カーネーション第110話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「カーネーション」19週目第110話のあらすじのネタバレや、カーネーションと原作の比較、感想をまとめています。

カーネーションの第109話「」では、ストーリーでした。

カーネーションの第110話「」では、ストーリーとなっています。

朝ドラ『カーネーション』
2021年8月30日(月)放送
第19週サブタイトル『あなたを守りたい』

カーネーションの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「カーネーション」を見逃した方は、「カーネーション(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『カーネーション』第110話のネタバレあらすじ

ここからは、8月30日に放送された朝ドラ「カーネーション」第110話のあらすじをまとめたネタバレです。

カーネーション110話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

一人前になるには長い道のりが必要だということを優子が学ぶはずの日に、直子が賞を受賞したという知らせが届く。

優子は、それが自分が受賞したことのない賞であることに気づく。

喜ぶ松田と、優子を心配する糸子。

1959年6月。

雑誌に直子が「惣流賞」を受賞したという記事が掲載される。

若いデザイナーの登竜門である「惣領賞」を、直子は史上最年少で受賞したのだ。

八重子が大原洋品店で正子と一緒に雑誌を見て盛り上がっていると、糸子が帰宅。

八重子は、ドラム缶みたいで何を着ているのかわからないが、あちこちから電話がかかってきて忙しいのだろうと、興奮気味に糸子に話す。

糸子は、新聞社が取材に来たり、直子の服を買わないかと言われたりと大騒ぎだったが、優子は黙々と仕事をしていたと大声で伝える。

その後、直子から電話がかかってくる。

電話に出た裕子は、彼女のことを嬉しく思うと同時に、デザイナーとして大成することを確信する。

店は自分が守るから、直子は東京に行って一生懸命働いてくれ、直子が活躍するのを岸和田から見守っているから、と言う。

電話に出た糸子に、優子は何をしているのかと怒る直子。

直子は、甘やかしてはいけないと言い、毎日ゴロゴロしていたら、「バカヤロー!」と蹴ってやる。

バカヤロー “ってね。

と怒って言い、電話を切ります。

直子は、毎日ゴロゴロしていたら蹴ってやると 彼女は怒って電話を切ってしまう。

糸子は、直子に言われるまでもなく、「油断してはいけない」と思っていた。

普通にしていればいいと思う糸子。

そこへ雑誌を見た北村がやってきて、優子に花束を渡し、店の一番目立つ場所に飾るように言った。

北村は、喧嘩と食べることしか能がないと思っていた山猿が、服飾賞を受賞したことを面白がっている。

糸子には「誇りに思ってください」と言い、優子には「自分も負けてはいけない」と言う。

優子は花束を持って北村を叩き、泣きながら店を飛び出す。

“Cafe Taiko”。

追いかけてきた聡子は、パンケーキを食べるのかと糸子に聞くが、糸子は食べると言う。

北村は聡子の視線を感じ、自分の分を渡す。

北村はそれで何か買えと言い、お金が入った封筒を差し出す。

去年作り損ねた既製服の生地代だと言い、全部売ってしまったという。

2日後、優子が気落ちして店に出ていると、先日の妊婦の母親がやってくる。

娘の服が似合っていたので、今度は自分のために服を注文したいと言うのだ。

優子の様子を見かねた糸子は、電話に出て、正子に任せて優子を裏に連れ出した。

そこで糸子は、お客さんに嫌な顔を見せられないなら、店に出なくてもいいと優子に言う。

優子が家に帰ると、松田がテレビを見ていた。

糸子の許可を得て、冬三こと中村俊太郎のインタビュー番組を見ていたのだ。

優子は、小さい頃に祖父が歌舞伎を見せてくれたが、糸子は俊太郎が嫌いだったと言う。

松田と優子は、冬三が生粋の浪花っ子と思われているが、実は岡山出身で、若い頃は浪花っ子の真似をして女性にモテたという話をして笑う。

その時、ガラス戸が開いて糸子が入ってきて、優子に “何してるの?”糸子は、自分には直子のような才能はない、店に出れば迷惑がかかると言って、優子を叱った。

糸子は優子を平手打ちし、頬をつねって、「どんな口の利き方をしているんだ、このバカは。

 僻んでんじゃねえよ。

 東京の学校に通わせてくれて、何不自由なく生活させてくれているのに」と糸子は言った。

糸子は、「原口先生は、あなたのことをすごく認めてくれていると思っていました。

お客さんもあなたのために戻ってきたんでしょう。

それがわからないなんて、どんだけ目が腐ってるんだよ」。

掴みかかってきた彼女を、松田と昌子が必死に止めた。

糸子は、岸和田警察署の2人の刑事が店に来たのは、近所の人が何かを聞いて興味本位で呼んだのだと思い、怪我をした小指を隠した。

刑事は、一昨日の6月10日に北村辰夫を詐欺罪で逮捕し、そのことで糸子に話を聞きに来たのだという。

ここまでが、8月30日に放送された朝ドラ「カーネーション」第110話のあらすじのネタバレです。

カーネーション第111話のあらすじを知りたい方は、第111話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「カーネーション」第110話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「カーネーション」第110話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

カーネーション110話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「カーネーション」第19週目第110話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。