マー姉ちゃん第34話のネタバレあらすじ!火事

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」6週目第34話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

マー姉ちゃんの第33話「京都見物」では、はるが約束通り、植辰たちを京都見物へと連れて行くストーリーでした。

マー姉ちゃんの第34話「火事」では、磯野家の近所で火事が起こるストーリーとなっています。

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年5月10日(木)放送
第6週

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第34話のネタバレあらすじ

ここからは、5月10日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第34話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

3泊4日の旅行を終えて帰ってきたはる(藤田弓子)たち。

大蔵(河原崎長一郎)は、お土産を持ってきた植辰(江戸屋猫八)の軽薄な態度を叱る。

その頃、マリ子(熊谷真実)たちは久しぶりに一緒に食卓を囲んでいた。

そんな折、磯野家の近所で火事が発生する。

植辰と大造が協力して火を消し、マリ子やウメ(鈴木光枝)たちは焼け出された人々に料理を振る舞い始める。

鎮火したものの、大蔵と植辰は再び口論を始めてしまう…。

 

 

ここまでが、5月10日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第34話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第35話のあらすじを知りたい方は、第35話『天才少女特集』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第34話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第34話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第34話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

BeerMariannaは本当はビールが飲みたいんだよね。

なんだか悔しそうな顔をしていましたね。

彼女が私を恋愛対象として見ているとは思えません。彼女が私のことを恋愛対象として見ているかどうかはわかりませんが、彼女の仕事に対する姿勢は、何かをやりたいということを示しているように思えます。マリアンナの将来が楽しみですね。

もう一人の迷える子羊、すーちゃん。

彼女はドラマネタが多いのですが、そこで結婚して新婚生活を始めるというのは、ドラマでしか見たことのない展開です。

しかも、引っ越してきてからわずか数ヶ月で。

いわゆるスピード婚で、確実に離婚するパターンですね…。まあ、同居させるための口実なんだろうけど、亮だけが取り残されてしまうのは、ちょっと寂しい。

でも、まだバイトにもなっていないのに、落とされるほど働かされているとしたら、それは本当にダメな会社だから、やめたほうがいいんじゃないかな。

なんだかよくわからないのですが、深夜に働く場合の法律上の規定はどうなっているのでしょうか?コンビニの深夜バイトがあるけど、ちゃんとバイトの契約書があるのかなとか。

と思っていたのですが、これがなかなか難しい。

そして、どこまでさかのぼって見ていくのか。昨日ならまだしも、週の初めですか?先週ですか?振り返るのは大変だな~。奈津はちょっと押しが弱いかなと思っていたのですが、予想通りの展開になりましたね。

やっぱり奈津さんの「間」は、事後報告のサインだったんですね。もう回想シーンはいらないから、早く他の住人のことを教えてくれよ!」と。

宇田川さんといえば、朝ドラ「花子とアン」の宇田川光代先生でしょう!?確かに、今はドラマが再放送されているので、リアルタイムで起こっているように見えますが、もし彼女が文章を書いたりしていたら、まさに宇田川さんそのものです。そして、もし彼女が迷惑なライターだったら、光代さんにそっくりだ! そもそも、隠す必要があったのかな?というか、最初は住民を探していたのでは?一人くらいいてもおかしくはない。

コウジが登米に来たときに、何気なく作ってモモネに渡した笛。

まさかここで活躍するとは思いませんでした! 来週のように、落ち込んだ時や決心した時に山の上から笛を吹くシーンを期待していたのですが、まさかここで笛が回収されるとは?いやいや、きっとそんなシーンがあるのではないでしょうか?コード・ブルー。ようやく助かった人たち。

きっとそんなシーンがあると思います。

圭介が助かって本当に良かった!」と。おかえりモネ」の前に放送されていた朝ドラ「あぐり」では、ヒロインの夫の名前が「エイスケ」で、彼は自由人なので、エイスケと圭介は似ているんですよね~。と一人で突っ込んでいました。

すると、何となくわかる?なんと、SNSで同じコメントをしている人がいたのです 同じことを考えている人がいるんだと、ちょっと嬉しくなりました。クレーマーネタかと思いきや、逆になってしまった。

それをどう受け止めればいいのか、よくわかりません。

菅波さんの言葉はキツイですねー。でも、彼の言ったことはごく普通のことです。

プロならきちんと仕事をするべきだというのはわかりますし、「仕事をしているときに見つけたいものがある!」というのが失礼なのもわかります。また、「仕事中に探し物をしたい!」というのが失礼なことだということも理解しています。

しかし、それを面と向かって言うというのは、かなり議論の余地があるのではないでしょうか。そこまでしなくてもと思う人もいれば、親心だと思う人もいる。

どちらの言い分も理解できますが、本人がそれで落ち込んでいないことが気になります。

それは、私が音楽に向いていないからなのか、それとも私が音楽に向いていないからなのか、よくわかりません。

断片的な話ではあるが、どちらかというと田中さんがディスられたという話だ。私は、この話を聞いたときに、田中さんのことが気になりました。一昨日は、今にも消えてしまいそうな顔をしていたが、昨日、今日はとても生き生きとしていた。

これで今週の放送は終わりましたが、ちょっとやりすぎたかなという気がしました。

会えないというのは想定内でしたが、そこに親御さんを入れて、最後に盛り上げて終わるというのは、ちょっと無理があったのではないでしょうか?そこに元妻たちが来ていたら、完全なミスリードになっていたでしょう。

来週、彼らが来た理由を聞けることを期待していますが、…. 今日の放送はアバンチュールなしで始まりましたね。

よくわからないのですが、内容が多いからなのでしょうか?それとも、最終回が近いからでしょうか?朝市からハラハラドキドキしています! 内容が多いからなのか、最終回が近いからなのかはわかりませんが。今回の台風はものすごい勢いで上陸しましたが、災害の映像を見るといつも心が痛みます。

 

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第6週目第34話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。