カーネーション第114話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「カーネーション」19週目第114話のあらすじのネタバレや、カーネーションと原作の比較、感想をまとめています。

カーネーションの第113話「」では、ストーリーでした。

カーネーションの第114話「」では、ストーリーとなっています。

朝ドラ『カーネーション』
2021年9月3日(金)放送
第19週サブタイトル『あなたを守りたい』

カーネーションの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「カーネーション」を見逃した方は、「カーネーション(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『カーネーション』第114話のネタバレあらすじ

ここからは、9月3日に放送された朝ドラ「カーネーション」第114話のあらすじをまとめたネタバレです。

カーネーション114話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

1962年7月。

聡子は、勝の血を一番多く引いていた人で、いつも機嫌が良かった。

上の二人が喧嘩をしていても、いつも笑っている人だったので、糸子は聡子のことを心配した覚えはない。

朝、聡子は井戸水で歯を磨きながら、隣の美代と話をしていた。

千代は聡子の靴が汚れていることに気付き、糸子に買ってきてほしいと頼む。

聡子は、おにぎりを食べに出かける。

糸子は、聡子はバカだけど、上の2人よりも気立てがいいのがいいところだと言うが、千代は「バカじゃないでしょ」と言う。

聡子はテニスを頑張っていて、大阪府大会に出場すると聞いて、「あの子たちに比べたら、上の二人は難しいわよねー。

と言う糸子。

気難しい2人のうちの年長者は、最近、店の仕事に復帰していた。

二人の気難しい人のうち、上の人は最近、産休の流れに乗って仕事に復帰していた。

聡子が出勤してくると、糸子は本当に理恵を預けていることに驚いた。

糸子は「お店に連れてきて」と言うが、聡子は「理恵ちゃんがいると仕事に集中できない」と言う。

そして、気難しい小下は、直子のやり方に不満を持つ2人の店員に置いていかれ、1人になってしまった。

直子は電話をするが、ただただ泣き続ける。

聡子が表彰状を持って帰宅すると、会議が行われていた。

奈緒子は「ここが勉強のしどころ」「自己中心的なだけでは誰もついてこない」と言うが、糸子は「早く奈緒子を助ける方法を考えないと、デパートを辞めさせられるかもしれない」と心配する。

聡子に気付いた千代は、食事をするかどうか尋ねるが、聡子は自分ですると答える。

松田の提案で、とりあえず店からヘルパーを派遣することになったが、誰が行けるのか糸子は悩む。

糸子は自分が行ってもいいかと聞くが、昌子は自分は行けない、役立たずに違いないと言う。

正子はうちの仕立屋だし、接客もできるからと名前が上がるが、優子は自分が行くと言う。

優子は糸子にバカだと言われるが、優子は糸子を連れて行って、店を出るときは悟の両親にお願いすると言う。

優子は、今、うちの店で直子の店を本当に助けられるのは、自分しかいないと言う。

糸子や昌子にはできないと思うと言われ、糸子は動揺する。

優子は、わかってはいるが、それが真実だと言う。

優子は、糸子や昌子には直子の服が意地悪に見えると言うが、糸子は、結婚式では優子の服はオウムと呼ばれていたと反論する。

常識的にはオウムだが、それは直子の才能の形であり、素晴らしいものだと、優子は悔しさをにじませながら言う。

優子は、東京という厳しい街で、この歳になった直子が今やろうとしていることを理解し、その難しさや苦労している理想の高さを、本当に理解してあげられるのは自分だけだと言う。

糸子は「もうどうでもいいや!」と言った。

イトコは「もう知らない!」と言った。

 糸子は立ち上がって、聡子にご飯を食べるように言った。

聡子は優子を見て、賞状の入った筒を隠してしまう。

松田と昌子は帰路につく。

千代は優子のバッグに餞別を入れ、直子にはうなぎを食べるように言う。

その夜、聡子が一人で夕食を食べている間に、糸子は酒を煽る。

彼女は、「これでいい。

糸子は海苔を噛みながら、「もう家で直子の手伝いはできないって言ってたな」と思う。

糸子は「仲が悪い」と悪態をつきながら横になり、聡子に「直子の服が格好いいと思うか」と聞く。

あんな服を着てみたいと言う聡子に、糸子は嘘つきと言い、正直にあんな変なことを言ってみろと要求する。

直子は店の前でチラシを配る。

店の前を通りかかった2人の女性客は、「あれを着る人が本当にいるのかしら」「うちの娘があれを着たら家に入れないわ」などと言って去っていく。

その後、一人の女性客が店に来て、直子に「あなたが衣装大賞を取った人ですか」と尋ねる。

その女性は店内を見回して、直子のチラシを断って帰ってしまう。

直子が落ち込んでいると、足音が聞こえてくる。

振り向くと、そこには理恵を抱いた優子が立っていた。

優子の顔を見て、直子は泣き出してしまう。

朝、仏壇を開けた千代は、横に落ちている円筒に気づく。

聡子が何も言わないので、それが大阪のテニス大会で優勝した時の賞状であることを知るのは、かなり後になってからだ。

ここまでが、9月3日に放送された朝ドラ「カーネーション」第114話のあらすじのネタバレです。

カーネーション第115話のあらすじを知りたい方は、第115話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「カーネーション」第114話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「カーネーション」第114話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

カーネーション114話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「カーネーション」第19週目第114話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。