おかえりモネ第24週のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「おかえりモネ」第24週(116話~120話)のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

 

朝ドラ『おかえりモネ』
2021年10月25日(月)~10月29日(金)放送
第24週サブタイトル『』

おかえりモネの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おかえりモネ」を見逃した方は、「おかえりモネ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『おかえりモネ』第24週のネタバレあらすじ

こちらでは、朝ドラ『おかえりモネ』第24週の放送されたストーリーから、ネタバレあらすじをまとめています。

第24週の各話ごとの詳細ネタバレあらすじを知りたい方は、こちらからご確認ください。

朝ドラ『おかえりモネ』第24週『』一覧
放送回放送日
第116話「」10月25日(月)
第117話「」10月26日(火)
第118話「」10月27日(水)
第119話「」10月28日(木)
第120話「最終回ネタバレあらすじ予想」10月29日(金)

百音は、朝からとても緊張して落ち着かなかった。

その日は、菅波が永浦家に挨拶に来る日だった。

しかし、菅波はコミュニケーションが得意なタイプではない。

“先生、本当に大丈夫なんですか…。お父様に迷惑をかけないかしら…”

百音は、菅波とその家族が会ったときのことを想像して、不安でいっぱいになった。

 

“こんにちは、菅波光太郎です。

菅波が長浦家に来たのは初めて。

妹の未知、父の耕司、祖父の龍己は菅波に会うのは2回目だが、母の亜哉子は初めてだったのだ。

百音の不安はピークに達し、菅波の一挙手一投足が気になって仕方がない。

しかし、百音の心配をよそに、家族は菅波を歓迎し、菅波もスムーズに心を開くことができた。

“よかった…”

百音はホッとした。

 

自分の将来について悩んでいた未知。

自分の将来について悩んでいた彼女だが、ようやく自分の進路について答えが出た。

“りょうちんと一緒に…”

彼女は、幼なじみの亮と一緒に歩くことを決意した。

 

百音もまた、あることを決意していた。

サヤカさんのようになりたい」と。

尊敬する登米のさやかのように生きていきたい…と百音は語っていた。

 

 

ここまでが、10月25日~10月29日に放送された朝ドラ「おかえりモネ」第24週のあらすじのネタバレです。

おかえりモネ第1週からのあらすじを知りたい方は、第1週『天気予報って未来がわかる?』へ読み進めてください。

朝ドラ「おかえりモネ」第24週の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おかえりモネ」第24週の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

 

また、感想の中にはまだ放送されていない次週のネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

昨日の朝ドラ「おかえりモネ」は縄跳びの続きから始まりましたが、その時、浅野忠信はこんなに簡単に死んでしまうのかと思っていました。なぜ父親の失踪を海に落ちることと結びつけるのかわからないが、海の男だからだろうか。まあ、死ぬはずがないと思っていたら、すぐに見つかってしまったのです。あれだけ早く見つかっていれば、あんなに騒がれることもなかったでしょう。しかし、また酒を飲むようになっていたので、倒れている可能性もあった。

これまでの治療がすべてパーになってしまうようなパターンでした。w アルコール依存症は簡単には治らないと言われますが、根本的な原因はアルコール依存症というよりも、過去を乗り越えられないことにあると思います。

もう一人の債務者であるシンジも、一時は乗り込もうとしていたことが判明した。

しかし、彼には別の借金があったため、融資の審査が通らなかった。

彼はそれを孝治に八つ当たりしたのだが、それは正しいことではない。

銀行が融資を認めないのは当然の行為であり、それがなければ、絶対に通ると思っていた浩二は、どんなに頑張っても無理だと瞬時に判断していただろう。

それを隠していなければ、彼女もそれを考慮して、頑張って通ったかもしれない。ちょっと同情心がなくなった瞬間でした。

そこが違うんですよねー。そして、そんな真剣勝負の中で、一人だけ状況を読めていない男がいた。

菅波先生、縄跳びにこだわりすぎじゃないですか?非常に場違いな電話をかけて、すぐにどうでもいい情報を伝えなければならないという気迫で電話をかけてくるんですよ!?そんな菅波さんも嫌いじゃないけど…。8年前の浅岡さん8年前に被災地に行った浅岡さん。

8年前と変わらない様子の浅岡さんは、根っからのお天気好きなのでしょう。

もちろん、人の役に立ちたい、被害を少なくしたいと思ってやっているわけで、とても立派な行為だと思います。

最近、土砂災害がリアルタイムで起こっているので、身近な問題だと思い、ドラマを見ているうちに、気がつけば気象に興味を持つようになっていました。

私たち2人は、よく隣のコインランドリーで会います。

というか、待ち合わせの時間を知っていて、お互いに待っているのです そして、いきなり「そばを食べよう!」と。菅波先生らしい発言ですね。

何をどうすればいいのか、よくわからない。

カキカキおばあちゃんのナレーションから始まった。

牡蠣に生まれ変わったということが頭から離れないので、私は「牡蠣ばあちゃん」と呼んでいるが、まだ食べられていないのだろう。

彼女は「森林組合で見習いをしています」と言っていましたが、海から森林組合が見えるのでしょうか?海からは森林組合が見えるんですよ。だからグッズを作れと言われたんだけど、これは次の段階なんだよね。

木のグッズというと、椅子などの家具や小物のことだと思いますが、プランを考えてほしいということでしょうね。

自分で何かを作れと言われたら、それは職人技ですから、どんな企画が出てくるのか楽しみですね」。最後に、今日は永瀬廉が初登場しましたね。私は彼のファンではないので、よくわかりません。笑)」と言っていましたが、その通りだと思います。

車が危ない時に抱きしめて何が悪いの?このまま結婚してしまうのではないかと思わずにはいられません。まったく娘を乗り越えていない父親のような気がします。

自分が一番娘のことを理解していると思っている、まさにその通りです。

Momonはあなたの子供ですが、あなたの所有物ではありません。それを理解していないと、将来的に問題が起きるに決まっているでしょう お正月を迎え、試験を受け、納品を終え、試験を終え、もう7月ですね。時間が経つのがとても早く感じられます! 試験中はあまり勉強している様子が見られなかったので、落ちるだろうなと思っていましたが、その通りになりました。

次の試験に向けての意気込みも、「やることがある」「車の免許を取りに行く」と、違う方向に行ってしまいましたが、7月に車の免許を飛ばしたということは、今日の放送と同じ時間だったということなのでしょう。何はともあれ、モモンが車の免許を取ったということは、彼女のレベルが上がったということです。おそらく仕事をしながら3ヶ月で免許を取ったのでしょうが、ドラマならではの1日で免許を取ってしまいましたね もしかしたら、モネは人生で初めての合格で、自分からカミングアウトしているのかもしれませんね。そういえば、運転免許は国家資格ですか?国がお墨付きを与えているのだから、きっとそうなるんだろうな…。偉そうなことは言えませんが、田中さん、すごいですね。先週は田中ウィークでしたが、生きていたんですね!

 

以上が、朝ドラ「おかえりモネ」第24週目のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。