おかえりモネ第116話のネタバレあらすじ!菅波の言葉

こちらでは、朝ドラ「おかえりモネ」24週目第116話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

おかえりモネの第115話「検証」では、百音が先日の嵐の天気状況を検証するために亮から話を聞くストーリーでした。

おかえりモネの第116話「菅波の言葉」では、菅波の言葉で吹っ切れた亮が、未知が待つ喫茶店へ向かうストーリーです。

朝ドラ『おかえりモネ』
2021年10月25日(月)放送
第24週サブタイトル『あなたが思う未来へ』

おかえりモネの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おかえりモネ」を見逃した方は、「おかえりモネ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『おかえりモネ』第116話のネタバレあらすじ

ここからは、10月25日に放送された朝ドラ「おかえりモネ」第116話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

亮と菅波光太朗(坂口健太郎)が見守るなか、百音のラジオが始まった。
ラジオ放送中、管波は、19対5の意味は、百音と出会ってからの年数のことだと話す。
百音と時間を過ごした亮たちのことをうらやましいと口にすると、亮が大事な人が突然失くす日がやってくるかもしれないと思ったら怖くないのかと尋ねる。
すると、菅波は自分たちは未来に対して無力だからこそ、今、目の前にいる人を最大限大事にすることで恐怖に立ち向かうのだとと答えた。
それを聞いた及川亮(永瀬廉)は、未知の待つ喫茶店へ急いで向かう。
喫茶店につくと永浦未知(蒔田彩珠)が待っていた。
亮は未知に、「たまに自分より苦しそうな時がある。心の底から笑えるようにしてやれるのは俺しかいない」と訴える。
そして、嵐の夜に船の中で未知に会いたいと思っていたと口にすると、未知が思わず泣いてしまう。
そんな未知を亮は優しく抱きしめるのだった。
一方、ラジオを終えた永浦百音(清原果耶)は、管波に仕事部屋を案内していた。
菅波は、百音の両親が二人の関係を理解してくれるだろうかと不安を口にする。
すると、百音は以前管波が口にした何かあったら二人で考えて答えを出すという関係が好きなんだと改めて伝え、実家へ向かった。
家につくと、居間に通されるが、そこに永浦耕治(内野聖陽)がいない。
永浦亜哉子(鈴木京香)が急に用があるといってでかけていったというと、龍己が逃げたんだろうとつぶやくのだった。

 

ここまでが、10月25日に放送された朝ドラ「おかえりモネ」第116話のあらすじのネタバレです。

おかえりモネ第117話のあらすじを知りたい方は、第117話『自分たちの将来』へ読み進めてください。

朝ドラ『おかえりモネ』第116話の予告感想</h2

ついにきた!

ついに着ました我らが菅波先生!
気仙沼に来た菅波先生ですが、完全勝利したりょーちんと立ち話!?
おそらく到着して百音がラジオ放送しているところにやってきた菅波先生はちょっと待たされたのでしょう。
そこへばったりちょーちん登場!というのが、自然な流れかな?
もしくは、菅波から大人のアドバイスを送るために百音があえての二人を合わせたとか。
その線は薄いかなと思うけど、久しぶりにあった二人は何を語るのか?
そして、なぜか菅波の言葉から何かが吹っ切れたりょーちん!
みーちゃんが待つ喫茶店へ向かったということは、ついに覚悟を決めたということだよね。
これでみーちゃんも幸せになれて万々歳という展開で二人の問題は解決しそうな感じ。
個人的には、みーちゃん東京行って新しい人生送るパターンのほうがしっくりくるんだけどな。
というのも、りょーちんがみーちゃんのこと好きだという気持ちどこかに現れていましたか?
私は全然感じませんでしたし、むしろ百音が好きで振られて、じゃあ妹って感じに見えてちょっと違和感。

永浦家へ

そして、りょーちんが去った後に、ついに本当の目的であるご挨拶!!!!
相手の親に挨拶いくって本当に緊張しますよね~
もう何年もすれば、緊張もほぐれて家族って感じになりますが、最初は本当にドキドキものでしたw
そんなドキドキしているだろう菅波を百音が励ましながら一緒に実家へ!!!
二人の関係を理解してくれるのだろうかというところが実は引っかかっているのですが、結婚しても一緒に住むんじゃなくて、週末婚みたいにたまに合うみたいな感じの話をしだすんじゃないかとちょっと期待w

朝ドラ「おかえりモネ」第116話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おかえりモネ」第116話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

最終週とうとう始まる!

ついに最終週を迎えた朝ドラ「おかえりモネ」
長かったような短かったような感じですが、とうとう今週終わるんですね~
ここ2~3週はくらい話ばっかりだったので、最終週は明るく終わってくれることを願います!

気にするわ!

DJモネスタート。外では、りょーちんと管波先生が手を振って見守っています。
そこでりょーちん「こっちのこと、気にしてんな」からの、管波先生「ええ」ってそりゃ気にするわ!!!!
二人して手を振りやがってw
というかりょーちん、さっさとみーちゃんとこいって話し合ってこい!

19対5

そして、今日は管波先生が先週口にした言葉「19対5」の謎が溶けました。
19対5は年数の差。
百音と過ごした年数で考えれば、トリプルスコアいってるしw
菅波先生の嫉妬の仕方がかわいいのは認めますが、私はてっきり野球のスコアかと思っていましたよw

 

以上が、朝ドラ「おかえりモネ」第24週目第116話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、おかえりモネ第24週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第24週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

おかえりモネ第24週目のネタバレあらすじ

116話放送のおかえりモネ第24週「あなたが思う未来へ」のあらすじは、皆、それぞれの道を歩み始めるストーリーとなっています

第24週のあらすじを一気に知りたい方は、おかえりモネの第24週「あなたが思う未来へ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。