おかえりモネ第2話のネタバレあらすじ!ヒバの伐採

こちらでは、朝ドラ「おかえりモネ」1週目第2話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

おかえりモネの第1話「森林組合の見習い」では、高校を卒業した百音が、森林組合の見習いとして働き始めるストーリーでした。

おかえりモネの第2話「ヒバの伐採」では、能舞台を見学に行った百音が、サヤカと川久保がヒバの伐採について話し合っているのを目撃するストーリーです。

朝ドラ『おかえりモネ』
2021年5月18日(月)放送
第1週サブタイトル『天気予報って未来がわかる?』

おかえりモネの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おかえりモネ」を見逃した方は、「おかえりモネ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『おかえりモネ』第2話のネタバレあらすじ

ここからは、5月18日に放送された朝ドラ「おかえりモネ」第2話のあらすじをまとめたネタバレです。

おかえりモネ2話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • 樹齢300年のヒバの木の話を聞く
  • 母・亜哉子から未知がテレビにでると知らされる
  • 活き活きと夢を持っている妹を見て、自問自答する
  • 光太朗になぜ医者になったのかと聞く
  • 人気気象キャスターの朝岡がやってきてびっくりする

 

永浦百音(清原果耶)が登米市にやってきてから1ヶ月が経った。
新田サヤカ(夏木マリ)が百音を山に連れて行くと、樹齢300年のヒバの木の前で立ち止まる。
そして、ヒバはゆっくり育ついい木だといい、焦らなくていいんだと口にした。
職場に戻った百音は、菊池里乃(佐藤みゆき)の手伝いで、光太郎に昼食を運ぶ。
口数の少ない菅波光太朗(坂口健太郎)に苦手意識を持っており、緊張した様子。
そのときちょうど天気予報のニュースをやっており、佐々木翔洋(浜野謙太)が参加する登米能の日の天気の雲行きが怪しく心配すると、一緒に能舞台の見学にいくことになった。
佐々木に連れられ能舞台にやってきた百音は、サヤカと町内会長たちが話をしているのを聞いてしまう。
あの樹齢300年のヒバの木を能舞台の修繕に使いたいというのだ。
サヤカは、少し考えさせてほしいとその場での回答を保留に去っていった。
その日の夜、妹の未知がテレビに出ると母・永浦亜哉子(鈴木京香)から電話をもらう。
サヤカと二人ニュースを見ていると、妹が水産高校での取り組みを説明していた。
活き活きと夢を持っている妹を見て、百音は、誰かの役にたっているのかと自問自答する。
翌日、百音は今日も光太郎に食事を運ぶ。
そして、どうして医師になろうと思ったか尋ねると、人の命を救いたいと思ったからと答えが返ってきた。
そこへ、大変だと里乃がやってきて外に出ると、人気気象キャスターの朝岡覚(西島秀俊)がやってきてびっくりする。

 

ここまでが、5月18日に放送された朝ドラ「おかえりモネ」第2話のあらすじのネタバレです。

おかえりモネ第3話のあらすじを知りたい方は、第3話『人気気象キャスター』へ読み進めてください。

朝ドラ「おかえりモネ」第2話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おかえりモネ」第2話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

子役回想

昨日は、久しぶりに子役スタートじゃないと感想コメント入れてましたが、まさかの子役回想!
2話にして早々に子役さんでてきましたねw
しゃべるシーンはなかったですが、おそらく、百音と未知の小さいころだろうと思います。

永瀬廉(写真)

そして、今回「おかえりモネ」で注目されているのが、永瀬廉さん。
ジャニーズでKing & Princeのメンバー。
正直、ジャニーズファンじゃないので、そこまでテンションあがることはないのですが、いい男は養分になるので、出演は楽しみにしていましたよ?
そんな永瀬廉さんがいつ出てくるのか結構注目されているんですが、今日は写真での登場でした!!!
さてさて、いつ本物が登場するかな?w

ボス感

昨日から感じていたことだけど、夏木マリさんのボス感半端ないよねw
役でも森林組合のボスだし、大地主とあれば、周りの住民にも名の知れた人物。
特にあの金髪かな?
あの金髪がスーパーサイヤ人みたいに強く感じるのかな?w

アスナロ

百音に木のことを教えるサヤカ。
ヒバがアスナロって話していたけど、初めて知った!!!
しかも「あすは檜になろう!」 でアスナロ!
そして、ヒノキの北限は福島で、登米には生えないって、まじで「へー!」って感じで勉強になりましたw
ただ、あの話は悩んでいる百音のために焦らなくていい、ゆっくりでいいんだよと伝えるための話でしたね。
湯婆婆のお姉ちゃんみたいなやさしさと思っていたら、よくよく考えると本人だったw

着信拒否

お父さん今日も着信拒否です!
てか、仕事中に電話かけてくるな!って感じですが、毎回毎回あれだったら、何かあったときに後悔するパターンですよね。
たとえば親の死に目に会えないとか、、、
以上が、朝ドラ「おかえりモネ」第1週目第2話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、おかえりモネ第1週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第1週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

おかえりモネ第1週目のネタバレあらすじ

2話放送のおかえりモネ第1週「天気予報って未来がわかる?」のあらすじは、高校を卒業した百音が、森林組合の見習いとして働き始め、山や木について学んでいくストーリーとなっています

第1週のあらすじを一気に知りたい方は、おかえりモネの第1週「天気予報って未来がわかる?」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。。