マー姉ちゃん第36話のネタバレあらすじ!雑誌デビュー

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」6週目第36話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

マー姉ちゃんの第35話「天才少女特集」では、田河が雑誌「天才少女特集」にマチ子を推薦したいと言い出すストーリーでした。

マー姉ちゃんの第36話「雑誌デビュー」では、マチ子が描いた漫画が華々しく雑誌デビューするストーリーとなっています。

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年5月12日(土)放送
第6週

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第36話のネタバレあらすじ

ここからは、5月12日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第36話のあらすじをまとめたネタバレです。

喜多川茜(島本須美)のアパートにやってきた信彦。
結城信彦(森田順平)は、熱烈な愛の告白をするが、茜はお互いの自由を認めるという話で、結婚は望んでいないと話す。
すると、信彦は、人を立てて茜の家に正式な結婚の申し込みをしたという。
その話を聞いた茜は激怒し、自分の父は茜が生まれた時に結婚相手を決めており、絶対に許さないし、連れ戻されて二度と東京へ出してもらえないかもしれないと訴えた。
信彦は、その訴えにもひるまず、絶対に守って見せる、それが愛の証だと答えた。
そこに磯野マリ子(熊谷真実)が入ってきて、信彦さんの気持ちに正直にというと、茜は、信彦に懸けてみるとその場はなんとか丸く収まった。
一方、磯野マチ子(田中裕子)は、描いた漫画が雑誌に掲載され、鮮烈なデビューを果たした。
このニュースは、福岡の千代たちにも届き、みんなが姉妹の話題で持ちきりになる。
東京では、田河水泡(愛川欽也)が赤飯を作り、大蔵たちがお祝いのパーティを開いた。

 

ここまでが、5月12日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第36話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第37話のあらすじを知りたい方は、第37話『卒業祝い』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第36話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第36話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第36話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第6週目第36話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。