カーネーション第55話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「カーネーション」10週目第55話のあらすじのネタバレや、カーネーションと原作の比較、感想をまとめています。

カーネーションの第54話「」では、ストーリーでした。

カーネーションの第55話「」では、ストーリーとなっています。

朝ドラ『カーネーション』
2021年6月27日(日)放送
第17週サブタイトル『秘密』

カーネーションの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「カーネーション」を見逃した方は、「カーネーション(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『カーネーション』第55話のネタバレあらすじ

ここからは、6月27日に放送された朝ドラ「カーネーション」第55話のあらすじをまとめたネタバレです。

カーネーション55話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

1941年12月8日。

大東亜戦争開戦を告げるラジオニュースに皆が騒然とする中、糸子は朝食を食べ続けながら「終わったんじゃなくて、また始まったんだ」とつぶやいた。

木之本電気店の前には、そのニュースを聞くために人だかりができていた。

木之本が「アメリカとの戦争に本当に勝てるのか」と聞くと、木岡は「連合艦隊まである」と答える。

その話を聞きながら、糸子は子供の頃の出来事を思い出し、男は一度ゲームに熱中すると、それを止めるのは容易ではないことに気づく。

11歳の糸子が勘助と将棋を指していると、善作、木之本、木岡、奥仲の4人がやってきて将棋を始める。

糸子は善作に「一回しか遊べないよ」と言うが、対局が終わるとまた大人たちが始める。

糸子は「戦争の何がおもしろいの」と言いながら、「勝っても負けてもいいから、早く終わってちゃんとした仕事がしたい」と悪態をつく。

そこへ、防衛婦人会のたすきをかけた沢田たちがやってくる。

澤田は、今思ったことを言ったのか、「私たち女性も鉄砲の後は自分の身を守るべきだ」と言ったのか、混乱している糸子に声をかけ、「もんぺを着ていない」と非難し、「長い間、着物を着ているのは不謹慎だ」と言います。

その後、正子がもんぺを持ってやってくる。

彼女は、洋装店にはそれぞれの思惑があること、「もんぺ」という名前が良くないことなどを散々訴えていたが、試着してみると一発で気に入ってしまった。

店がモンペを扱うようになると、神田はモンペの中に服を重ね着するという粋な計らいを見せ、糸子を感心させた。

糸子は、客からもらった野菜を持って安岡家を訪れる。

珠恵は虚ろな表情でお礼を言う。

パーマ機が目隠しされていることに気づいた糸子は、いずれ手放さなければならないことを八重子に伝えるが、ビジネスツールなので我慢できないかと八重子に問いかける。

しかし、ミシンとパーマ機では事情が違うようだ。

八重子は高額な月賦だけが残り、「もっと時代に目を向ければよかった」と後悔する。

明るい話題としては、昨日から勘助が再び洋菓子店で働き始めたことだ。

糸子は早速、彼の様子を見に行った。

相変わらずボーッとしていたが、以前のように菓子屋にいるだけでずいぶん元気になったようだ。

ちょっと出世欲の強い糸子は、仕事の後に勘助をコーヒーに誘った。

喫茶店「太閤」です。

平吉も去年の夏に出征したが、その見送りは勘助ほど盛大ではなかったと糸子が言うと、佐江がやってきた。

ダンスホールが閉鎖され、軍需工場で働くことになった佐江と糸子が話していると、勘助が震えて口を押さえながら店を飛び出していく。

糸子は佐江に直子の世話を頼み、勘助の後を追う。

追いついた糸子が目にしたのは、川岸でうずくまって叫んでいる彼の姿だった。

太陽は沈み、雷雨が迫っていた。

夕食時、糸子は意識が朦朧としており、直子に食べさせる麺類をすべて落としてしまったことにも気づかない。

すると、ドアをノックする音が聞こえてくる。

糸子がドアを開けると、そこには玉枝が立っていた。

珠恵は糸子に、自分が勘助にしたことを問いただす。

勘助が以前、2階から飛び降りようとしたことを話したのだ。

勘助のもとに駆けつけようとする糸子を止めた玉枝は、二度と勘助に会わないようにと言う。

珠恵は、誰もがあなたのように強いわけではない、誰もがあなたのように勝つわけではない、誰もがより弱く、より負けるのだと言う。

珠恵は、自分が惨めだとわかっていても、生きていかなければならないからできることをしているのであって、自分の仕事はうまくいっているし、家族も元気だと続ける。

玉枝は泣きながら、勘助がどうにか仕事に行けるようになるまで、どれだけ緊張していたのか想像もつかないと糸子に話す。

“あなたの思い切りの良さは、今の勘助には毒です。

お願いだから、私に近づかないで」と玉枝は言い残して去っていった。

糸子は何も言い返せないまま、彼女が去っていくのを見送る。

ここまでが、6月27日に放送された朝ドラ「カーネーション」第55話のあらすじのネタバレです。

カーネーション第56話のあらすじを知りたい方は、第56話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「カーネーション」第55話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「カーネーション」第55話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

カーネーション55話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「カーネーション」第10週目第55話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。