おかえりモネ第119話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「おかえりモネ」24週目第119話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

 

朝ドラ『おかえりモネ』
2021年10月28日(木)放送
第24週サブタイトル『』

おかえりモネの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おかえりモネ」を見逃した方は、「おかえりモネ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『おかえりモネ』第119話のネタバレあらすじ

ここからは、10月28日に放送される朝ドラ「おかえりモネ」第119話のあらすじをまとめたネタバレです。

おかえりモネ119話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーの予定です。

 

ここまでが、10月28日に放送される朝ドラ「おかえりモネ」第119話のあらすじのネタバレです。

おかえりモネ第120話のあらすじを知りたい方は、第120話『朝ドラ『』最終回ネタバレあらすじ予想』へ読み進めてください。

朝ドラ「おかえりモネ」第119話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おかえりモネ」第119話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

風のフェティッシュ。今日は本当の意味での初出勤です、モモン。

まずは自己紹介から始まりましたね。

内田さんは相変わらずのオタクキャラというか、風フェチというポジションですね。

なぜ「フェチ」という言葉をつけるだけでエロくなるのかわかりませんが、紙飛行機を大量に飛ばしっぱなしにして管理人さんに怒られたからではないでしょうか。飛ばしてしまったものは、きちんと回収しないといけません。と言われてしまいましたが、それはそれでいいと思います。菅波先生とクレジットされていれば、きっと明日も会えるはず!?いや、ここで宣言します。

明日も菅波先生のクレジットが出れば、絶対に2人はバッタリ会って、百聞は絶対にビックリしますよ。
能楽堂先日気がついたのですが、能楽堂は住宅街にあるんですよね。

私は山の中にあると思っていたのですが、ちょっとした偏見だったことに気づきました。

陰陽道の能楽は、陰陽道と深いつながりがあることがわかりましたよ。沙也加さんが陰陽師だったとは知りませんでした。”舞う “ということは、能では陰陽を整えること。

気象予報士の方はどうなのかな。

まさに、雨が降って地面が固まることを意味しています 旗?すっかり忘れていましたが、最初の頃に毎日唱えていた家訓のようなものが今ここに登場しています。!!!!それは最初から旗だったのですか?”最初から旗だった “かどうかはわかりません。

だから家族には厳しくしていますw先に辞めた?今日はあっという間でしたね。

金曜日に辞めることを伝えるところは省略して、東京に行って一週間を終えることにしました 金曜日に辞めます、東京に行ってきます、今週は終わります!」となると思っていました。

金曜日に辞めます」と家族に伝えて今週を終えるのかと思っていました。そういう話です。

浅岡さんが就職したかどうかはわかりませんが、気象予報士の仕事に就いて内定をもらったのならいいですね。そんなに簡単には転職できませんよー。転職するのはそんなに簡単じゃないよ~。

でも、いつものように、なかなか言い出せず、飲み会に逃げてしまう。

でも、いつものように、彼女に気持ちを伝えるのは簡単ではありません。
振り返らない!?久しぶりに振り返らない日が来ましたね~。いや、1週間か2週間ぶりかな。今日は出演者がかなり多く、盛りだくさんだったからだと思いますが、内容が詰まっている方が盛り上がりますよね?

私は、この番組を見たことがありませんが、この番組を見たことがあります。

私がここに来たのは、その理由を理解してもらうためだと思っています。

それでも無事に乗り切れた感があり、おじいちゃんはモネに感謝していた。

また、コウジはシンジにボートを動かすのを手伝ってほしいと言っていたが、シンジがいなくてもできたのではないかと、少し戸惑っていた。

台風が来ることはわかっていたので、真治がいなくてもみんなで計画を立ててやっていくことができたのかな、と。

夜中に不穏な電話がかかってくるのは、決して良いことではありませんよね。

夜中に電話がかかってきたら、きっと誰かが死んだんだと思ってしまいます。

モネがお姉ちゃんだなと思ったのは、みーちゃんにちゃんとりょうちんがいなくなったことを伝えていたシーンです。

りょうちんがいなくなったのは、おばあちゃんが長浦家に来たときのこともあってのこと。

おばあちゃんが手渡した封筒から死亡診断書がチラッと見えたのです。

それだけで、すべてを悟ってしまったんですね。

行方不明者の死亡届を出して、供養までしてあげようと思ったのだろう。

これは、震災後からずっと続いていることですよね。

今でも行方不明の人がいるのに、死の報告をして区切りをつけている人がいるのかと思うと、痛々しい光景でした。

しかし、私はどうしてもシンジには少し乱暴な言い方をしてしまいます。

最愛の妻を失った気持ちは理解できるが、息子の涼ちんが一生懸命働いているのに、息子のためにも立ち直りたいとは思わないのだろうか。それで涼ちんが自殺してしまったら、後悔しか残らないじゃないですか。真治の気持ちは分からないでもないけど、親の役目は子供のために生きることだよ。

涼ちんのことが心配で電話をすると、回線が切断されていた。

百音が電話をすると、彼は電話に出ます。

彼女の気持ちを考えると、どうしても気の毒になってしまう。

そして、スピーカーフォンでモネしか話せないと聞くと、「なんでお姉ちゃんなんだよ!」と思わずにはいられません。なぜ妹なんだ!と思わずにはいられません。

でも、最後に服を投げつけたところは、ちょっと許せない。人の気持ちはコントロールできるものではありません。

りょーちんがモネのことを好きでも、モネがコントロールできるものではないのです。

 

 

 

以上が、朝ドラ「おかえりモネ」第24週目第119話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、おかえりモネ第24週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第24週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

おかえりモネ第24週目のネタバレあらすじ

119話放送のおかえりモネ第24週「」のあらすじは、ストーリーとなっています

第24週のあらすじを一気に知りたい方は、おかえりモネの第24週「」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。。