カーネーション第105話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「カーネーション」18週目第105話のあらすじのネタバレや、カーネーションと原作の比較、感想をまとめています。

カーネーションの第104話「」では、ストーリーでした。

カーネーションの第105話「」では、ストーリーとなっています。

朝ドラ『カーネーション』
2021年8月24日(火)放送
第18週サブタイトル『自信』

カーネーションの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「カーネーション」を見逃した方は、「カーネーション(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『カーネーション』第105話のネタバレあらすじ

ここからは、8月24日に放送された朝ドラ「カーネーション」第105話のあらすじをまとめたネタバレです。

カーネーション105話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

優子から手紙が届く。

祐子は、東京駅で無事に直子と会えたと書いているが、アパートに着いた途端、直子は押入れから布団を出してきて寝始める。

なぜセーラー服を着ているのかと優子が聞いても、返事はない。

直子は東京で馬鹿にされるのではないかと、とても心配しているようだと、優子は書いている。

優子が直子を誘って自分の服を貸してあげようとすると、直子は「優子の服は魅力がないから着られない」と答え、優子を怒らせる。

出かけるのが嫌なら、友達を家に呼べばいいと思った優子だが、直子はセーラー服を着て、ほとんど話そうともしなかった。

優子の友人が帰った後、優子は岸和田弁が恥ずかしいかもしれないと理解を示そうとしたが、直子は描いていた鉛筆を置いて、畳の上に寝転んで目を閉じたという。

“本当に不思議な子だ “と裕子は書いている。

泉州織物商業組合のこと。

糸子は女性経営者たちとサンローランのトラペーズ・ラインについて話す。

彼女たちの多くは、「奇抜なだけ」「目を引くだけでいいと思う」「若い女の子に任せるべきではなかった」と、このラインに批判的だ。

21歳なんて、自分の娘と1つしか違わないじゃないか、と糸子は言うが、看板を出した時には21歳だったことに気づくのだった。

他の経営者たちが、自分たちの時代の21歳と今の21歳は違う、最近の女の子は頼りないと話していると、組合長の三浦が戻ってくる。

三浦は、自分たちの声が前面に出ていると言う。

経営者たちは用件を思い出して帰るが、三浦は糸子を呼び止める。

三浦が呼んだ生地屋は、糸子にフランスの輸入生地を見せる。

糸子は2倍幅の50メートル巻きで12