カーネーション第19話のネタバレあらすじ!実演販売

こちらでは、朝ドラ「カーネーション」4週目第19話のあらすじのネタバレや、カーネーションと原作の比較、感想をまとめています。

カーネーションの第18話「商品作り」では、善作が糸子の洋服作りの条件として、アッパッパを商品として作らせるストーリーでした。

カーネーションの第19話「実演販売」では、ミシンの販売員が東京から営業でやってきて、糸子がミシンの実演販売を目にするストーリーとなっています。

朝ドラ『カーネーション』
2021年5月16日(日)放送
第9週サブタイトル『誇り』

カーネーションの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「カーネーション」を見逃した方は、「カーネーション(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『カーネーション』第19話のネタバレあらすじ

ここからは、5月16日に放送された朝ドラ「カーネーション」第19話のあらすじをまとめたネタバレです。

カーネーション19話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

糸子は幸吉から突然、店を辞めるように言われる。

幸吉は、不景気で誰かの給料を減らさざるを得ないが、家庭を持っている男を辞めさせるわけにはいかないと説明する。

糸子は引き受けて礼を言い、名残惜しそうにミシンを見て去っていく。

帰宅した糸子は、家族に解雇されたことを伝える。

なるほど」と言ったのは千代だけで、善作と春は別のことを考えているようだった。

2人は家計を気にしており、善作は千代子に雇ってもらえる場所を探すように言い、パッチ屋で働かせていたのはお金がなかったからだと言う。

善作は、糸子が学校を辞めたおかげで静子が学校に行けたこと、清子がパッチ屋で働いたおかげで清子が学校に行けたこと、光子がアッパッパを売ったおかげで光子が学校に行けたことなどを話したのだった。

早速、糸子は仕事を探し始めるが、どこも雇ってくれそうにない。

そんな時、山口が糸子を訪ねてくる。

糸子は山口が自分をからかいに来たのではないかと思うが、山口は幸吉が本当に解雇したかったのは糸子ではなく幸吉だと言う。

山口は、仕事ができるのに女だから先にクビにされたことをもっと悔しがれと言い、負けないでと言って去っていく。

糸子は、今まで読んだことのない新聞を読み始める。

そこには「不景気」という文字が36文字も書かれていた。

糸子の気持ちは暗くなり、朝になったら新聞を読もうと思い、横になって眠る。

夏休みが終わり、妹たちの学校が始まった。

糸子が帰った後、木之本が会いに来る。

木之本は、善作から世の中の人は自分のようにのんびりしていない、気晴らしにいいものを見せてあげたいと言われ、がっかりする。

木之本の店には、東京から講師の根岸佳子がミシンの使い方を教えに来ていた。

善作は、自分の娘がミシンを使えるようになったこと、自分がいい目をしてあげたことを自慢げに芳子に話す。

根岸は、善作が呉服屋を営んでいることを知ると、着物についてはまだまだ勉強が必要だと語るのだった。

木之本は、根岸が習いたいと言っている謡の先生だと紹介し、善作は恥ずかしがる。

やがてミシンの実演が始まる。

今日も仕事を見つけられずに帰ってきた糸子は、人だかりができている木之本電気の店に入り、根岸の手さばきを見て驚いた。

ここまでが、5月16日に放送された朝ドラ「カーネーション」第19話のあらすじのネタバレです。

カーネーション第20話のあらすじを知りたい方は、第20話『ミシン教室』へ読み進めてください。

朝ドラ「カーネーション」第19話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「カーネーション」第19話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

カーネーション19話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「カーネーション」第4週目第19話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。