マー姉ちゃん第35話のネタバレあらすじ!天才少女特集

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」6週目第35話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

マー姉ちゃんの第34話「火事」では、磯野家の近所で火事が起こるストーリーでした。

マー姉ちゃんの第35話「天才少女特集」では、田河が雑誌「天才少女特集」にマチ子を推薦したいと言い出すストーリーとなっています。

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年5月11日(金)放送
第6週

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第35話のネタバレあらすじ

ここからは、5月11日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第35話のあらすじをまとめたネタバレです。

火事騒ぎがあってから数日のこと。
磯野マリ子(熊谷真実)が出かけようと門の前に信彦が立っていた。
信彦は、話を聞いてほしいと甘味処へ誘った。
信彦は、茜のことを愛していて、このままだと何をしでかすかと不安を口にする。
そして、マリ子に会えば茜が心変わりしていないかどうか分かると思って会いに来たと話す。
マリ子は、そこで初めて二人が恋人同士だったことを知るが、茜とは男の話はしていないと、それを否定した。
信彦と別れた後、マリ子は三吉から声をかけられ、磯野マチ子(田中裕子)から電話があり、田河先生の所へ行くよう言われる。
田河邸につくと、田川から、雑誌の「天才少女」特集にマチ子を推薦したいと言われ驚く。
その日の夜。
磯野家では、話し合いが行われた。
智正は、これはチャンスだといい、磯野はる(藤田弓子)は、マチ子の写真を撮らせることにした。

 

ここまでが、5月11日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第35話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第36話のあらすじを知りたい方は、第36話『雑誌デビュー
へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第35話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第35話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第35話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第6週目第35話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。