おかえりモネ第1週のネタバレあらすじ!天気予報って未来がわかる?

こちらでは、朝ドラ「おかえりモネ」第1週(1話~5話)のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

おかえりモネの第1週「天気予報って未来がわかる?」では、高校を卒業した百音が、森林組合の見習いとして働き始め、山や木について学んでいくストーリーです。

朝ドラ『おかえりモネ』
2020年5月17日(月)~5月21日(金)放送
第1週サブタイトル『天気予報って未来がわかる?』

おかえりモネの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おかえりモネ」を見逃した方は、「おかえりモネ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『おかえりモネ』第1週のネタバレあらすじ

こちらでは、朝ドラ『おかえりモネ』第1週の放送されたストーリーから、ネタバレあらすじをまとめています。

第1週の各話ごとの詳細ネタバレあらすじを知りたい方は、こちらからご確認ください。

朝ドラ『おかえりモネ』第1週『天気予報って未来がわかる?』一覧
放送回放送日
第1話「森林組合の見習い」5月17日(日)
第2話「ヒバの伐採」5月18日(月)
第3話「人気気象キャスター」5月19日(火)
第4話「森林セラピー」5月20日(水)
第5話「「登米能」の定例会」5月21日(木)

1995年9月に台風の中、生まれた永浦百音(清原果耶)

百音は「モネ」という愛称で呼ばれ、高校を卒業すると、登米市の大山主・新田サヤカの家に下宿する。
百音は、森林組合の見習い職員として登米市で働き始めたのだ。

そんなある日、人気気象キャスターの朝岡覚(西島秀俊)が登米にやってきて大騒ぎ。

朝岡は、石ノ森章太郎の特別原画展を見にきたのだ。

新田サヤカ(夏木マリ)とは昔からの知りあいで、森林セラピーを受けたいと言うので、山に連れて行く。

百音が百音が遠くの森林組合のほうから声が聞こえると口にすると、朝岡が10分後に雨が降るといい急いで山を降りる百音たち。

すると、10分後に雨が振り、天気を正確に言い当てた朝岡に驚く。
さらに、その日の夕方に行われる登米能が開催できるのか、天気を予想してもらうと、4時には晴れるとそれもまた的中。

登米能が無事行われた翌朝、朝岡が見に行きたいものがあるといって皆ででかける。
朝岡が見たいといったものは、移流霧で百音も島で似たような光景があって自分も好きだったと口にする。
すると、昔を思い出した百音は、あの日私は何もできなかったと涙を流した。
それを聞いていた朝岡は、やさしい口調で、いつか霧は晴れると答える。
移流霧を見て、東京へ帰る朝岡に、百音は彩雲の写真を見せた。
朝岡は空を見上げると前向きになると話した。
そして、彩雲がまた見られるのかと百音が聞くと、朝岡はそれを予測し、また言い当てる。
百音は「何者!?」と驚きながらも、登米に自分の求める何かがあると感じていた。

ここまでが、5月17日~5月21日に放送された朝ドラ「おかえりモネ」第1週のあらすじのネタバレです。

おかえりモネ第2週のあらすじを知りたい方は、第2週『いのちを守る仕事です』へ読み進めてください。

朝ドラ「おかえりモネ」第1週の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おかえりモネ」第1週の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていない次週のネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

台風

ついに始まった朝ドラ「おかえりモネ」
どんな形からのスタートかと思ったら、ヒロイン・モネが生まれる日の話から。
お母さんが産気づいたのはいいんだけど、なんとその日は台風で本土に連れて行けない自体に!!!
そこで友達の船乗りにお願いして連れてきてもらいましたが、台風来ること分かってるんだから、台風来る前に本土にいこうって感覚がないことにちょっと疑問。
話からして島では子供は産めない感じでしたけど、それ最初から分かっていたことですよね?
それから本土の病院に入院しとくとか、事前に対策打てたでしょうに。
そろそろ生まれてくるというのも分かっていたし、台風が来ることも分かっていたし、島で産めないということも分かっていた。
せめて台風来る前に本土にいって大事をとるというのが普通じゃないのかなと思ったけど、違うのかな?

生まれ変わって牡蠣

今日一番の驚きが亡くなったおばあちゃんが生まれ変わって牡蠣になったこと。
死んで牡蠣に生まれ変わるって何の罰ゲームですか?
これすぐに食べられてナレーション終わってしまいますよw
まさか食べられたらまた牡蠣に生まれ変わるって設定じゃないでしょうね、、、

ボス感

前から感じていたことだけど、夏木マリさんのボス感半端ないよねw
役でも森林組合のボスだし、大地主とあれば、周りの住民にも名の知れた人物。
特にあの金髪かな?
あの金髪がスーパーサイヤ人みたいに強く感じるのかな?w

私利私欲

サヤカと朝岡が知りあいで、森林組合の施設を案内していましたが、すべてがサヤカの私利私欲で作られた施設でしたねw
完全に個人の趣味で作られた施設ですが、全部自分で金をだしたのなら、誰も文句はいえないでしょう。

石ノ森章太郎先生原画展

原画展を満喫する西島さん。
結構ノリノリでしたが、モネがきたときにちょっと恥ずかしそうにしていましたよね。
あれって仲間だと思っていないことですよね?
あそこに来ている人はみなファンだから同じ格好してても恥ずかしくないけど、モネがきたとたん脱ぎ始めましたw

気象病

今日は天気の話がメインでしたが、そんな中、新しくしったことが気象病。
確かに気圧によって圧力が変わるから、人間の体に何かしらの影響を与えてもおかしくないと思っていたけど、立証されていることもあるんですね~
とくに花粉症も気象病だったのがびっくり!
花粉症も言い当てる有能気象予報士に今後も目が離せませんw

以上が、朝ドラ「おかえりモネ」第1週目のあらすじのネタバレと感想まとめでした。