カーネーション第115話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「カーネーション」20週目第115話のあらすじのネタバレや、カーネーションと原作の比較、感想をまとめています。

カーネーションの第114話「」では、ストーリーでした。

カーネーションの第115話「」では、ストーリーとなっています。

朝ドラ『カーネーション』
2021年9月5日(日)放送
第29週サブタイトル『あなたを守りたい』

カーネーションの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「カーネーション」を見逃した方は、「カーネーション(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『カーネーション』第115話のネタバレあらすじ

ここからは、9月5日に放送された朝ドラ「カーネーション」第115話のあらすじをまとめたネタバレです。

カーネーション115話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

優子と出会ったデパートの店長は、「こんなお姉さんがいてくれたら、直子も安心するだろう」「直子の若さもいいが、デパートでは幅広い年齢層のお客様にきちんとした接客をすることが大切だ」と言ってくれた。

無敵の外見を武器に、デパートの店長に気に入られた優子は、ついに直子の店で働くことになった。

店にやってきた2人の女性客が、優子に「これ、今の流行なの?優子はカラスに似ていると言いながらも、今着ているのもうちのデザイナーが作ったものだと説明する。

そのお客さんは、優子さんが着るとちゃんとしているし、悪くないと言う。

優子は、「オーダーメイドなので、お客様のご要望に合わせて作ります」とアピールする。

しかし、直子は優子に、お客さんにそんなに媚びる必要はない、自分の服を理解してくれる人だけに着てもらえばいいと言う。

直子は、客が入ってこないことを確認して、バインダーで直子の頭を殴る。

“このクソガキ、いつまで駄々をこねているんだ。

これはビジネスなんだよ。

これはビジネスなんだから、腐ってもアーティストのふりをするのはやめたほうがいいわよ 優子が直子を叱りつけて睨み合っていると、マネージャーがやってきて微笑みかけた。

そういえば、聡子が東京に行くことになった。

聡子は大阪大会で優勝し、その後、近畿大会でも優勝して全国大会に出場することになる。

太鼓」では、木之本が乾杯の音頭をとる。

旅立ちの日の朝。

糸子はミシンの前で眠っている。

千代は聡子を見送りに行き、東京駅で降りたら優子が迎えに来ると言う。

千代に起こされた糸子は、聡子に一言声をかけて、再び眠りにつく。

聡子は、店を出て行く千代に手を振って見送る。

東京に着いた聡子は、優子に案内されて自分のマンションに向かう。

すぐに店に戻らなければならない優子は、「8時か9時頃には戻るから、お腹が空いたらインスタントラーメンを食べてね」と言って去っていくのだった。

聡子は部屋の中を見回す。

聡子はなぜか、大会会場近くのホテルではなく、姉妹の部屋に泊まりたいと言い出したのだ。

優子と直子は、聡子が直子の店に勝利の報告に来たことに驚き、喜んだ。

さすがにその日は仕事を早めに切り上げて、みんなで祝杯をあげたのだ。

しかし、バカな聡子は岸和田に電話の1本もかけなかったので、糸子が知ったのは翌朝だった。

糸子が再びミシンの前で寝ていると、聡子の中学時代の顧問がやってきて、新聞を見せながら興奮気味に話していた。

糸子は眠たそうな顔をして、そんなことはないと言います。

帰ってきたら直接言ってくれと言われ、戸惑う顧問。

木之本は、新聞を手にして興奮しながらやってきて、顧問と仲良くなります。

糸子がそんな状態になったのは、寝不足の時に起こされたからだ。

しかし、よくよく考えてみると、確かに快挙だと糸子は思うのである。

五軒町には、聡子の勝利を祝う横断幕が掲げられている。

聡子が帰宅する。

松田と昌子は「すごい、すごい」と歓迎し、千代は涙ながらに聡子を抱きしめるのだった。

裁縫師たちが祝福し合う中、糸子はすぐに仕事に戻る。

“太鼓 “で祝勝会が開かれる。

木之本が「スカウトはいないのか」と聞くと、木岡は「必ず実業団に入る」と断言する。

聡子はどこか寂しそうだ。

夜、布団に潜り込んだ聡子は、下から聞こえるミシンの音を聞きながら、天井を見つめている。

ある日、聡子は糸子に今日限りでテニスをやめることを告げる。

糸子は、プロのチームに入れるのにもったいないと言うが、聡子は、やれるだけのことはやったからもういいと答える。

聡子は「私、寂しいの」と答える。

里子の「寂しい、寂しい」という言葉を聞いた千代は、上の2人がケンカしているときにいつもニコニコ笑っていた彼女が、いろいろなことを考えていたのだと気づくのだった。

聡子がテニスをやめると聞いた千代は、テニスをやめてどうするのかと聞く。

聡子はお針子になると言い、長い間仲間外れにされていた自分がやっと仲間になれることに胸を躍らせる。

ここまでが、9月5日に放送された朝ドラ「カーネーション」第115話のあらすじのネタバレです。

カーネーション第116話のあらすじを知りたい方は、第116話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「カーネーション」第115話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「カーネーション」第115話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

カーネーション115話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「カーネーション」第20週目第115話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。