制され、縛られることに耐えられない、という西の自由奔放な生き方は、福岡から上京したばかりのマリ子にとっては驚くことばかり。

そんな茜のアパートを訪ねると、マリ子の姿を見て大喜びする。

そして、自分で描いた自画像を見せて、今のマリ子にも茜の姿を描いてほしいとお願いする。

 

そして、記念にと口紅をマリ子に渡すのだった。

家に帰ると茜からもらった口紅を、マリ子に渡す。

マリ子とマチ子は、鏡の前で大騒ぎ。

二人のこの騒ぎを見つけて、はるの雷が落ちた。

「表を粧う前に、自分自身を磨きなさい」と。

そして二人は、遂に、物差しの尻たたき五〇回の刑に処せられてしまった。

マチ子(田中裕子)はその口紅をきっかけに自分の夢を口にして…。

 

ここまでが、5月4日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第29話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第30話のあらすじを知りたい方は、第30話『弟子入り訪問』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第29話の予告感想

ハイヒール!

麻布の伯父さんから赤いハイヒールをプレゼントされる!
伯父さんからプレゼントされたといえば、子供のころおもちゃ買ってもらったぐらいかな?
ハイヒールをプレゼントしてくれる伯父さん素敵やんw
でも靴のサイズ合ってるのかな?
結構、ファッションものってその人の好みもあるからプレゼントってしにくいですよね。
無難にハンカチとかにしそうなところをまさかのハイヒールって結構しゃれた伯父さんですw
私なんかハイヒール履かないからプレゼントされるとちょっと困惑しちゃいそうですが、気持ちとしてはうれしいものですよね。

どういうこと!?

ハイヒールを履いて茜のアパートを訪ねたマリ子。
その姿に喜ぶまでは分かるけど、なぜに自分で描いた自画像見せて、私の姿も描いて!ってなる?
もしかして茜さんレズビアンですか?w
それが対抗心なのか分かりませんが、自分の姿も描いてほしいってどういうことなのかめっちゃ気になります!

ついにマチ子発進!

そして朝ドラ「マー姉ちゃん」29話は、マチ子が将来に向かって重要な分岐点に差し掛かりました!
口紅をきっかけに自分の夢を口にするってことは、きっと実話でもあったノラクロ先生のところにいくってことですよね?
これがきっかけで漫画家として成功して行くのですが、その分岐点も目の当たりにできるとはちょっとワクワクです!

 

朝ドラ「マー姉ちゃん」第29話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第29話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

中村先生:昨日も中村先生が登場しましたね。面白い展開になるかと思いきや、中村先生のキャラクターについては全く触れられていませんでした。菅波さんの日焼けキャラとは正反対の顔をしていて、面白い展開を期待していたのですが。

彼は「治療をして癒されたい」と言っていましたが、過去に何かあったようですね。

誰かを亡くしたとか、過去にそういうことがあったのかな。

中村先生のキャラクターは嫌いではないので、どんどん登場させてほしいですね さやかが牡蠣の値段を聞いたとき、3年前のものだと言っていたので、震災後に作られたものだと思います。

“さやか “が牡蠣の値段を聞いたとき、「3年前のもの」と言っていた。

また、川久保さんは牡蠣の値段に怒っていた。

1本1,300円って安すぎませんか?だったら直接買いますよ!」と。製材しなければならないから高いのだろうが、文句ばかり言っているお年寄りにはあまり良い印象を受けなかった。

先日、朝ドラ「おかえりなさい、モネ」のいくつかのエピソードの感想を書きましたが、何かをしようとすると必ず抵抗があるのが世の常です。

店員の一人が「新しいことを考えるのが苦手」と言っていたが、個人的にはそれで終わらせてしまった森林組合の責任だと思う。

新しいことをやってみてダメだった、というのならわかるんですけどね。新しいことをやってみてダメだった、というのならわかりますが、何もせずに「苦手」というだけでは、結局はそういうことになってしまうのではないでしょうか。

今週は、ハグの続きから。洗濯をしに来たのではなく、モネを見に来たのですが、まさか洗濯機に邪魔されるとは思いませんでした。彼はここで笑いを取りたかったようですが、個人的にはキスしてほしかったな~。笑)」と言っていましたが、その通りだと思いました。欲を言えば、1分間の「ヘッドバンギング」→「一斉クリスマス」→「結婚発表!」とジャンプして欲しかった。1分ごとにジャンプしていたらすごいことになっていたと思いますが、さすがにそこまではしませんでしたね。

何を言っているのかよくわからないが、何をしているのかよくわからないのだ。

強いタイプの酎ハイの500mlボトルを何本開けたかわからない。

妻の死を悲しむ気持ちはわかるが、息子が一生懸命働いているのに、いつも嫌な態度をとっているのはおかしいと思うんだ」。

余談だが、この時点では南さんの生存を直接示すものはない。

それでも、物語の雰囲気としては、彼女が亡くなったということになっているので、彼女の悲しみが痛いほど伝わってきます。

この後、「話し相手がいない」といった言葉が出てきましたが、「死んだ」という明確なキーワードはなかったので、推測するしかないのでしょう。

土木技術者としてどうやって生計を立てているのか気になっていましたが、ちゃんと仕事をしていたようですね。

土木作業員として働きながら、少しずつ借金を返しているのは立派ですが、なんとか立ち直ってほしいと思います。

自分のためではなく、息子さんのためにも立ち直ってほしいです。

俺が歌ってやるよ!」。そこに登場したのが、りょうちんだった。

歌を歌おう!」。止めようとした浩二が勢いよく突き飛ばされたのには少し笑ってしまったが、父と子の傷はまだ癒えていないようだった。

でも、一生治らないと言っているお父さんはどうなんだろう?

1日8時間以上の勉強は、この日は絶対に勉強していませんよね。

むしろ、実家に帰ってきてからは、ほとんど勉強していないのではないか!?今日の朝ドラ「おかえりモネ」の感想は、「明日は彼女が頑張って受験できるところまで行ってほしい」ということで締めくくりたいと思います。でも、彼女は洗濯をしに来たのではないですよね?洗濯をしに来たのではなく、モネを見に来たのですが、まさか洗濯機に邪魔されるとは思いませんでした。彼はここで笑いを取りたかったようですが、個人的にはキスをしに行ってほしかったですね 笑)」と言っていましたが、その通りだと思います。欲を言えば、1分で「ヘッドバンギング」→「一気にクリスマス」→「結婚発表!」とジャンプして欲しかったです。1分1秒からジャンプしていたらすごいことになっていたが、さすがにそこまではしなかった。

自然」という言葉が一番遠いところにあるのですが、昨日、さやかとモネがチェーンソーでノコギリを切っていて、「このまま切り続けられるのかな」と心配になりました。と心配していましたが、チェーンソーが出てきたんですね!(笑)。でも、昔の人はチェーンソーを持っていなかったから、ノコギリで切っていたんでしょうね。

 

 

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第5週目第29話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。