マー姉ちゃん第59話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」10週目第59話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年6月8日(金)放送
第10週サブタイトル『』

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第59話のネタバレあらすじ

ここからは、6月8日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第59話のあらすじをまとめたネタバレです。

サザエさんの人気はますます上昇していた。

そんなころ、ひょっこり現れたのが復員姿の三吉君(福田勝洋)。

三吉の情報によればあのウメおばあちゃん(鈴木光枝)が、栃木の田舎に住んでいるという。

大喜びのマリ子は、さっそく三吉とつれ立ってウメを迎えにいく。

そのウメも、栃木から上京してきた。

それに、北海道の開拓地で働く、三郷智正(山口崇)の手許から引きとった道子(光丘真理)も加わって、磯野家の周辺は一段とにぎやかになる。

 

ここまでが、6月8日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第59話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第60話のあらすじを知りたい方は、第60話『』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第59話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第59話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第59話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

研究者のミとおじいちゃんが口論していました。

こういうときは、年功序列や経験がものをいう。

案の定、おじいちゃんの言う通りになり、みーちゃんは大慌てでした。

結果的にはおじいちゃんが正しかったのですが、おじいちゃんの気持ちもみーちゃんの気持ちもわかるだけに、ちょっと寂しい感じがしました。酔いつぶれたシンジを家に連れて帰ろうと思ったら、また飲んでるじゃないか!?誘ったのはシンジ君の方だと思いますが、なんだかすごくギャップがあるような気がします。

最後に「銀行員が対応してくれる」と言っていたので、お金に関することだと確定しました。

銀行のローンで新しい船を買ったが、地震で流されてしまったのではないかと推測した。

彼女は、「他人のボートに乗れるのか?私は自分の船を持っていないので、怖いです。

キレたのはみーちゃんだけだよ。

言葉って本当に大切ですよね。

タカ」と言ってもダメなんですねー。責めないでよ」とフォローすると、田舎のおじいちゃんみたいな顔をしていたので、「たかが」とバカにされたようで、ちょっと嫌な気分になりました。

優しいのか冷たいのかわからないけど、私のおじいちゃんなんです…。松陽はステージに立って踊っていたが、桃音の反応を見る限り、知らないようだ。

彼が踊っているのを見て、普通だと思っていたんです。SNSを見ていると、僕が思っていたような反応をしている人もいたので、モモンは天然なところがあるのかなと思っていました。

でも、そのシーンはあっという間に終わってしまったので、楽しめませんでした。一昨日は金髪でしたが、昨日と今日は黒髪です。

一昨日は金髪でしたが、昨日と今日は黒髪で、後頭部だけ金髪になっていました。カツラなのかスプレーなのか気になっていましたが、放送後に判明しました! カツラなのかスプレーなのか気になっていましたが、放送後に判明しました! まさかこんなところから真相を知ることになるとは思わなかったが、死亡フラグだったのか!?トドメの能の後、舞台上で話をしていて、さやかが死んだ時のことを話していたんですよね。

まさか死亡フラグだったとは!?死亡フラグだとは思ったけど、ちょっと早すぎたかな。

もしかしたら、後半に彼女が死ぬシーンがあるかもしれませんが、まだその段階ではないような気がします。

このシーンは、とても寒いところで撮影されていると感じました。

能の後はまた宴会!?田舎ではそんなに宴会が好きなのでしょうか?そして、百音が調子に乗って、またワッハッハッハとやってしまったのですが、これが実に気持ちがいい。

実際にすごく気持ちいいんです。大きな声を出すことは、意外とストレス解消になります。

でも、都会ではなかなかできないですよね…。今週はどうしたの?今日も1分以上の振り返り放送! 今週はどうしたの?今週は何かあったの?振り返ることが多くて…。そんなに記憶力は悪くないんだけどね。この回想は誰のためのもの?今週の朝ドラ「おかえりモネ」は、珍しく前日のダイジェスト版でしたが、目を引いたのは総集編ではなく ~~~~~~ に菅波さんが登場し、「どこに登場するんだろう?サメのぬいぐるみの予報を使って情報を伝えようとする2人。

菅波さんは、「この人は、私のことが好きなんだな」と思った。本当にこの方法で伝えていいのかどうかはわからない。結局、仙台の山沿いのごく狭い範囲で話をすれば、普通に伝わるのではないかと思った。浅岡さんは淡々とした雰囲気だったが、勢いよく言ってしまうところに若さが出ていたのだろう。そして、いきなり30秒延長の時間がやってきたのだ! 30秒というと、短いようでいて長い。

城野莉子・マリアンナが驚いたのは、逆回しだったこと!?まさに「時計を戻そう!」ですね。ちょっとしたクーデターで高村さんが怒るかと思いきや、そんなことはありません。

むしろ、浅岡との会話で、過去に何かしたのではないかというフラグが立ったのではないでしょうか。

それが東京編でわかるのが楽しみですね。コインランドリーに待望の第一号生存者! まさかコインランドリーが彼らの愛の巣になるとは思いませんでしたが、見たところ同じ地域に住んでいるようですね。

東京でどうやって二人をくっつけようかと考えていましたが、まさか押し付けることになるとは思いませんでした。

以前なら、彼らのお気に入りのカフェで、ということになるのでしょうが、下着を持っていくとなると、コインランドリーはちょっと気が引けます。で、今回はお見送りもせず、一気にトメに戻ってきました。

実家ではもう少し話をしたかったのですが、社会人は忙しいのはわかります。

あっという間のお正月休みだけでなく、気象予報士の試験もあったんですね。

気象予報士試験では、気象予報士の資格を取得することができます。

最近では、朝ドラの「Y」のシーンがありました。

 

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第10週目第59話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。