カーネーション第124話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「カーネーション」21週目第124話のあらすじのネタバレや、カーネーションと原作の比較、感想をまとめています。

カーネーションの第123話「」では、ストーリーでした。

カーネーションの第124話「」では、ストーリーとなっています。

朝ドラ『カーネーション』
2021年9月15日(水)放送
第21週サブタイトル『悔いなき青春』

カーネーションの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「カーネーション」を見逃した方は、「カーネーション(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『カーネーション』第124話のネタバレあらすじ

ここからは、9月15日に放送された朝ドラ「カーネーション」第124話のあらすじをまとめたネタバレです。

カーネーション124話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

珠恵が余命半年と宣告されたのは、1970年7月のことでした。

1972年3月、玉枝は小原家の人々と一緒にひな祭りを迎えた。

お年寄りの場合、病気の進行は遅いようだ。

何しろ玉枝は、余命半年をはるかに超えて、今日で1年8カ月も病気を患っているのである。

夫と二人の息子が外で待っていることを知っているから、何も恐れることはないという玉枝の言葉に、糸子は笑っていいのか悪いのかわからないと言う。

笑っていいのか悪いのかわからないという糸子。

千代が「幸せなことじゃないか」と言うのを聞いて、糸子は「そうか」と納得する。

優子の娘の理恵たちが「春よ来い」を披露する。

玉枝は、さらに半年間頑張り、ある朝、静かに息を引き取るのだった。

糸子は玉枝を悼む。

八重子はホッとして安堵の表情を浮かべる。

部屋には朝日が差し込む。

11月。

一時帰国中の源太が「BOUTIQUE NAO」を訪れる。

直子らしい店で、パリでも必ず通用すると言う源太に、直子はもうすぐ拡張するからレセプションに招待すると言う。

そこへ聡子が帰ってくる。

聡子と糸子は交互に直子の店を手伝う。

奈緒子は、聡子のことを「最初は頼りなかったけど、今はずっと使えるようになった」と褒める。

源太は、パリで修行したいなら、いつでも自分の店に来てくれと言う。

岸和田では、松田が糸子に、聡子はお婿さんがいなくてもなんとかなるかもしれない、最近はずいぶんできるようになった、と話し、昌子も同意する。

松田は、聡子は学習能力が低いかもしれないが、一度学習すればうまくやっていけるだろうと言う。

聡子は家に帰ると、姉妹から送られてきた売れ残りの段ボールを開けて、デザインを描いている。

12月になった。

12月、みんなが揃う前にケーキを食べ始めた糸子は、里子に「そろそろ看板を渡してもいいかな」と聞く。

糸子は、辞めるのではなくて、そういう風に年明けからやっていこうと言っているのだと言う。

一生懸命ケーキを切っている聡子は、”うーん “と答えるだけ。

一生懸命ケーキを切っている聡子は、”うーん “と答えるだけ。

聡子のまとまった返事がないのはいつものことなので、糸子は何も気にせずに進めることにした。

12月31日、紅白歌合戦を見ている裕子と直子を含む小原家の面々。

12月31日、小原家では優子と直子が紅白歌合戦を観戦している。

直子は、店の手伝いがあまりできないことを心配するが、糸子の「代替わりといっても、そんなに急には変わらない」という言葉に安心する。

千代はそばを食べようと立ち上がるが、みんなはもう食べたと言われてしまう。

一方、聡子は突然、ロンドンに行こうと思っていると言い出す。

直子は旅行のことかと聞くが、聡子は仕事で行きたいのだと答える。

聡子は頭を下げて、ロンドンに行かせてほしいと頼む。

糸子は優子にどういうことなのか聞くが、優子も直子も聞く耳を持たない。

聡子は誰にも相談していなかったが、岸和田にいたら一生お姉ちゃんたちのお手伝いをすることになってしまうし、お姉ちゃんたちの売れ残りを送ってもらって商売しても意味がないと言っていた。

どこかで一からやり直したい。

祐子がなぜロンドンなのかと聞くと、聡子は「ロンドンが好きだから」と答える。

優子は、ロンドンは日本ではないし、みんな英語を話すからと念を押す。

直子も私も声をそろえて言った。

直子も聡子も “できない!”と言う。

優子はさらに、そんな簡単なことではなく、聡子のような危ない子はロンドンではやっていけないと言い、直子は聡子に店を継ぐように言います。

直子は、今まで聡子を甘やかして売れ残りを消費させていたが、もうそんなことはさせない、と聡子に店を継ぐように言う。

優子は、もうそんなことはさせないと言う。

彼女を解放する。

糸子は、まだ反対している優子たちに、「あなたたちは黙っていなさい。

 この子は私たちの娘なのよ。

うちの店の娘なんだから、あなたたちには関係ないでしょう。

” と一喝し、聡子に好きなようにさせる。

ここまでが、9月15日に放送された朝ドラ「カーネーション」第124話のあらすじのネタバレです。

カーネーション第125話のあらすじを知りたい方は、第125話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「カーネーション」第124話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「カーネーション」第124話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

カーネーション124話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「カーネーション」第21週目第124話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。