マー姉ちゃん第31話のネタバレあらすじ!弟子入り快諾

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」6週目第31話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

マー姉ちゃんの第30話「弟子入り訪問」では、マチ子の田河水泡先生への弟子入り訪問を決行するストーリーでした。

マー姉ちゃんの第31話「弟子入り快諾」では、マチ子の描いた絵を見た田河が弟子入りを快諾するストーリーとなっています。

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年5月7日(月)放送
第6週

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第31話のネタバレあらすじ

ここからは、5月7日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第31話のあらすじをまとめたネタバレです。

わずか十七歳の少女が、その田河先生に、弟子入りを願うことは、大それたことであり、とても雉真勇(村上虹郎)気のいることだったが、粘り勝ちで、作品を持って来なさいという先生のことばをもらうことができた。
そして、翌日、マチ子のスケッチブックを持って再び田河邸を訪れる。
作品を見た田河は、時々描いて持ってきなさいと、マチ子の弟子入りを認めたのだ。
その後、雑談をしていると、福岡の話になって、二人は昨日福岡から来たといったことは嘘だったと告白する。
しかし、小野純子(山口智子)は笑い出し、マチ子の制服をみて山際高女だと分かり、嘘だということも知っていたのだ。
結局騙されていたのは、均だけだった。
田河邸を後にすると、マチ子たちは、三吉に報告に行く。
磯野マチ子(田中裕子)はお守りのおかげだといい、三吉三吉は思わず嬉し泣きする。

 

ここまでが、5月7日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第31話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第32話のあらすじを知りたい方は、第32話『ライバル宣言』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第31話の予告感想

ウソの内容判明!

今日は急すぎる展開で色々と突っ込みどころ満載なのですが、まずは昨日のウソがなんだったのか判明しました!
マリ子は福岡からはるばるやってきたといってウソをついたんですね~
わざわざ福岡からやってきたのに、あってくれないなんてひどい!的な感じで無理やり面会の約束をこぎつけたということ。
まぁ、やり方はあまりよろしくないですけれども、これがきっかけで「サザエさん」が生まれたとなると、奇跡ですね。
というか、実話では実際に田河水泡先生の弟子になっていますが、どうやって弟子入りしたんでしょうか?
朝ドラ「マー姉ちゃん」と同じ方法だったらまじでこの一家無敵ですw

なぜ快諾!?

マリ子たちと面会することになった田河水泡。
マチ子の書いた絵をみて弟子入りを快諾ってそこしか予告になく、描写がまった分からない!!!
これって、絵を見た瞬間、マリ子さんみたいに芸術だ!とかなにか感じての承諾なのか、まぁ、弟子入りしてもいいっかなー的な感じなのかどっちなんでしょう?
それとも大好きなのらくろ書きまくって、のらくろ愛に負けての弟子入りという流れも無きにしも非ず。
さてさて、どれなのかこうご期待ですねw

 

朝ドラ「マー姉ちゃん」第31話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第31話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第6週目第31話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。